郡山市桑野 椎間板ヘルニアの予防

【椎間板ヘルニアの原因】
椎間板ヘルニアは、椎間板の中になる髄液というゲル状の組織が、椎間板の外に出てしまった状態です。
椎間板の外に飛び出してしまったことで、神経が圧迫されてしまい様々な症状を引き起こしてしまいます。
背骨には頚椎、胸椎、腰椎があり、それぞれに椎間板があります。
中でも負担がかかりやすい、頸椎と腰椎にヘルニアが出やすい傾向があります。
足のしびれや腰痛などの症状が発生してしまい、挙句の果てには感覚がなくなってしまうこともある、軽く捉えてはいけない症状です。
20~40代の人に多く、男性に発症することが多い傾向があります。

椎間板ヘルニアになってしまう原因は、椎間板にかかってしまう強い圧力の影響です。
椎間板は10歳を過ぎたころから老化がはじまり、加齢に伴う椎間板の老化により発生します。
そのほか、椎間板に負荷をかけたことでも発生してしまい、以下のような原因で発症してしまうこともあります。

・急に重い物を持ち上げる
・中腰になることが多い
・激しいスポーツを行っている

これらが原因となることが多く、その他、喫煙、遺伝、精神面からの影響、仕事の姿勢なども深く関与していると言われています。

椎間板ヘルニアかなと思ったら、1度専門医に診てもらうことがオススメです。
検査は、MRIを使って行い、柔らかいヘルニアの組織を鮮明に映し出すことができます。
場合によってはCT検査や造影剤注射の検査を行うこともあります。
【椎間板ヘルニアの予防方法】
椎間板ヘルニアは、誰でもなりやすい症状です。
そのため、日常生活の中で予防することが大事となります。
以下のようなケアで、椎間板ヘルニアにならないように若しくは悪化させないようにしましょう。

・中腰の作業を控える
中腰の作業は、椎間板ヘルニアになりやすい腰回りとしてしまいます。
なるべく膝を使った形とし、中腰状態を緩和させましょう。

・重たい荷物を持たない
重たい荷物を持つと急激に負担がかかってしまい、椎間板ヘルニアになりやすい状態となってしまいます。
なるべく、重たい物を持つのは避けるようにしましょう。
どうしても重たい物を持つ場合は、膝を曲げて重たい物を持つようにしましょう。
腰だけではなく膝にも負担をかけることにより、椎間板に負担を与えにくくさせることができます。

・コルセットを使う
腰に負担を掛ける作業が多い人は、コルセットを使うようにしましょう。
コルセットで保護をすることで、腰に余計な負担をかけにくくさせることができます。

・腰回りに柔軟性を与える
腰への負担を掛けないようにするためには、負担に耐えられる体にすることもとても大事です。
下半身の筋肉を鍛えて、腰へ負担をかけにくい体にしましょう。
ちょっとした家の中で出来るストレッチでいいので、少しずつ筋肉を付けていくといいですよ。
急激に筋肉を付けようと、余計な負担が腰にかかってしまうことがありますので、あくまで少しずつ行っていくといいですよ。

 

郡山市桑野 椎間板ヘルニアの予防なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備