郡山市桑野 接骨院での交通事故治療

接骨院で交通事故施術を受けるために必要なこと

交通事故施術で多くみられる症状のひとつがむちうち症で、事故による突発的外力で柔らかく動く頚部がムチのように波状運動を強いられて、頸椎とその周辺組織が損傷するものです。
具体的には、頚部の筋・靱帯・骨・椎間板・神経・血管などが損傷を受けて、首の痛み・頭痛・上肢のしびれ・肩こり・めまい・吐き気など様々な症状を引き起こします。
事故直後から自覚症状が出る場合と、直後には症状を感じないが翌日からや数週間後になってから症状が出る場合があります。
むち打ちが起こる交通事故として出会い頭の事故と停車時追突事故があって、不意を突かれて身構えることがない状態で衝撃を受ける停車時事故の方が損傷が大きい場合が多いです。
一方の出会い頭の事故は、逆に身構えて急に肩や首の筋肉に力を入れて最大筋力を出すために痛みがでることがあります。

むち打ちの交通事故施術は、最初整形外科で行うことになりますが、病院のレントゲン・MRI・CTなどの画像検査では、むち打ちの痛みの原因が分からないことが多いです。
その為、医学的には問題ないと判断されて、現状で起こっている症状に対して鎮痛薬や消炎薬などを用いてする対処療法しかしてくれない場合もあります。
むち打ちを後遺症を残すことなく回復するためには、早い段階でしっかりと適切な治療を受けることが必要です。
そこでおすすめしたいのが接骨院での施術です。当院ではドクターの指示のもと施術を行っていき、患者様の社会復帰がなるべく早く出来るよう補助をしていきます。

本来、交通事故の被害者は自賠責保険を利用して治療を受ける権利が補償されています。
また自賠責保険の保障内容には、接骨院での柔道整復師による施術費用に関して支払基準も明記されています。
その為、被害者である患者様が接骨院の治療を希望すれば自由に通院することは可能なのですが、注意深く対処する必要があるのです。
まず理解しておく必要があることは、接骨院での施術は医師による医学的診断に基づいて行われることが前提になっていることです。
つまり医師の診断を受けていない状態で、接骨院の施術を受け続けることは自賠責保険を利用する場合は認められないのです。
また医師の診断というのは、単に初期診断だけを指すのではなくて、全治療期間に通じた継続的な医学的診断のことを指しているのです。

このようなことから接骨院での施術を行う場合でも整形外科での通院治療・診察を併用する必要があるのです。
その為、医師が接骨院での施術を受けることを、全く認知していないということは問題になる状態です。
医師に接骨院で施術を受けたいというのは言いにくいと感じる方もいるでしょうが、安心して十分な施術を受けるためには必要不可欠なことなのです。

 

郡山市桑野 接骨院での交通事故施術なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備