郡山市桑野 ランナーズニーのチェック方法

【ランナーズニーの症状と原因】
マラソンなどの走ることを頻繁に行っている人のヒザに出る症状の中に、ランナーズニーという症状があります。
長距離を走ることにより起きるナンナーズニーは、走るトレーニングを行っているスポーツを行っている人にも見られます。

ランナーズニーの初期の症状は、走った後に臀部や太ももの外側に違和感や痛みが出始めます。
初期段階は休むことで痛みが軽くなるので、だましだまし動いている人が大半です。
しかし、悪化してしまうと少し走るだけで痛みが出てしまい、歩くときでも痛みが発生してしまいます。

ランナーズニーになってしまう原因は、以下が挙げられます。

・走り過ぎ
走りすぎることで、腸脛靭帯と大腿骨と摩擦がかかりすぎてしまい、炎症が起きてしまうからです。

・一定の方向ばかりに走っている
陸上選手は、トラックを走る時に左回りで走ります。
そのため、左足の外側ばかりに負荷がかかってしまい、過負荷が原因となり痛みを発生させてしまいます。
また、

・走る地盤の水平の悪さ
道路というのは、水はけのために外側に向かって傾斜が付いています。
傾斜が付いている場所を走ることで、傾斜が付いている方の体に負担がかかってしまいます。

・シューズの底の硬さ
陸上選手は特殊なシューズを使いますが、それは走る時のクッション性をやわらげるための工夫がしてあるものが大半です。
シューズの底が固かったり薄い場合、道路の衝撃が足に多くかかってしまい、痛みを引き起こしやすくなってしまいます。
ランニングの際は、ランニングシューズに履き替えるのが鉄則というのは、走る際の足に対する環境の良さを与えて走ることが必要だからです。
また、古いランニングシューズは底がすり減って薄くなっているので、取り替えることが必須となります。

・O脚
O脚は腸脛靭帯や大腿骨がこすれやすい脚の形になっているので、摩擦が生じやすく炎症が起きやすくなってしまいます。

【ランナーズニーのチェック方法】

自分はランナーズニーかな?と気になったら、次のようにチェックをしてみると確かめることができますよ。

まず、椅子に座って、ヒザのお皿の少し上の部分の外側の大腿骨外側上踝と呼ばれる部分を、指で押してみます。
押したまま、ヒザを曲げたり伸ばしたりします。
この時、痛みが出たらランナーズニーです。

ランナーズニーの場合は、まずはヒザを使う運動は止めて、休んで状態を緩和させましょう。
軽度な場合は、アイシングで楽になることもありますよ。
痛みが和らいだら、靭帯を伸ばすストレッチなどをすることで、回復へとみちびくことができますよ。
安静にしても痛みが改善しなく不安な場合は、専門医に相談して解決しましょう。
専用の機械を使った温熱治療など、痛くない治療方法で楽になることもできますよ。

いかがでしたでしょうか。
ランナーズニーは、克服できない症状ではありません。
ランナーズニーになってしまっても、ヒザに負担をかけにくい動きをして、ヒザの筋肉を鍛えることで、誰でも克服へとみちびくことができますよ。

郡山市桑野 ランナーズニーのチェック方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備