郡山市桑野 変形性股関節症末期の治療

【変形性股関節症の原因や症状】
変形性股関節症は、先天性や後天性の病気やケガにより関節軟骨の破壊や変形が発生した状態です。
関節軟骨の破壊や変形になってしまうと、修復することは難しくなってしまいます。
ただし、早い段階の治療であれば、適切な処置を行うことで進行を遅らせることができます。

変形性股関節症は、各段階において以下のような症状が発生します。

・初期
初期の段階では、関節の軟骨が傷つくことで関節の隙間がほんの少し狭くなります。
この影響により、股関節以外にお尻や太もも、ひざに痛みが発生してしまうことがあります。
股関節以外に症状が出るので、変形性股関節症と気が付かない場合もあるようです。
長時間の歩行や運動後に痛みが現れ、お尻やふともも、ひざに痛みやこわばりが発生します。

・進行期
進行期は、関節の軟骨が広い範囲で変形や摩耗してしまい、関節の隙間がかなり狭くなってしまいます。
レントゲンでは、骨嚢胞や骨棘などが現れてきます。
痛みが慢性化しはじめ、歩くことにも支障をきたしてきます。
股関節の動く範囲が狭くなってしまい、脚の筋力が落ちてきてしまい、日常的に痛みが発生するようになって歩行に障害が発生します。

・末期
末期になってしまうと、関節の軟骨はほとんどなくなってしまうので、関節の隙間が無くなります。
レントゲンで観ると、股関節に著しい変形が見られるようになります。
筋力が落ちてしまいお尻や太ももが細くなってしまい、左右の脚の長さに違いが出てしまうこともあります。

このように、症状が悪くなると大変な状態になってしまうので、早めの治療で生活に支障を与えないようにしましょう。
【変形性股関節症の治療方法】
変形性股関節症の治療方法は、症状別にこのような方法となります。

・初期
保存療法となり、薬物療法で痛みを取り除くという内容となります。
また、足腰に負担をかけないように、減量をすることも大事となります。
股関節にかかる体重の影響は想像以上であり、片足で立っただけでも体重の3倍物重みがかかると言われています。
体重は股関節に負担を抱える大きな原因となるので、身長に見合った体重へとコントロールしましょう。

・進行期
保存療法となり、痛み止めなどの薬物療法、軽い筋力強化訓練、温熱療法などを行います。
疼痛がひどい場合は、人工股関節置換手術を行うこともあります。

・末期
末期の治療は、人工股関節置換手術が主となります。
痛みや歩行に大きな改善が期待できるので、かなり良くなります。

また、共通していえるのが、日常生活の見直しをすることです。
股関節や下肢への負担になる生活習慣を避け、変形性股関節症の症状を改善へとみちびきましょう。
思い物を持たない、長歩きをしない、長時間立ちっぱなしにならないなど、股関節への負担を極力軽くしましょう。
仕事を止めたら急に痛みが楽になった、という話はよくある話です。

末永く元気に過ぎすためには、股関節はとても重要な部分です。
おかしいなと思ったら、放置せずに専門医に相談をしましょう。

 

郡山市桑野 変形性股関節症末期の治療なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備