郡山市桑野 急性腰痛症ことぎっくり腰

【急性腰痛症になった時の対応ポイント】
急性腰痛症とは、いわゆる「ぎっくり腰」のことを指します。
「ぎっくり腰」というのは病名ではなく、病院で診てもらうと「急性腰痛症」と診断されることが大半です。

急性腰痛症ことぎっくり腰は、急にやってきますよね。
そのため、いざなってしまうと戸惑ってしまう人も多くいらっしゃいます。
急性腰痛症ことぎっくり腰になってしまった場合は、以下のようなポイントで対応するようにしましょう。

・急性腰痛症ことぎっくり腰になってもあせらない
急性腰痛症ことぎっくり腰は想像以上に動けなくなるので、どうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。
急性腰痛症ことぎっくり腰になってしまっても、無理してすぐに動こうとはしないようにしましょう。
なってしまったばかりの時は痛みが物凄く強いので、動くことがむずかしい場合が大半です。
そんな時は無理して動かずに、動けるようになるまでその場にいるようにしましょう。
急性腰痛症ことぎっくり腰は文字通り急性ですので、少し時間が経つと症状が和らいでいきます。
数分経って症状が和らいでから、動くようにすればよいのです。

・症状が安定するまで横になる
動けるようになったら布団を敷いて、症状が安定するまで横になって様子をみましょう。
急性腰痛症ことぎっくり腰になった時の安静方法で1番適しているのが、膝や股関節を曲げてエビのような状態で横になることです。
この状態が腰に1番負荷をかけにくく、症状が早く改善しやすくなります。
一般的に、2~3日でよくなっていきますよ。

・患部を冷やす
急性腰痛症ことぎっくり腰は、痛い部分を冷やすこともとても効果的と言われています。
アイスノンや冷湿布などを使って、患部を冷やしましょう。
急性腰痛症ことぎっくり腰になった当日は、入浴は控えることをオススメします。
温めると痛みが増してしまうことがありますので、十分注意しましょう。

このように安静にして、症状が良くなって来たら少しずつ動いて関節を柔軟にさせることで、早く回復させることができます。
【急性腰痛症ことぎっくり腰で診察を受けた方が良い場合とは】
急性腰痛症ことぎっくり腰は自然治癒で改善しやすい症状なのですが、まれに重度の場合は安静では改善しない場合があります。
2~3日安静にしても全く改善しない場合は、専門医に診てもらうことをオススメします。

あまりにも改善しない場合は、他の理由により症状が起きている可能性もあります。
椎間板ヘルニアや脊髄すべり症、何らかの腫瘍が影響していることもあります。

病院で診察を受けてただの急性腰痛症ことぎっくり腰とわかった場合は、病院よりも整骨院や接骨院の方が治療に適しているといえます。
整骨院や接骨院は患部に直接治療を行いますので、症状が緩和しやすい傾向があります。
他に原因がなく長く治らない場合は、整骨院や接骨院での診察も考えてみるといいですよ。
整骨院や接骨院は家から近い場合も多いので、急性腰痛症ことぎっくり腰の人でも楽に通うことができますよ。

 

郡山市桑野 急性腰痛症ことぎっくり腰なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう