郡山市桑野 テニス肘

段々と暖かくなってきてスポーツの季節になってきましたね。

健康のためにスポーツをするひと

大会で優勝を目指して本格的にスポーツをするひと

それぞれだと思います。

今回はテニス肘について簡単にご説明させて頂きます。

特徴的な症状としては

手を伸ばした時や物をつかんで持ち上げる時

タオルを絞るなどの時に

肘の外側から前腕にかけての痛みや圧痛、熱感

がある場合はテニス肘を疑います。

テニス肘は別名

上腕骨外側上顆炎・バックハンドテニス肘

とも言います。

テニス肘の由来はテニスの時のバックハンドストロークで

正確にボールを捉える事が出来ない時に受ける衝撃で

発生しやすいことからテニス肘と呼ばれました。

筋力が弱ってきている40~50歳の女性に好発し

テニス以外のゴルフやバトミントンなど他のスポーツ障害として

または、手をよく使う作業をする人にも多発します。

筋肉で言うと

長・短撓側手根伸筋、総指伸筋が関連していて

手首や手の指を伸ばす働きをする筋肉です。

そのため、手首や肘を伸ばすと痛みが出やすくなります。

テニス肘になってしまった場合は

保存療法で安静にしておいたり

鍼灸施術などでもご対応できます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう