郡山市桑野 脊柱管狭窄症

他の類似する疾患と脊柱管狭窄症の鑑別も必要

人間の体を支える背骨は、24個の椎骨という骨が頭蓋骨から臀部まで積み重なってできていて、その椎骨の中には脊髄や血管が通っている空洞があり脊柱管と呼ばれています。
神経の圧迫や血行の障害を起こす病気は数多くありますが、何らかの原因により脊柱管が狭くなって起こる脊柱管狭窄症もその代表的な疾患と言えます。
頸椎と腰椎に発生しやすいのですが、特に腰椎は脊髄がいくつかの神経に分岐する馬尾と呼ばれる部分が圧迫されて足の痛みやしびれが生じることが多いです。
主な原因は老化で脊柱管が周辺の組織の変形により圧迫されてしまうことで起こるもので、クッションの役目をする椎間板の弾力性が加齢により失われて変形が起こりやすくなるからです。
また、長時間の運転や重い物を抱える作業などをしていて、腰に大きな負担がかかっている人も起こしやすくなっています。

もっとも特徴的な症状は間欠性跛行で、これは歩行中に足の痛みやしびれ、つっぱり感が起こることで歩けなくなるけど、しばらく休息をとると再び歩けるようになる症状です。
ちなみに腰部の場合は上体を反ることで神経の圧迫が起こるので、少し前かがみにして休むと症状が緩和します。
それから一般的な腰痛と同じような腰のだるさやハリ感などの症状も発生しますが、さほど強い痛みではなくて安静時には痛みの症状はほとんどありません。
しかし進行すると排尿や排便に関与する神経に障害が及んで、排尿障害や便秘などの症状が現れることも考えられるのです。

このように腰部脊柱管狭窄症は、主に加齢に伴って発生する足の痛みやしびれ、間欠性跛行を特徴とする疾患です。
中高年や腰に過度の負担がかかる作業を行う人に発症しやすい病気ですが、ほかの整形疾患や血管の病気との鑑別も必要なことで、家族が足の痛みやしびれを訴えた時に、どのような疾患なのかを知ることも大事です。
様々な病気との違いですが、足の痛みやしびれを伴う代表的な疾患として腰部椎間板ヘルニアというのがあります。
これは椎間板が何らかの要因でつぶれたり飛び出したりすることにより神経が圧迫されて、腰から足にかけてしびれを発生させるものです。
異なる点としては、比較的若い年代が仕事やスポーツを機に発症することが多いということです。
また、前かがみになると痛みが増強するという点が違う特徴です。
背骨の老化で起こる変形性脊椎症は、行動しはじめに腰痛やハリ感などがあるというのが主な症状です。
しかし、間欠性跛行や痛み・しびれなどの足の症状に関しては起こらないという点が異なる部分です。

間欠性跛行が症状としてみられる別の疾患に、閉塞性動脈硬化症や閉塞性血栓血管炎などの血管の病気があります。
動脈硬化が原因で血流が阻害されることにより、足の痛みや歩行障害を起こす病気で、中高年に発症しやすい点も似ているので鑑別が重要です。
ただ痛みのある範囲が閉塞性動脈硬化症の場合は、片側性で痛みがふくらはぎに限局する特徴がありますし、足先の冷感や足背の動脈触知で血行の状態を確認することも可能で鑑別できます。
しかし、正しい診断するにはABI検査・超音波検査・MRI・血管造影検査などが必要です。

郡山市桑野  脊柱管狭窄症なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備