郡山市桑野 外反母趾の予防方法

【外反母趾の原因】

外反母趾といえば女性がなる場合が大半でしたが、近年は男性や子供にも発症しています。
現代病のような病気であり、昔より増えているのが現状です。
もちろん女性に多く、1:10の割合で女性に多いと言われています。
特に、若い女性に多い傾向があります。
外反母趾はあまりカッコよいものではないので、それを人に見せてしまうのは恥ずかしい事ですよね。

外反母趾は、なぜなってしまうのでしょうか。
その原因は、以下が挙げられます。

・足の筋肉の衰え
足にはある程度の筋肉が必要なのですが、現代の人は足の筋肉が低下している人が多い傾向があります。
それは、靴を履く機会が昔より多いからといわれています。
昔の人は裸足で過ごす時間が多く、その分足に筋肉が付きやすい状態でした。
現代の人は足の筋肉が発達しにくく、靭帯や筋が緩んでいた李弱かったりすることで、外反母趾を進行させやすい状態となっています。

・足を圧迫させる靴を履いている
外反母趾になりやすい原因の1番が、合わない靴での足への圧迫です。
窮屈なサイズの靴を履き続けることで、つま先に余計な圧がかかることで親指の付け根骨に圧がかかり出っ張ってしまいます。
ハイヒールやパンプスなどの窮屈な靴により、足に極度の圧迫感を与えています。

・歩き方の悪さ
歩き方の悪さは、現代人に増えてきています。
本来、歩く時はかかとから着地することが一般的です。
しかし、現代の人はつま先や足全体を地面に付けるような歩き方をしている人が多く、足の親指に負担がかかりやすい傾向があります。
そのため、自然に変形してしまい外反母趾となってしまいます。

・遺伝
外反母趾は、生まれつき遺伝による影響でなっている人もいます。
両親や親族に外反母趾の人がいると、なりやすい傾向があります。

【外反母趾の予防方法】

外反母趾は、日常生活で予防ができます。
どのような予防方法があるのか、ご紹介していきます。

・正しい歩き方をする
正しい歩き方をすることで、足の筋力が付いて外反母趾の予防となります。
大股で歩くようにして、かかとから着地して歩きましょう。

・自分の足に似合った靴を履く
サイズや横幅など、自分の足に似合った靴を履くようにしましょう。
残念ながら、パンプスやハイヒールは良くありません。
パンプスを吐いた後は、休みの日には足に負担を掛けないように過ごしましょう。

・足の指広げ体操をする
足の指を広げる体操で、足の親指の付け根に負担を掛けずに済みます。
足の指を思いっきり広げるだけで、外反母趾になりにくい状態になります。
両方の足の指を思いっきり開いて、足指のエクササイズをしましょう。

いかがでしたでしょうか。
外反母趾は、見た目にも良くありませんし、痛みも発してしまうので、いい事は全くありません。
外反母趾かなと思ったら、ケアで少しでも改善しましょう。
重度になると痛みがひどくなってしまい、歩く事も困難になってしまうこともあります。
外反母趾を改善して、人前に出しても恥ずかしくない足になりましょう。

郡山市桑野 外反母趾の予防方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう