郡山市桑野 坐骨神経痛

坐骨神経痛を訴える人が多い2つの病気は?

坐骨神経は腰から太ももを通って膝あたりにまで伸びているとても長い神経で、この坐骨神経のどこかで障害が起こることにより坐骨神経痛が発症するのです。
坐骨の痛みということでお尻のあたりが痛むと考える方が多いですが、足の痛みの原因になることが少なくありません。
また腰痛を伴うことも多くて、このように何か原因になる病気があって、その病気のひとつの症状として起こるものであり病名ではないのです。

ただ痛みを感じて病院を受診し検査をしても、原因がはっきり分からない場合も非常に多いものです。
しかし原因が特定できるものもあって、その中で一番多いのが腰部の神経圧迫により起こる椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症で、特にこの2つの病気では坐骨神経痛を訴える人が多いのです。
実は原因のほとんどは腰椎間板ヘルニアだと言われるくらいで、腰・お尻から足にかけて広く散らばるような痛みがみられます。
また、足のふくらはぎの外側にしびれが発生したり、足に力が入りにくくなったりすることもありますし、場合によっては排尿や排便の障害が発生することもあります。
椎間板ヘルニアによって症状が起こるメカニズムは、何らかの原因で椎間板の繊維輪が断裂して、髄核が出て坐骨神経を圧迫するのです。
そして、その結果として痛みやしびれが起こるのです。
ちなみに、腰部の背骨は5つの椎体とその間にクッションの役割をする椎間板により構成されていて、椎間板は繊維輪と髄核と呼ばれるものでできているのです。

もうひとつの腰部脊柱管狭窄症は、安静時には痛みは起こりませんが、歩行をスタートするとお尻から太もも・足の先にかけて痛みやしびれが発生します。
その結果、長い距離を歩行することができなくなって、しばらく休憩すると再び歩けというのを繰り返す間歇性跛行が見られます。
この間歇性跛行は脊柱管狭窄症の特徴的な症状と言われています。
その他には、足の筋力が低下したり知覚障害や膀胱の障害などが起こったりするケースもあるのです。
主に加齢を原因として神経が通る道となる腰椎の脊柱管が変形などで狭くなり神経を圧迫して発生すると言うのが症状が起こるメカニズムです。
これは年をとることで背骨が変形したり、椎間板が変形したりするためで、腰椎椎間板ヘルニアと比較して中高年に多くみられるのです。

このように原因となる代表的な病気としては、腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症があるのですが、病院で検査をしても神経障害の原因が特定されないことも少なくありません。
また多くは短期間で症状が改善するケースと言われていますが、中には原因が特定されないで長期間症状を繰り返すこともあるのです。
足が痛くてしびれて歩行もままならないといった症状もみられる坐骨神経痛ですが、病院で正しい診断を受けて原因や症状に適した治療を受けることで改善が見られます。
ただ手術が必要といる症状もあるので、知覚障害などを伴う痛みがある場合は、早めに専門医に相談することが重要になります。

郡山市桑野  坐骨神経痛なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備