郡山市桑野 変形性脊椎症

老化現象のひとつの変形性脊椎症ですが予防を心がけことも大事

椎間板ヘルニアや脊椎分離症は青年・壮年の病気と考えると、骨粗鬆症や変形性脊椎症は高齢者の病気と言えるもので、中年以降に起こる老化現象のひとつです。
本来、背骨は24個の椎骨が積み重なっていて、一つ一つの椎骨が作る関節の働きで背中や腰を自由に曲げることができます。
また、関節の表面が滑らかで弾力性のある軟骨で覆われていることも関係しています。
しかし加齢と共に軟骨はすり減って硬くなって、それにより関節がうまくかみ合わなくなると痛みが発生します。
また椎骨をつなぐ椎間板も加齢で弾力性が失われ椎体の角部分に力が加えられると、その部分にトゲのような出っ張りができて、それが神経を刺激したり圧迫したりすると痛みが引き起こされます。

背骨のどこで発生するのかによって痛みを感じる場所が違い、頸椎の場合は自覚症状がないケースもありますが、脊髄圧迫による手足のしびれ・肩こり・首の後ろに痛みを感じます。
また、ボタンをかけるなどの軽作業が困難になったり、けいれんして歩きにくくなったりすることもあります。
腰椎で発生する場合は腰痛はもちろんのこと、下肢のしびれ・腰を曲げたり反らしたりする時の痛み・足に力が入らなくなると言った症状もあります。
それから、脊椎管狭窄や椎間板ヘルニアなどを同時に引き起こすと症状がさらに悪化してしまう可能性もあるのです。

変形性脊椎症の主な原因は、先にも触れたように老化ですが、それまでの過度の運動負担も大きく関係してきます。
若い頃に重労働や激しいスポーツを行ってきた人が、40歳以降に発症するケースが多いのです。
このように老化により起こるものなので、治療は対処療法となります。
具体的には、薬物療法、体操療法、温熱療法、頸椎牽引、骨盤牽引などの保存療法が実施されます。
ただ、これらの治療でも改善が見られない時には手術療法も検討されます。

安静にした上で保存療法が行われますが、症状が見られない場合や症状が軽症であれば、できるだけ体を動かして筋肉を柔らかくするようにします。
お風呂に入ったり運動したりして体を温めてストレッチすると、筋肉の緊張やこわばりが解消されていきます。
ですから多少痛いからといって安静にし過ぎることは、逆に症状を悪化させてしまうこともあると認識しておくことも必要です。
痛みに対しては、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などの薬剤を使用したり、補助的にビタミン剤を使用したりすることもあります。
コルセットなどを巻いて負担を軽減する方法もありますが、頼り過ぎると筋肉が弱ってしまうので最小限に抑える必要があります。
それから温熱療法やけん引も有効ですが、神経が麻痺したり症状が改善されなかったりする場合は、先に触れたように手術を施す場合もあります。

変形性脊椎症の予防としては、ウォーキングや水中ウォーキングなど無理のない範囲で体を動かすようにすることです。
また、お風呂に入った後にストレッチをして柔軟性を高めて、筋肉の緊張やこわばりを解消することです。
それから無理な姿勢や動作を避けることも大事です。

郡山市桑野 変形性脊椎症なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう