郡山市桑野 野球肘

これからは野球が盛り上げってくる季節ですね。

僕は高校野球が大好きです\(^o^)/

はつらつとしていて、ひたむきに白球を追いかける

高校生の姿にはいつも感動させられます。

もちろん、高校野球だけではなく

全てのスポーツで頑張っている方達の姿には

本当に感動と勇気を頂いております。

今日は野球肘についてご説明させて頂きます。

野球肘とは、別名上腕骨内側上顆炎とも呼び

野球の動作などで起こりやすいことから

野球肘(リトルリーガー肘)と呼ばれるようになりました。

テニス(フォアハンド)やゴルフでも発生する場合があります。

分類としては、内側型、外側型、後方型があります。

最も多いのは内側型なので内側型についてお伝えさせて頂きます。

投球動作の時のコッキング期(ボールを後ろに引き構える動作)~

アクセレレーション期(加速期・リリース)にかけて

肘にかかる強い外反力に対し前腕回内屈筋群が強く収縮し

また内側側副靭帯により強い引っ張りのストレスが肘の

内側にかかり発生します。

内側型の症状は、肘の内側の痛みや腫れ、圧痛、

軽度の肘の伸展障害、投球動作の時に痛みがあります。

まれに、筋、靭帯の引っ張りによる裂離骨折なども

みられます。

野球肘は鍼灸施術でもご対応できますのでご相談下さい。

ケガの無いようにスポーツを楽しんでいただけたら

嬉しいです (^◇^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう