郡山市桑野 めまいの種類

めまいの種類は、全部で3つあります。
種類によって原因や対処法が異なるため、今感じているのがどの種類なのかを判断し、早期改善を目指してください。

【めまいの種類について】

・回転性めまい

原因は、主に三半規管(さんはんきかん)のトラブルです。
三半規管とは、耳の中にあります。

リンパ液で満たされた三半規管は、体が動く方向にリンパ液も動きます。
それによって、体がどの方向へ動いたのかを正常に判断します。

しかし、リンパ液が多すぎたり、少なすぎたりすると、体の動きとは関係なく、リンパ液が動くため、実際には動いてないのに[動いた」と誤判断が起こります。
その結果、体がグルグルと回転するようなめまいが発症します。

リンパ液に異常をきたすのは、メニエール病が代表。
その他、内耳炎、前庭神経炎などがあります。

自律神経失調症やホルモン異常、ウイルス感染等によって内耳に何かしらの影響を及ぼすと考えられています。
そのため、自律神経の調整や血行促進、骨盤矯正等によって、症状が緩和することもあります。

この場合は、整体、整骨院が有効ですが、まずは専門機関で詳しく検査を受けるようにしましょう。

・動揺性めまい

あしもとがふらふらするのが特徴。
小脳や脳幹部分の異常が要因と考えられるので、早期検査が不可欠。

ただ、病院で異常が発見できないことも多く、自律神経失調症が要因が疑われるので、その場合は整体、整骨院に相談しましょう。

・立ちくらみ(眼前暗黒感)

目の前が急に真っ暗になるようなめまいで、いわゆる立ちくらみです。
症状が悪化すると失神することもあるので、安易に考えてはいけません。

脳の虚血状態が要因で、循環器系の障害が考えられます。

【種類別めまいの治療法や対策】

メニエールや内耳炎、前庭神経炎など根底に自律神経失調症が関係している場合、ストレスを取り除くことで症状が劇的に改善することがあります。
交感神経と副交感神経の2つから構成される自律神経は、ストレスを抱えると、交感神経だけが働き、体は常に緊張した状態が続きます。

その結果、免疫機能の低下が起こり、ウイルスや細菌の侵入によって内耳が炎症を起こします。
さらに、全身の機能に司る自律神経の乱れは、ホルモンバランスの乱れ、血行不良を引き起こし、内耳リンパ液の分泌にも悪い影響を及ぼします。

仕事や環境等、何かしらのストレスを抱えている方で、気になるめまいの症状を抱えている方は、早期に自律神経の乱れを調整するようにしましょう。
整体、整骨院では、自律神経の乱れをマッサージやツボ押しによって、調整します。

定期的に施術を受けることで、めまいの症状からその他あらゆる体調不良の改善が期待できます。
特に、病院では異常がないと診断された、それでもめまい等の自覚症状で悩んでいるという場合に有効です。

その他めまいを悪化させる食べ物にも注意しましょう。
例えば、カフェインは、副交感神経の働きを阻害するので、コーヒーや紅茶、緑茶やココアなどの過剰摂取は禁物。

インスタント食品に含まれるフィチンは、亜鉛不足によるストレス過多を引き起こします。
亜鉛を含む牡蠣、レバー等を多く摂りいれるようにしましょう。

その他、飲酒、喫煙等も血行不良によるめまいの原因となるので、十分注意しましょう。

 

郡山市桑野 めまいの種類なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備