郡山市桑野 変形性脊椎症の診察

【変形性脊椎症の症状と原因】
変形性脊椎症は病気というものではなく、加齢により誰もが発症してしまう症状です。
加齢になると椎間板の水分がどんどん減ってしまい、上下にある椎体がぶつかりやすくなってしまいます。
椎体がぶつかりやすくなることで、こすれて変形してしまい、一部分がとがってトゲのようになってしまうことがあります。
このトゲが背骨を走っている神経を圧迫してしまうことで、刺激と痛みが発生してしまう症状が、変形性脊椎症です。
トゲが発生していても、それが神経を圧迫していなければ症状は出ません。
トゲの変形が進み過ぎて高度になってしまうと、慢性疼痛や可動域制限が発生してしまいます。

変形性脊椎症は同じ姿勢でいて動きを変えると痛みが発することが多く、朝起き上がった時や同じ姿勢で何時間も仕事をした後などに、症状が発生しやすい傾向があります。
加齢により発生しやすいので、40代以降の男女に発生することが多くあります。

変形性脊椎症のリスクが高くなってしまう人は、以下のような人が挙げられます。

・重い物を持つ事が多い人
・喫煙者
・糖尿病の人
・閉経後の女性
・運動不足の人

これらに当てはまる人は、変形性脊椎症のリスクが高くなると言われています。

変形性脊椎症の診察は、レントゲンで判断します。
症状によっては、MRIでの検査が必要になる場合もあります。
【変形性脊椎症の治療方法と予防方法】
変形性脊椎症の治療方法は、無症状の場合は治療の必要がありません。
そのため、痛みなどの症状が出てきている場合に治療とします。
変形性脊椎症の治療は、これらの方法があります。

・コルセット治療
症状が起きている部位にコルセットを装着して、症状を緩和させる方法です。
コルセットで固定して安静状態にすることで、楽になっていきます。

・薬物療法
痛みが強い場合は、消炎鎮痛剤などの痛み止めを使います。

・体操療法
変形性脊椎症の症状が重度ではない場合は、体操や運動で鍛えて症状を緩和させていきます。
医師の指導のもとで行う運動で、改善へとみちびくことができます。
自己流の運動では改善しないので、勘違いしないようにしましょう。

また、変形性脊椎症は予防も可能です。
以下のような方法で、変形性脊椎症を予防しましょう。

・日頃から体を動かす
変形性脊椎症は筋肉が弱くなる事で発症しやすくなるので、運動不足では変形性脊椎症になってしまう可能性もあります。
日頃から軽い運動を心掛けて、筋肉を弱めないようにしましょう。
ウォーキングなどの、軽い運動でOKです。

・喫煙をしない
喫煙は、変形性脊椎症になってしまう確率を高めてしまいます。
禁煙をして、変形性脊椎症になりにくい状態にしましょう。

・重い物を持つ事を極力避ける
重い物を持つと腰に大きな負担がかかってしまうので、変形性脊椎症になりやすくなってしまいます。
重い物を持つ事は他の誰かに任せて、思い物を持たないといけない場合は膝を曲げて上手に持つようにしましょう。

 

郡山市桑野 変形性脊椎症の診察なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう