郡山市桑野 変形性腰椎症の痛みの症状

【変形性腰椎の症状や原因】
変形性腰椎症は、加齢により椎間板痛んでしまったり、骨が変形してしまうことで痛みが出てしまう症状です。
椎間板が変形してしまい、骨の一部が変形してしまい骨棘となってしまい、それが神経に触れていた意味を発生させてしまいます。
加齢による骨の変形というのは人それぞれですが、若い頃に力仕事をしていた人が椎間板に負荷がかかっており、年齢を増すと痛みの症状が出てくるパターンが1番多いです。

変形性腰椎症の痛みの症状は腰から臀部の広い範囲に発生して、だるさ、重さ、鈍い痛さ、しびれ、冷感などの症状が出ます。
変形性腰椎症が悪化してしまうと、腰部脊柱管狭窄症に発展してしまうこともあります。
腰部脊柱管狭窄症になってしまうと、休み休みじゃないと歩くことができなくなってしまうこともあります。

腰に異常を感じたら、1度専門医に診てもらうことをオススメします。
【変形性腰椎症の治療方法や予防方法】
変形性腰椎症は、以下のような治療方法となります。

・温熱療法
腰を温めることで、症状が和らぎます。
湯船に浸かったり温湿布を張ったりなど、患部を温めるようにしましょう。
間違っても薄着はせず、暖かい格好で過ごすようにしましょう。

・運動療法
腰痛体操など体操を行うことで、腰のまわりの筋肉を鍛えて変形性腰椎症の症状を改善へとみちびくことができます。
血流も良くなるので、痛みも緩和していきます。
整形外科や整骨院、接骨院でも教えてくれますので、是非チャレンジしてみましょう。

・薬物療法
炎症や痛みを抑えるために、消炎鎮痛剤や筋弛緩薬、末梢循環改善薬、向神経ビタミン剤などを使用します。
薬はあくまで症状を抑えるためのものですので、症状緩和にはなりません。

また、変形性腰椎症は日常の予防方法もとても大事となります。
以下のようなポイントに気を付けて、変形性腰椎症が起きにくい状態にしましょう。

・座る時や立ち上がる時に気を付ける
座る際や立ち上がる際に腰に負担を掛けないことで、変形性腰椎症になりにくくすることができます。
長い時間同じ姿勢でいて急に動くと、腰に大きな負担をかけてしまいます。
座る時や立ち上がる時は、ゆっくり動くようにしましょう。

・家事で腰に負担を掛けない
毎日行う家事も、腰に大きな負担をかけてしまいます。
同じ作業を繰り返していることで腰に負荷がかかってしまいますので、家事の合間に休憩を入れるようにしましょう。

・日頃から運動して筋肉をほぐす
変形性腰椎症になりにくくする為には、適度な筋肉を付けておくこともとても重要となります。
家でできる手軽な運動でいいので、常に行うようにしましょう。
ウォーキングでもいいですし、腹筋や背筋などでもOKです。
変形性腰椎症は後ろに背中を反らす動作は悪化を招くので、それだけは絶対に避けるようにしましょう。

これらの予防で、簡単に変形性腰椎症予防とすることができます。
変形性腰椎症は慢性化してしまうこともあるので、なりにくい体を作ることも大事となります。

 

郡山市桑野 変形性腰椎症の痛みの症状なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備