郡山市桑野 急性腰痛症

急性腰痛症はぎっくり腰という俗称で呼ばれることが多い

強い激痛が突然腰に走って、立つことも歩くことも困難になってしまう状態がぎっくり腰で、正式な名称を急性腰痛症と言います。
また、欧米ではその症状の発生の仕方がまるで魔女に魔法で攻撃されたかのような痛みということから、俗称として魔女の一撃と呼ばれています。
一般的に重い物を持ったり急に体をひねったり、長時間無理な姿勢をとったりなどによる筋肉の疲労などが原因と考えられています。
また、くしゃみをしただけで発生する人もいますが、これらは起こすきっかけで、現段階でははっきりとした原因は分かっていないのです。

ただ、先にも触れたように何の前触れもなく突然起こるので、発生した時に慌てないで対処するためにも、応急処置の方法は覚えておくと役立ちます。
痛みが治まらなければ立つことも歩くこともできないので、まずは痛みを緩和する応急処置をすることが大事で、その応急処置次第で後の対応もスムーズにできます。
応急処置は捻挫などと同様に、安静・冷却・圧迫・高挙の「RICE療法」を基本的に行います。
ただし、応急処置をする前に急性腰痛症かどうかの判断を正しくすることも必要で、判断を誤ると危険なことになる可能性も考えられます。
適切な応急処置をすれば発症してから大体3日程度で痛みが落ち着くので、多少痛みが残っていても早めに今までと同じように動き始めることを心がけることです。
無理をしない程度に少しずつ行動しはじめる方が回復は早いのです。
また痛みが落ち着くと同時に、今度は腰を温めて硬くなった筋肉をほぐし血行を良くすることで回復が早くなります。
ちなみに、発生して強い痛みがある際にやってはいけないことは、患部を温めない・マッサージをしない・お風呂に長時間つからないです。

腰の痛み他にも内臓疾患やヘルニアなどで起こっている可能性も考えられるので、痛みが落ち着いて動けるようになったら、早めに整形外科などを受診して正しい判断を仰ぐことが大事です。
特に、楽な姿勢が見つからない、発熱や痛みが長く続くと言った症状がみられる場合は、違う原因の可能性があるので早めに受診することです。
それから2~3日程度で痛みがある程度治まるので、症状が落ち着いてきたら整体や整骨院などを受診するのもひとつの方法です。
病院での治療と共に併用することで回復が早くなることも考えられるのです。

突然襲ってくるものですから、日常的に予防を心がけることも大切です。
腰に負担をかけないようにすることは当然ですが、それ以外にも内臓を温めるようにすることも大事です。
それは内臓が冷えると血液の流れが悪くなって筋肉が硬くなり、筋肉疲労が起こりやすくなって発症する要因となるからです。
腰に負担がかかる重い物を持つことを何度も繰り返していると腰を痛めてしまうので、正しく持つコツを知っておくことも必要です。
また、介護などをされている場合には、ベッドを介護者の腰の高さに合わせるなどの工夫をすると腰への負担を軽減できます。
それから筋肉を常に柔らかくしなやかな状態に保つことも予防につながるので、腰を支える腹筋・背筋を鍛えると共にストレッチなどで柔軟性を確保することです。

 

郡山市桑野  急性腰痛症なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備