郡山市桑野 起立神経調節障害の主な特徴

もしも、あなたのお子様に次のような症状があった場合「起立性調節障害」を疑いましょう。

【起立神経調節障害の主な特徴】
・朝に起きられない
朝起きられない、起きようと思っているけど体がだるくて動かない、無理やり起こすが起きれない

・立ちくらみがある
急に立ち上がると目の前が真っ暗になったり、真白になったりする立ちくらみがある、特に午前中に症状が起こりやすい

・疲れがひどい
特に午前中に倦怠感がひどく、症状は午後になるにつれ、次第に回復。
夜にはほとんど倦怠感がない。

・食欲がない
特に朝ごはんは、気分が悪く食べられないことが多い。

・立ちくらみなどがある
起立した状態で作業できないほど気分が悪くなる。
通学時のバス電車で、冷や汗や動悸が伴い倒れそうになる事もある。

・動悸や頭痛がある
午前中や階段の上り下り、立ち上がり時に心臓が急にドキドキする。
また、片頭痛や緊張性頭痛などあらゆる頭痛が混在して発生する。

・夜中に寝付けず遅くまで起きる
起立性調節障害は、午前中に体調が崩れ、夕方から夜にかけ体調が回復するのが特徴。
そのため、夜ベッドに入ってからいつまでも眠れず、ダラダラと起きてしまう傾向にあります。

・イライラ、集中力がない
起立性調節障害は、体調の悪さや思考力の低下などから授業に身が入らず、イライラします。
さらに、勉強が遅れてしまい、そのイライラが増幅します。

【起立性調節障害の原因って?】

一般的な検査では、特別な異常を見つける事ができません。
これほど多くの不調を抱えていながらはっきりとした原因が分からないことから、「ナマケモノ」の烙印をおされてしまうケースも珍しくありません。

しかし、それが余計にお子様のメンタルを深く傷つけ、不安定にさせてしまい、症状が悪化する事もあります。
それによって、不登校などの問題も抱える事になるため、安易に考えるのは大変危険です。

一方、整体や整骨などの東洋医学では、自律神経の乱れが起立性調節障害の要因と考えています。

■自律神経と起立性調節障害の関係

自律神経は、脳からの指令を全身に伝えるなど大変重要な働きを担っています。
全身の機能を司るため、自律神経が乱れると、全身にかかわる不調となり、症状が現れます。

また、交感神経と副交感神経の2つで構成される自律神経は、交感神経が優位になることで体を活動的にし、副交感神経が優位になることで、体を休息モードへといざないます。

しかし、起立性調節障害では、交感神経と副交感神経のオンオフが逆に機能している事が多いのが特徴。
そのため、本来体を活動的にしなければならない「午前中」に、交感神経ではなく、副交感神経が優位に働きます。

副交感神経は、体をリラックスモードにする働きを持つため、頭では、「起きなきゃ」「体を動かさなきゃ」「集中力を高めないと」と感じていても、その通りに動いてくれないのです。

一方、体を十分に休める夕方から夜にかけて本来優位になるはずの副交感神経が働かず、交感神経が優位になることで、「眠れない」「夕方から体調が回復する・活発になる」といった逆転の現象が起こってしまうのです。

そのため、整体や整骨院では、起立性調節障害の対処法として、自律神経のバランスを調整する施術を実施します。
自律神経の乱れは、骨盤の歪みや血行不良、筋肉のコリをほぐす事で改善が期待できます。

病院の検査で異常がないと診断されたのに、お子様の体調に不安を感じている方は、整体や整骨院に足を運んでみるのも一つの方法です。

 

郡山市桑野 起立神経調節障害の主な特徴なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう