郡山市桑野 腸脛靭帯摩擦症候群

別名ランナーズ膝、腸脛靭帯摩擦症候群と診断される「ランナーズニー」は、名称からも分かるとおりランナーに多く見られる症状の一つです。
ランニングなどによる膝関節周辺の障害全般の総称としても使われます。

【「ランナーズニー」って?】

膝の屈伸運動を過度に繰り返すことで、腸脛靭帯が大腿骨外顆(膝の上の方にある骨)とこすれ、炎症や疼痛を引き起こす事を言います。
主に、マラソンや長距離ランナー、バスケットや自転車などのスポーツで発症のリスクが高いといわれています。

・腸脛靭帯

腸骨は重い内蔵を下からがっちり支える骨で、恥骨、坐骨とともに骨盤を形成するパーツの一つで、寛骨(かんこつ)とも呼ばれます。
腸脛靭帯は、その腸骨から脛骨にかけて伸びるとても長い靭帯で、膝の曲げ伸ばしに不可欠。

■原因は?

主な原因は、使いすぎです。
いわゆるオーバーユースによるもので、自分の体力などに合わないランニング時間と距離、さらには、筋肉や靭帯等柔軟性の不足。

その他、休息不足、シューズが足に適していない、アスファルトなど固い路面による足への衝撃。
足の構造によるものなどが考えられます。

【ランナーズニーを改善、予防するには?】

特にひどい状態でない限り、手術などはありません。
炎症や腫れを抑えるアイシングや痛みを緩和する保存療法、等がランナーズニーの主な治療法となります。

整体院や整骨院では、お薬などを使用する事が無いため、副作用のリスクを軽減しつつ症状緩和が期待できます。
また、ランナーズニーは、太ももの外側の筋肉のコリや柔軟性の不足などが要因となるため、その部分を丁寧にほぐし、筋肉の緊張をほぐす施術も実施。

■股関節ストレッチ

ストレッチは、筋肉の柔軟性を高める上で、すごく大事なのでランナーズニーの予防法として抑えておくといいでしょう。
まず、仰向けになります。

左足を軽く曲げて、右ひざの下にさしこみます。
このとき、右足は伸ばしたままで、足が四という数字を作る格好になります。

左足は右ひざの下にいれたまま、左ひざを立てたり、倒したりを繰り返し行ないます。
勢いをつけるのはNG。

股関節周辺の筋肉を伸ばす、ほぐすのを意識しながら行ないます。
このストレッチは、O脚改善にもおススメです。

左右同じように行ないましょう。

■大腿筋膜張筋のストレッチ

タオルを準備します。
仰向けになって、右足裏にタオルを引っ掛けて、左手で持ちます。

右手は床に伸ばし、体を支えます。
タオルをかけたまま、足を90度持ち上げ、太ももに力を入れましょう。

そのまま10秒キープしたら、足をゆっくりと左側に倒します。
膝を曲げないようにするのがポイントです。

左右同じように行なってください。
上記2つのストレッチで、腸脛靭帯摩擦を引き起こす要因が改善できます。

無理をしない程度に、1日1回を目安に続けるようにしましょう。
ただし、すでに痛みや違和感を感じる場合は、ランニングなどを中断し、しばらく安静にしてください。

それでも痛みや疼痛等が改善できない、ランニングすると再び痛みが現れる、という場合は、整体や整骨院等の施術を早めに受け症状の緩和につとめてください。

 

郡山市桑野 腸脛靭帯摩擦症候群なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備