郡山市桑野 呑気症のセルフケアで改善

【呑気症の原因】

呑気症というのは、胃や食道、腸に大量の空気が溜まり、胸やけやゲップ、腹部満感が起きてしまう症状です。
違和感に思えるほど、ゲップが出て気になるなんてことは誰でもあると思います。
それが重度な状態になると、呑気症ということになります。
呑気症というのは意外と多く、8人に1人は呑気症に悩んでいると言われています。

厄介なことといえば、呑気症は薬を飲んでも改善しにくいということです。
そのため、気になるとちょっと厄介な状態になってしまいます。

呑気症は、以下のような原因が大半といわれています。

・ストレスが多い
・神経症傾向
・うつ
・胃神経症
・ヒステリーな人
・食事の仕方による影響
・炭酸飲料やビールなどの飲み過ぎ
・スポーツによる影響

などが、挙げられます。

人は、多少の空気を飲み込んで生活をしています。
しかし、あまりにも多すぎる量の空気が体内に溜まってしまうと、胃や食道、腸などに空気が溜まりすぎてしまい、胸やけやゲップなどの呑気症の症状を起こしてしまいます。
さらに、呑気症の症状を抑えようとすることで、さらに空気の飲み込みを繰り返してしまい、さらに体内の空気の多さが悪化してしまうのです。
消化器部分の空気の多さ、不快感、この2つを繰り返してしまい、どんどん悪化してしまいます。

【呑気症の改善方法】

呑気症は厄介に思えますが、少し改善することでスッキリ治ることができます。
呑気症の改善方法は、以下が挙げられます。

・食事をゆっくりとる
食事をゆっくりとるということは、気持ちに余裕がないとできません。
気持ちが穏やかになり、余計な空気を飲み込まずに済みます。
早食いの人は、余計な空気の量を飲み込んでいる傾向があります。
ゆっくり噛んで食べることで、余計な空気を飲み込まずに済みます。

・飲み物はすすって飲まない
お茶など温かい飲み物をすすって飲む人がいますが、すすって飲むと大量の空気を飲み込んでしまいます。
飲み物はすすって飲まず、静かに飲むようにしましょう。

・姿勢を正しくする
呑気症と無関係に思える姿勢の良さですが、物凄く関連性があります。
前屈みの姿勢の悪さは、胃と食道のつなぎ目部分に負担がかかってしまい、胃液が逆流しやすい状態となってしまいます。
そのため、さらに空気の飲み込みが多くなってしまい、余計な空気を飲み込んでしまいます。
姿勢を正すだけで改善できるので、姿勢を正すクセを付けて食事や飲み物をのむようにしましょう。

・漢方薬で改善
呑気症は薬が効きにくいのですが、漢方薬なら頼りになります。
腹部満感や胃の不快感を改善させる漢方薬を飲むことで、呑気症改善へとみちびくことができます。
専門医に相談をして、漢方薬を処方してもらいましょう。

・リラックスできるサプリメント
呑気症はストレスも大きく影響を与えており、リラックスを心掛けることもとても重要です。
ストレスを改善させるサプリメントが色んなメーカから出ているので、試してみるとよいですよ。
飲んでいるだけでも精神的に楽になり、改善になるとも言われています。

いかがでしたでしょうか。
呑気症は、なるとつらいですよね・
それがストレスになり、さらに悪化してしまうこともあります。
まずはセルフケアで改善へとみちびき、楽になってみましょう。

郡山市桑野 呑気症のセルフケアで改善なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備