郡山市桑野 鍼の種類

今回は鍼の種類についてお伝えいたします。

古代九鍼と言って古代の鍼は

鍼を九つに分類していたようです。

古代の鍼は、石や竹で出来ていたものがあったようです。

現在の鍼の材質は金銀、合金(ステンレス、サンプラなど)が

使用されているようです。

 

古代九鍼には

・鑱鍼(ざんしん)

・円鍼(えんしん)

・鍉鍼(ていしん)

・鋒鍼(ほうしん)

・鈹鍼(ひしん)

・員利鍼(いんりしん)

・豪鍼(ごうしん)

・長鍼(ちょうしん)

・大鍼(だいしん)

上記の9種類あります。

 

古代九鍼を使用法に分類すると3種類に分類できます。

①破る鍼:鑱鍼、鋒鍼、鈹鍼

②刺入する鍼:員利鍼、豪鍼、長鍼、大鍼

③刺入しない鍼:円鍼、鍉鍼

 

現在一般的に使用されている鍼は

古代九鍼の豪鍼です。

 

当院では特殊鍼として

円皮鍼や皮内鍼などの置き鍼と言われているものも

使用しております (^◇^)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう