郡山市桑野 足裏の足指の間に痛み

足裏の足指の間に痛みがある場合はモートン病かも?

神経障害の一種と考えられているモートン病の主な症状は、足裏の足指の間に発生する痛みやしびれ、知覚障害や腫れなどで、それらの症状がある場合には発症が疑われます。
痛みは足指の付け根から指先にかけて感じて、痛みの程度には個人差がありますが、電気が走ったような痛みや灼熱痛など激しい痛みを感じることが多いです。
この痛みは靭帯が圧迫されたことで神経に腫瘍ができて引き起こされますし、同時にしびれを感じることもあります。
そして、そのしびれを感じる部分では、刺激を与えられても感覚があまりない知覚障害が起こることもあって、場合によっては麻痺してしまうケースも見られます。
それから痛みを引き起こす神経腫ができた部分が腫れることもあります。

こうした症状のモートン病を引き起こす主な原因としては、1つ目にサイズが適さないきつい靴を履くことで足の神経を圧迫することがあります。
特に女性が履くかかとの高いハイヒールなどは、足指の付け根を支点として無理に体を支えようとするため、神経が圧迫され良性の腫瘍ができて痛みを引き起こすのです。
歩行時に地面から受ける衝撃を吸収できない靴を履くことでくり返し衝撃を受ける方が、一度に大きな衝撃が足に加えられるよりも発症しやすいのです。
足の変形も影響する要因のひとつで、開帳足と呼ばれる横幅が広くつぶれているような形の足は、神経が圧迫されやすいので痛みやしびれが起こりやすいのです。
また、槌趾変形という足指の第1関節が曲がった状態になることも、ハイヒールを履いた状態と同じ姿勢になりがちで原因になります。
過度の摩擦や外傷で炎症を発症すると周辺が腫れることにより、神経が圧迫されて発症するケースもあるのです。
このように様々な原因が発症に関係しているのです。

発症により起こる足の痛みなどを緩和する方法として、日常生活で心がけることは足に負担のかかる靴を履くことをできる限り避けることです。
自分の足サイズに合った幅の広い靴を履くことがおすすめで、それと共にできる限り足を休ませることも大切です。
また中腰の姿勢になることは、足先に負担がかかりやすいので注意するように心がけることです。
それから病院での治療としては、歪んだ骨を矯正して足の形を正しく保つために、足底板という靴の中敷きを使用することがあります。
また痛みが生じている足指の関節を曲げ伸ばして血液循環を良くするなどの運動療法が行われることもあるのです。
ただし、症状が改善されてきた時に行うようにすることが大事で、痛みが強い時には無理して行わないようにすることが大事です。
あとは、ステロイド注射で治療することもあって、このようなことで痛みを軽減できる可能性はあります。
ただ、必ず担当医師の指導のもとで行うことが大切で、自己判断で行うことは症状を悪化させることも考えられるので避けるべきです。

モートン病は、早期発見早期治療をすると改善するケースが多いですし、日常生活において気をつけるべき点を意識すると改善できます。
また、病院だけでなく整体や整骨院でも治療できるので、整体や整骨院での治療も考えてみると良いです。

 

郡山市桑野 足裏の足指の間に痛みなら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう