郡山市桑野 ストレートネック

少しずつ工夫をすることでストレートネックを解消?

ストレートネックというのは病名ではなくて、レントゲンで首を真横から撮った写真で分かる、本来あるべき首の骨の生理的弯曲がなくなっている状態を指す言葉です。
実は、首の骨となる頸椎は7個あって、それぞれの間に椎間板というクッションの役割をする軟骨があり、骨が30~40度程度の緩い生理的弯曲を描いているのです。
これは重たい頭を効率よく支えるためのもので、逆に首の曲がりがないと首周囲の筋肉に過剰な負担がかかって、首の痛み・肩こり・手のしびれ・頭痛など様々な症状が出る可能性があります。
それから、携帯電話やスマートフォン・パソコンなどの普及によって発症する人が増えていると言われていますが、実際にはそれ程増えているわけではありません。
つまり、昔から一定数の存在はあったもので、メディアに取り上げられたことで注目を集めるようなったために、最近急に増えているように感じられるだけです。

発生する主な原因としては、猫背や反りすぎと言った姿勢の悪さ、長時間の座位があります。
これは、骨盤周辺の筋肉の衰えなどで、本来持っている骨盤の前傾が保持できなくなることで、体の生理的湾曲が崩れてC字型になってしまうものです。
これらにより、どうしても顎が前に出るような形で、頭が下がると言った悪い姿勢になるのが原因となります。
日々の生活習慣で姿勢が悪くなっていると感じる人は、一度姿勢を見直して正しい姿勢を意識することが大事です。

パソコンやスマートフォンを長時間見ることも原因のひとつで、先に触れたことと同様に頭部前方突出姿勢になります。
また下を向く姿勢が続くことで、首などの筋肉が過度に酷使されることも関係してきます。
椎間板変性も原因となる要因のひとつで、変性を起こして硬くなると生理的弯曲が減少してしまうのです。
あと、交通事故などでむち打ちによる外傷が原因になってしまうこともあって、意外と様々な原因が関係してくるものです。

ストレートネックその物を治す治療法はないというより、症状の原因ではなく結果として起こっている状態なので、治療は出ている症状を改善するため症状に合わせて実施されます。
具体的には、低周波や電気治療、筋肉を緩めるマッサージ、薬剤、生活環境の改善やストレッチ、意識改革などの指導というのがあります。
つまり、生活習慣を改善させていくことで、これ以上症状を悪化させないことが一番大切なことと言えます。
その為には日々の正しい生活習慣の積み重ねが大事で、生活習慣や意識が予防・改善につながるのです。
例えば、デスクワーク中は時間を決めて定期的に休憩を入れるようにする、スマートフォンやパソコンは使用時間を決めて長時間使わないなど、少しずつ工夫をすることです。
日常生活で非常に不便になってしまう可能性もあるので、ストレートネックに少しでもなりにくくする、また少しでも改善できるようにすると言った生活習慣を身につけることを心がけることです。

郡山市桑野  ストレートネックなら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備