郡山市桑野 痛み指標

よく患者様に「痛み無くなったからもう大丈夫ですか?」

と聞かれます。

痛みを症状が治った指標にしている患者様は多いようです。

痛み無い=治った

こう考えているようです。

例えば、包丁で指を切ってしまいました。

最初に出血は止まり

次に傷口がふさがってきます。

完全に傷口がふさがったら治ったと伝えてあげられます。

痛みを血だと思って下さい。

痛みがなくなってもまだ傷口が開いていれば

傷口に何かのアクシデントが起きることで

さらに傷口が開き症状が悪化する恐れがあります。

治りかけでけがしてる所に対するアクシデントは

僕の経験上傷口をさらに悪化させることが多かったです。

 

どうか痛みだけをケガの完治の指標にしないで下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう