郡山市桑野 足底腱膜炎の治療

根本原因を知って足底腱膜炎の治療を

足の裏には薄くて幅の広い膜のような足底筋膜という腱があって、かかとの内側底面から足の5本の指の基節骨につながっています。
そしてランニングやジャンプなどの動作による衝撃を受け止めるクッションの役割をしている足の甲の骨のアーチをピンと張って支えています。
その為にランニングやジャンプの動作などで過度な衝撃が繰り返しかかることで足底筋膜に炎症が起きた状態が足底筋膜炎で、足裏のかかとの前側部分に痛みを感じたり、土踏まずがつったような感じがしたりするのです。

発症する主な原因としては、40代~50代に発症することが多いことから加齢が考えられますし、走るスポーツをしている人に起こるので運動のし過ぎも原因のひとつです。
その他にも発症しやすい人として、長時間立ち仕事をしている人・足に合わない靴を履いている人・太っている人・O脚やX脚の人・偏平足の人・猫背の人・足首の硬い人などです。
このように加齢やスポーツ以外でも体に歪みがあって、足裏に不自然に重心がかかるひとは発症する可能性があるのです。
主な症状は、朝起きて歩き出す時や座っていて歩きだす時に、足の裏のかかとの前から土踏まずにかけて一番痛みを感じます。
また、症状が酷くなると足底筋膜が付着しているかかとの骨が引っ張られることによりトゲのように出っ張って痛みを増してしまいます。
その為に足を着くと痛いので松葉杖がないと歩行ができなかったり、全く歩行することができなくなったりすることも場合によってはあるのです。

主な治療としては、スポーツが原因と考えられる場合には、しばらくスポーツを休むか練習量を減らすかして、足底への負担を減らして自然治癒を待ちます。
また整形外科などの医療機関で行われる治療としては、安静にすると共にインソールを使用した治療が主に行われます。
それから、痛みが酷くて日常生活に支障が起こるような時には、鎮痛剤を処方したり麻酔注射を打ったりして対応します。
一般的にはほとんど実施されることはありませんが、スポーツ選手などは稀に手術をする場合もあります。
ただ、これらの治療は対症療法でしかないので、スポーツを再開することで再度炎症が起こることも少なくないのです。
足裏筋膜炎を発症する根本的な原因は体の重心のずれで、それにより重心を受け止める位置が正しい場所でないことにより負担がかかって炎症を起こしているのです。
つまり、体の軸の歪みを正常な状態に治して、本来の重心の位置に戻すことで炎症を徐々に軽減させることが治療として大事なのです。

また予防と改善につながる足裏のセルフケアとして、ふくらはぎ・すね・足底筋膜などのストレッチをしたり、足裏の踵から指の付根にかけてマッサージをしたりするのもおすすめです。
ただ、先に触れたように根本原因を考慮すると、医療機関の治療やセルフケアではなかなか症状が改善されないことも考えられます。
そのような場合には、整体や整骨院で治療を受けることも検討してみると良いです。
体の歪みを解消することを得意としている整体や整骨院での治療は、症状の改善につながると考えられます。

 

郡山市桑野 足底腱膜炎の治療なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備