郡山市桑野  膝蓋大腿関節症の症状

【膝蓋大腿関節症の原因と症状】

以下のような症状がある場合は、膝蓋大腿関節症の可能性があります。

・ヒザの疼痛
・ヒザの腫脹
・ヒザの熱感
・ジョギングで膝蓋骨周りに違和感や痛みを感じる
・階段の上り下りの際に違和感や痛みを感じる
・椅子から立ち上がる時に違和感や痛みを感じる
・膝蓋骨に引っかかり感を感じる
・膝の屈伸運動でゴリゴリと音が鳴る

膝蓋大腿関節症は、なぜ起きてしまうのでしょうか?
原因は、以下が挙げられます。

・加齢
年齢を増したことにより、ヒザにかかった大きな負担の蓄積で骨の表面の軟骨がすり減ってしまったことが原因です。
そのため、年齢を増した人に発症が多く、特に中高年の女性に多い疾患です。

・膝蓋骨の脱臼や亜脱臼
通常は、膝蓋骨は大腿骨にある溝にはまっており、その溝を滑るように動く性質となっています。
膝蓋骨が溝から外れる、若しくは溝から外れかけてしまうと、余計な摩擦力がかかってしまって軟骨がすり減ってしまいます。
発給や亜脱臼を繰り返すことで軟骨がどんどん傷んでしまい、悪化することで発生してしまいます。
激しいスポーツのし過ぎや、女性ホルモンの影響で発症してしまう場合もあります。

膝蓋大腿関節症をおこしやすい身体的特徴は、以下のような人が挙げられます。

・股関節の外転筋力が低下している人
・股関節外施筋力が低下している人
・外側広筋と内側広筋のバランスが良くない人
・膝蓋骨の外上方偏移の人
・膝関節の外反位の人
・足関節の外反位の人

これらの問題が起きている人は、膝蓋大腿関節の力学ストレスが強まってしまい、膝蓋大腿関節症が起きやすくなってしまいます。

【膝蓋大腿関節症の治療方法】

変形した関節やすり減ってしまった軟骨は、元に戻すことはできません。
それでは膝蓋大腿関節症は改善しないのかというと、そうではありません。
早めに適切な治療を受けることで、痛みや腫れの状態を軽くさせることができます。
放置しておくと悪化してしまい、歩行に支障をきたしてしまうこともあります。
そのため、少しでもおかしいと思ったら、すぐに適切な治療を受けるようにしましょう。

膝蓋大腿関節症の治療のポイントは、減量と筋力トレーニングです。

・減量
膝には、想像以上の体重の影響を与えています。
体重の3倍もの重さを与えており、体重が重いことは想像以上に重い荷重を膝に与えているということになります。
まずは、自分に似合った体重にするよう心がけましょう。
適切な食事にし、適度な運動も加えて体重を軽くしましょう。

・筋力トレーニング
筋力トレーニングをすることで、膝関節周りの筋肉を鍛えることができます。
筋肉を増やすことで、関節にかかる負担を減らすことができるのです。
太ももの前側の筋肉の、大腿四頭筋の強化をしていきましょう。
大腿四頭筋のトレーニング方法は、とても簡単です。
イスに深く座って、5秒ほどかけてゆっくり片足を垂直に上げます。
膝をしっかり伸ばした状態で、5秒ほど止まります。
そして、5秒くらいかけて片足を下ろします。
これを左右行い、1日10~15セット行っていきます。

・薬での治療
膝蓋大腿関節症の症状を悪化させないために、鎮痛消炎剤や湿布などの薬での治療も効果的です。
しかし、限定的な効果しか発揮しませんので、直接的な治療とはなりません。

以上の3つの治療を行っても症状が改善しない場合は、外的治療を行う場合もあります。

いかがでしたでしょうか。
膝の症状というのは、ケアをしても改善は期待できないと思っている人もいると思います。
しかし、軽度の状態でケアすることで軽度に抑えることができます。
今よりも楽な状態にして、アクティブな膝になりましょう。

郡山市桑野  膝蓋大腿関節症の症状なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備