郡山市桑野 脊柱管狭窄症の治療方法

【脊柱管狭窄症の症状や原因】
脊柱管狭窄症は、脊髄が通るトンネル部分である脊柱管が、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出によって狭くなってしまうことで、脊髄が圧迫されてしまい腰の痛みや足のしびれなどを発症させてしまう症状です。
特に50代以上に多く、加齢により骨や靭帯が変性してしまうことで発生してしまうことが大半です。

脊柱管狭窄症の症状は、立っている時や歩いている時に発生する臀部の痛みや下肢の痛みです。
歩いたら痛みが出てきて、一定時間休むと症状が治まってまた歩くことができるというパターンです。
歩いている時に痛みやしびれなどの不具合が発生している場合は、脊柱管狭窄症の可能性があります。
おかしいなと思ったら、1度専門医の診察を受けることをオススメします。
似たような症状で違う病気の場合もあるので、まずは専門医に診てもらうことが大事となります。

脊柱管狭窄症になったら、放置しておいても症状は改善しません。
骨や靭帯の被膜が原因となっているので、放置していて悪化することがあっても改善することはありません。
そのため、少しでも変だと思ったら専門医に診てもらうべきといえます。
長い時間放置してしまうと、脊柱管狭窄症の症状が強くなってしまうことがあります。
悪化してしまうと歩行困難になってしまったりなど、手に負えない状態になってしまうこともあります。
軽度な状態のうちに、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。

脊柱管狭窄症の診察は、レントゲンである程度状態を把握することができます。
詳しく症状を確認する場合は、MRIや脊髄造影などの検査を行う場合もあります。
【脊柱管狭窄症の治療方法】
脊柱管狭窄症は、約70%の人が保存療法で改善すると言われています。
手術をしないと治らないというわけではありませんので、早めに治療を受けるようにしましょう。
ただし、悪化してしまうと手術となってしまいます。

脊柱管狭窄症は、以下のような保存方法で治療を受けるようにしましょう。

・薬物療法
血管を広げる内服薬や痛み止めなどの内服薬で、症状を緩和させていく方法です。
脊柱管狭窄症は神経の圧迫によって発生しますが、神経周りの血流障害も発生してしまいます。
血管を広げる薬により、状態を緩和させていきます。

・ブロック療法
症状が出ている部分の神経痛や関節痛に対して、局所麻酔やステロイドなどを注入します。
一時的に痛みが緩和したり、血管の収縮や筋肉の緊張を抑える効果も発揮します。

・装具装置
腰部分の安静や前屈の保つために、装具を装着することもあります。
コルセットなどの装具が一般的であり、脊柱管狭窄症に適したコルセットを専門医があっせんしてくれます。

・リハビリテーション
物理療法や運動療法によりリハビリにより、脊柱管狭窄症の症状を改善していく方法です。
病院や整骨院、接骨院にあるリハビリ器具を利用し、行っていきます。

これらの保存療法で改善しなかった場合は、手術療法の選択となります。

郡山市桑野 脊柱管狭窄症の治療方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう