郡山市桑野  40肩50肩

40肩50肩と肩こりの発症メカニズムの違い

実は江戸時代の文献にも記載されているほど昔から知られているのが40肩50肩で、日本においては特にポピュラーな症状のひとつと言われています。
中高年になると多くの方が発症する可能性があって、時が経過すると自然に治る症状ということで、早く治療することを諦めて放置してしまう人も少なくありません。
ただ、誰でもできることなら辛い痛みを軽減したいと考えるものなので、どのようなメカニズムで発症するのかなどを知っておくと治療や予防に役立ちます。

医学的には肩関節周辺炎と呼ばれ肩の関節が炎症することで起きる疾患で、近年までは発症する原因に関して完全には分かっていなかったのです。
しかし医学の進歩や技術の進歩によって、加齢に伴う筋肉や関節の変性と血液循環の悪化が主な原因で、それにより肩周辺で炎症が発生して腫れや痛みが生じるのです。
また、肩がこわばったようになることで肩や腕を動かすと激痛が起こり、炎症による痛みが慢性化することにより肩の可動範囲が狭まってしまうなど、発症のメカニズムや特徴が少しずつ分かってきたのです。

それから炎症が発生する部位は、主に腱板・肩峰下滑液包・上腕二頭筋の腱の3ヶ所です。
肩甲骨と上腕骨で肩関節は構成されていて、それをつないでいる筋肉は腱と呼ばれる束になって骨につながって、その腱が骨に付着しているところを腱板と言います。
加齢に伴って腱板が衰えると血流が低下して、肩関節の動きが悪くなり損傷や断裂を腱板で起こしてしまい炎症が発症するのです。
また、転倒して肩を強打した時や重い荷物を持った時に、腱板が裂けてしまう可能性もあるので注意が必要です。

腱板と肩甲骨の背側にある肩峰との間に存在している肩峰下滑液包という組織に炎症が起こることもあります。
肩峰下滑液包は関節の動きを良くする働きがあるので、炎症が発生すると腫れて厚くなることがありますし、それにより周辺組織とぶつかり痛みが起こってしまいます。
上腕二頭筋は二の腕にある力こぶをつくる筋肉で、上腕二頭筋の先にある腱で炎症が発生すると、肩関節周辺に影響が出て肩の前面に痛みが生じます。
肩に直接炎症が発生するだけではなくて、無理な運動をするなどの影響が加わることで発症することもあるのです。

では、肩の痛みを感じることもある肩こりとは発症するメカニズムで、どのような違いがあるのでしょうか?
40肩50肩は関節の炎症で起こる症状ですが、肩こりは筋肉疲労で起こるという違いがあって、肩こりは筋肉痛の一種と考えられるのです。
疲労によって肩周辺の筋肉が酸素不足となって筋肉が硬くこわばり筋線維が互いに圧迫しあって血液の流れが悪くなるのです。
それにより老廃物が筋肉に溜まってしまいますし、筋肉のこわばりで神経線維も圧迫されて痛みが起こるのです。
このように40肩50肩と肩こりでは、発症するメカニズムが違いますし必要な対策も異なるので、自身の肩の痛みがどちらの症状なのかを見極めることも大切です。

郡山市桑野  40肩50肩なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう