郡山市桑野 中高年 変形性腰椎症

中高年になると誰にでも発生する可能性がある変形性腰椎症

背骨は24個の椎骨が重なり合って形成されていて、椎骨と椎骨の間にはクッションのような役目をする椎間板が存在しています。
また椎間関節が滑らかに動くことと、椎間板が衝撃を吸収することにより背骨をスムーズに動かすことができて、自由に体を曲げたり捻ったりすることが可能なのです。
しかし、加齢に伴いこれらの組織は徐々に退行性変化して、特に動く範囲が広く体重などの負荷が最もかかる腰椎に顕著に現れるのです。
この背骨の変性で腰痛などの症状が起こる疾患のことを変形性腰椎症と言います。

主な原因は加齢による老化現象なので、中高年になると誰にでも発生する可能性がありますが、その中でも若い頃にスポーツや肉体労働で腰を駆使していた人は、比較的早い年代から症状が起こる傾向があるとされています。
加齢による腰椎の変性は椎間板の衰えから始まることが多くて、椎間板にあるゼリー状の髄核から水分が失われて弾力が低下して働きが衰えます。
そうなると椎間関節の負担が大きくなつて、関節がすり減りかみ合わなくなって、関節を支える周辺靭帯などに対しての負担も大きくなってしまいます。
それから椎間板が薄くなることにより椎体がずれたり滑ったりして椎体同士がぶつかってしまうこともあります。
また、そうしたバランスの悪さを補おうとして、椎間板の角にある骨が増殖して、骨棘と呼ばれるトゲを形成することもあって、そのトゲにより神経が圧迫されると腰痛などの症状が現れるのです。

このように変形性腰椎症の主な症状は、神経が圧迫・刺激されることによる慢性的な腰痛です。
それに加えて腰椎の変性による周辺靭帯・筋肉への負担が大きくなることで血行不良が起こり、それにより腰の張りも見られることがあります。
それから起床時や同じ姿勢を続けていると痛みが増して、しばらく動くと軽くなるといった特徴があます。
また痛みで可動域が制限されたり、腰椎変性で後湾や側湾などの姿勢になったりすることもありますし、骨棘の影響や椎間板・椎間関節の緩みによる椎体のすべりで脊柱管が狭くなってしまうこともあります。
ちなみに、脊柱管には神経や血管が通っているため、狭くなって圧迫されると腰痛や下肢のしびれ・痛みなどが引き起こされます。

日常生活で心がける対処法としては、腰を反らした時に症状が起こりやすいとされているので、うつ伏せで本を読む、高い場所のものを取るなど腰を反らす姿勢や動作は避けることです。
ただ、どのような姿勢や動作で症状が起こりやすいのかについては個人差があるので、自分にとってNGとなる動きを見極めることが必要です。
また、腰に負担をかけやすい動作が好ましくないと言っても、極端に安静にし過ぎてしまうことも良くないことで、無理のない範囲で体を動かし腰を支える筋力を鍛えることも悪化予防につながります。
具体的には、水中ウォーキングや水泳などは腰への負担が軽減されるので適度な運動といえます。
体重の増加も椎間板などに大きな負荷がかかることになるので、肥満の予防も心がけることが大事です。

郡山市桑野  中高年 変形性腰椎症なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備