郡山市桑野 変形性膝関節症の症状緩和

適切な治療で変形性膝関節症の症状緩和や進行を抑制する

膝関節のクッションとなる軟骨がすり減ったり、加齢などによる筋力の低下が要因で、膝関節に炎症が起こったり変形したりすることで痛みが生じる病気が変形性膝関節症です。
この病気は中高年に多くみられる症状で、特に50歳代以降の女性に多く発症するため、痛みを感じても年のせいと諦めて病院を受診する人は少ないのが現状です。
発症すると昔のような膝に戻すことは無理ですが、治療することにより症状の進行を遅らせて普通に日常生活を送ることが可能です。
痛みを我慢したり年だからと諦めたりしないで、正しい知識を知って適切な治療を受けるように心がけることが大切です。

変形性膝関節症の症状の現れ方や進み方には個人差があって千差万別です。
その為、レントゲンで膝関節の変形が確認できるけど痛みなどの症状が起こらない人もいますし、逆に痛みが酷いのにレントゲンでは変形がほとんど判断でき人もいます。
ただ自覚症状は、病気の状態を的確に反映しているので、一般的にどのような症状がみられるのか知っておくと役立ちます。

初期段階で現れる症状は、朝起きて歩き始めた時に起こる膝の違和感で、他には膝に力がかかる動作で痛みを感じることもあります。
ただし初期段階での痛みは長続きしないで、しばらく休むと痛みがなくなるケースが多いです。
初期症状に対して何もせずに放置しておくと、少しずつ症状が進行して悪くなり、中期では痛みが自覚できるようになります。
また、膝が完全に曲がりきらないとか、伸びきらないとか言った状態になり、正座やしゃがみこむなどの動作が苦痛になります。
それから炎症が発生するために、膝の周辺が腫れる・熱感を伴う・むくむ・膝に水が溜まるなどの症状もみられます。
中期段階になると膝の変形が酷くなって、膝に力のかかる動作をすると軋轢音が出るような感じもします。

末期の段階になると日常生活に支障が起こるほどの痛みが膝に現れて、仕事や日常生活、旅行に行くなどの社会活動が思うようにできなくなってしまいます。
その為に活動範囲が狭くなって外界からの刺激が少ない生活になることからストレスが溜まってしまいうつ状態に陥りこともあります。
また高齢者の場合には、このような生活がけいぞくすることで認知症になってしまう可能性も考えられます。

主な原因としては、加齢・筋肉の衰え・肥満・膝への負担の大きいスポーツ・偏平足など足部の変形などの要因が絡み合って、特定の原因が分からない一次性があります。
また、関節軟骨の損傷・靭帯損傷・半月板の損傷・膝蓋骨の脱臼・慢性関節リウマチなど、原因がはっきりと判断できる二次性の2つに大きく分類されます。
病院での治療法としては、主に痛みを和らげると共に、膝の状態を改善して機能を高め進行を遅らせることを目指したことが行われます。
具体的には、症状の進行度や痛みの程度により、薬物療法・装具療法・温熱療法・運動療法などの保存療法で、それでも症状が緩和されない時には手術が検討されます。
こうした病院での治療以外に整体や整骨院で治療することも可能なので、治療法として検討してみると良いです。

 

郡山市桑野 変形性膝関節症の症状緩和なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう