郡山市桑野 急性腰痛

【ぎっくり腰はこんなきっかけで発生する】
ぎっくり腰は、急に「ギクッ」といった感じで腰に激痛が走ってしまい、動けなくなってしまう症状です。
突然の痛みで動けなくなってしまうので、困ってしまった経験がある人も多くいると思います。

ぎっくり腰というのは、急性で発生する腰痛で急性腰痛です。
腰を急激に使ったわけじゃなくても、微妙な角度でぎっくり腰って発生してしまうことがありますよね。
ぎっくり腰になってしまう原因というのは、急激な負荷が腰にかかったことで発生してしまいます。
以下のような行動により、ぎっくり腰になったという声は多く挙がっています。

・重い荷物を持ち上げようとした時
重い物を持ち上げようとするときは、腰に大きな負担をかけてしまいます。
重い物の重量と足を介して立ち上がる際に力が腰で交差してしまい、その交差する力によってぎっくり腰が起きやすい状態となってしまいます。

・低い位置の物を取ろうとした、若しくは置こうとした時
こちらもよくあることなのですが、低い位置にある決して重くないものを取ろうとしたり、置こうとした場合にぎっくり腰になってしまうパターンです。
重い物を持ち上げる時のように重たい重力はかかっていないように思えますが、この時も重さが大きく腰に影響を与えてしまいます。
低い物を取る際に手を伸ばして取る時には、自分の体を支えないといけません。
その時に発生してしまう上半身の体重が腰にかかってしまい、ぎっくり腰になってしまうのです。

・椅子から立ち上がろうとした時
椅子から立ち上がる時は、腰に大きな負担がかかります。
それによって、ぎっくり腰となってしまうことがあります。

・くしゃみをした
くしゃみをしたことで、上半身と下半身に急激な動きが発生してしまい、関節に瞬間的な回転力が生まれてしまいます。
その際関節や筋肉を傷めてしまい、ぎっくり腰としてしまうのです。

このような日常的なことによって、ぎっくり腰になってしまうことがあります。
ぎっくり腰にならないように、自分でできる予防方法を日常的に行うといいですよ。
【ぎっくり腰にならないためのセルフケア】
ぎっくり腰にならないためのセルフケアは、以下が挙げられます。

・体を冷やさない
体を冷やしていると、関節や筋肉が柔軟になりません。
ぎっくり腰が起きやすい体質となってしまいますので、体を温めるようにしましょう。
湯船に浸かったり、温湿布や貼るカイロなどを使って、腰を温めるといいですよ。

・大股歩きを行う
ぎっくり腰にはストレッチが効果的ですが、慣れていない人には難しいと思います。
そこでオススメなのが、大股歩きです。
大股歩きというのは立派なストレッチとなるので、とてもオススメです。
大股歩きをすることによって体の硬い部分が効果的に伸びるので、良いストレッチとなります。
ご近所をウォーキングして、体をほぐしましょう。

・腰に負担を掛けない生活をする
なるべく腰に負担を掛けない生活をして、ぎっくり腰になりにくい状態にしましょう。
起きる時は急激に起き上がらず、ゆっくり起き上がるようにしましょう、
また、顔を洗うなどの腰を曲げた動作の場合は、腰だけでなく膝も曲げて行うようにすると、腰への負担を少なくすることができますよ。
腰を曲げる際は膝も一緒に使うことで、かなりの負担が減ります。

 

郡山市桑野 急性腰痛なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備