郡山市桑野 腰痛

男性も女性も訴えの多い症状が腰痛

男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状が腰痛で、しかもその数は増加傾向にあると言われています。
5つの腰椎がブロックのように積み上げられて腰は構成されていて、その腰椎に負担がかかることで障害が発生して痛みが起こるのですが、その他にも様々な要因が発症に関係しています。
しかし、実際に原因が特定できるものは約15%程度と少なく、代表的なものは腰椎を直接障害する圧迫骨折・椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄などがあります。
また、骨への細菌感染・がんの転移など命にかかわる病気もあるので、たかが腰の痛みと安易に考えずに早めに病院で検査・相談することが大切になります。
それから腰椎を障害しないけど臓器周囲にある神経を刺激するものもあって、胃潰瘍・尿路結石・子宮筋腫・解離性大動脈瘤など様々な疾患が原因になることもあります。

一方、残りの約85%は検査をしても原因が特定できないもので、様々な要因が複雑に絡み合うことが影響してしまいます。
身体的影響としては、長時間同じ姿勢でいる仕事・運動不足・肥満・冷え症などがあって、心理・社会的影響としては、職場のストレス・家庭内不和・不安・不眠などがあります。
また、見た感じでは判断できない神経の障害で痛みが起こっていることもあります。
それから腰痛が慢性化する原因として考えられるのは、筋肉の炎症で痛みと神経の痛み、また心理・社会的要因などが複雑に合わさることです。
つまり、腰が痛くなることで体を動かさないでいるとそれが精神的ストレスになって、その精神的ストレスが続くことで、痛みを抑制する脳のシステムが機能しなくなり神経が過敏になってしまうのです。
そうするとさらに腰の痛みを感じるようになって、益々体を動かさなくなるといった悪循環に陥ってしまうのです。
また、痛みばかりが気になってしまい考えてしまうことが、ストレスとなり慢性化の原因になることもあります。
慢性化する原因も様々で、市販の湿布や痛み止めだけでは根本的な解決につながらないので、医療機関を受診して適切に対処することが必要です。

このように様々な原因で発症するので、治療法としてはまず整形外科を受診して命にかかわる病気がないことを確認することが大切です。
万が一何らかの疾患があることが判明した場合には、腰の痛みよりもその疾患の治療を第一にすることです。
医療機関では問診や診察、X線検査やMRIなどの画像検査を実施して原因に適した治療を組み合わせます。
原因がはっきりしないケースでは、心理・社会的要因や神経障害性疼痛の可能性も考えに含めて治療法を選択することになります。
いずれにしても治療の基本は保存療法になるので、こうした病院での治療と共に整体や整骨院での治療も検討してみるのもひとつの選択肢となります。
予防・改善としては、腰回りの筋肉を柔らかくしておくことが大切で、気持ちがいいと感じる程度の無理のない体操やストレッチを取り入れると良いです。
ちなみに整体や整骨院では、こうしたセルフケアの指導をしているところもあります。

 

郡山市桑野  腰痛なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう