郡山市桑野 頚椎椎間板ヘルニアの発症

いろいろな因子が影響して発症する頚椎椎間板ヘルニア

背骨の首の部分が頸椎で、7個の椎骨により構成されているのですが、第1頸椎を環椎、第2頸椎を軸椎と呼んで、第3頸椎以下と異なる形状をしています。
また、椎骨間で衝撃を吸収してクッションのような役割をする椎間板ですが、第2頸椎以下に存在しているのです。
この椎間板の椎間板・線維輪に亀裂が入って内部の髄核が飛び出した状態が椎間板ヘルニアで、それが頸椎で発生すると頚椎椎間板ヘルニアと言います。
椎間板機能の異常により頸部痛などを引き起こしますが、飛び出した髄核が脊髄や神経根といった重要な神経組織を圧迫すると、手足のしびれや痛み・運動麻痺などの様々な神経症状を引き起こすことになります。
一般的に好発年齢としては30~50代と言われています。

頸椎椎間板ヘルニアはが発症する原因は、ひとつではなくて年齢・運動負荷・遺伝的素因など、いろいろな因子が影響することで起こると考えらます。
ただ頸椎の脱臼などの明らかな外傷に伴うものについては例外となります。
椎間板の髄核が飛び出して起こる主な症状は、手足のしびれや痛み・脱力などの神経症状で、頸部痛や肩こりなど局所の症状については、頸椎の加齢変化などでも起きると考えられています。
症状の現れ方としては、脊髄が圧迫されことで手足の先端に行くほど強いしびれが様々な程度で、両側かないし片側に発生します。
上肢においては握力低下や手指の細かな動作に障害が起こって、字が書きにくくなったり、衣服のボタンの留め外しが難しくなったりする巧緻運動障害が起こります。
下肢においては足が前に出にくくなって歩幅が狭くなって、階段の昇り降りがしづらくなる痙性歩行が発生します。
脊髄のどの部位がどの程度圧迫されるかによって、手のしびれ感などから立ち上がることもできないような高度な麻痺まで違いが現れてくるのです。
その一方で脊髄から枝分かれした神経根が圧迫されると、頸部痛と片側の上肢にのみ症状が現れて、上を見上げる動作や咳・くしゃみなどで痛みが増強します。

頸椎椎間板ヘルニアの治療方法は、ヘルニアによって脊髄と神経根のどちらが障害を受けているかで違ってきます。
手足のしびれや脱力が進行する脊髄症状がみられる場合は、診断確定後にすみやかに手術を検討することになります。
手術の方法としては、椎体と椎間板組織を削ってヘルニアを摘出して、削った部分に骨盤などから採取した自分の骨を移植する前方法があります。
また、後ろから脊柱管を拡大することにより脊髄圧迫を間接的に解除する後方法というのがあって、通常脊柱管狭窄を合併している場合に選択されます。
ただし、飛び出した椎間板髄核が吸収・消失の過程をとる可能性があるため、症状に変化があまりない時には、薬物療法や理学療法などの保存的治療にて経過をみることも少なくないです。
一方、神経根症状の場合は保存的治療が実施されることが多くて、頸椎カラーによる頸部の安静、消炎鎮痛薬やステロイド薬などの薬物治療が基本となります。
また痛みが強い場合には各種神経ブロック療法が行われますし、保存的治療で改善しない場合や運動麻痺が進行する場合は手術が検討されます。

 

郡山市桑野 頚椎椎間板ヘルニアの発症なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備