カテゴリー別アーカイブ: 郡山市桑野 整体情報

郡山市桑野 椎間板ヘルニアの予防

【椎間板ヘルニアの原因】
椎間板ヘルニアは、椎間板の中になる髄液というゲル状の組織が、椎間板の外に出てしまった状態です。
椎間板の外に飛び出してしまったことで、神経が圧迫されてしまい様々な症状を引き起こしてしまいます。
背骨には頚椎、胸椎、腰椎があり、それぞれに椎間板があります。
中でも負担がかかりやすい、頸椎と腰椎にヘルニアが出やすい傾向があります。
足のしびれや腰痛などの症状が発生してしまい、挙句の果てには感覚がなくなってしまうこともある、軽く捉えてはいけない症状です。
20~40代の人に多く、男性に発症することが多い傾向があります。

椎間板ヘルニアになってしまう原因は、椎間板にかかってしまう強い圧力の影響です。
椎間板は10歳を過ぎたころから老化がはじまり、加齢に伴う椎間板の老化により発生します。
そのほか、椎間板に負荷をかけたことでも発生してしまい、以下のような原因で発症してしまうこともあります。

・急に重い物を持ち上げる
・中腰になることが多い
・激しいスポーツを行っている

これらが原因となることが多く、その他、喫煙、遺伝、精神面からの影響、仕事の姿勢なども深く関与していると言われています。

椎間板ヘルニアかなと思ったら、1度専門医に診てもらうことがオススメです。
検査は、MRIを使って行い、柔らかいヘルニアの組織を鮮明に映し出すことができます。
場合によってはCT検査や造影剤注射の検査を行うこともあります。
【椎間板ヘルニアの予防方法】
椎間板ヘルニアは、誰でもなりやすい症状です。
そのため、日常生活の中で予防することが大事となります。
以下のようなケアで、椎間板ヘルニアにならないように若しくは悪化させないようにしましょう。

・中腰の作業を控える
中腰の作業は、椎間板ヘルニアになりやすい腰回りとしてしまいます。
なるべく膝を使った形とし、中腰状態を緩和させましょう。

・重たい荷物を持たない
重たい荷物を持つと急激に負担がかかってしまい、椎間板ヘルニアになりやすい状態となってしまいます。
なるべく、重たい物を持つのは避けるようにしましょう。
どうしても重たい物を持つ場合は、膝を曲げて重たい物を持つようにしましょう。
腰だけではなく膝にも負担をかけることにより、椎間板に負担を与えにくくさせることができます。

・コルセットを使う
腰に負担を掛ける作業が多い人は、コルセットを使うようにしましょう。
コルセットで保護をすることで、腰に余計な負担をかけにくくさせることができます。

・腰回りに柔軟性を与える
腰への負担を掛けないようにするためには、負担に耐えられる体にすることもとても大事です。
下半身の筋肉を鍛えて、腰へ負担をかけにくい体にしましょう。
ちょっとした家の中で出来るストレッチでいいので、少しずつ筋肉を付けていくといいですよ。
急激に筋肉を付けようと、余計な負担が腰にかかってしまうことがありますので、あくまで少しずつ行っていくといいですよ。

 

郡山市桑野 椎間板ヘルニアの予防なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 急性腰痛

【ぎっくり腰はこんなきっかけで発生する】
ぎっくり腰は、急に「ギクッ」といった感じで腰に激痛が走ってしまい、動けなくなってしまう症状です。
突然の痛みで動けなくなってしまうので、困ってしまった経験がある人も多くいると思います。

ぎっくり腰というのは、急性で発生する腰痛で急性腰痛です。
腰を急激に使ったわけじゃなくても、微妙な角度でぎっくり腰って発生してしまうことがありますよね。
ぎっくり腰になってしまう原因というのは、急激な負荷が腰にかかったことで発生してしまいます。
以下のような行動により、ぎっくり腰になったという声は多く挙がっています。

・重い荷物を持ち上げようとした時
重い物を持ち上げようとするときは、腰に大きな負担をかけてしまいます。
重い物の重量と足を介して立ち上がる際に力が腰で交差してしまい、その交差する力によってぎっくり腰が起きやすい状態となってしまいます。

・低い位置の物を取ろうとした、若しくは置こうとした時
こちらもよくあることなのですが、低い位置にある決して重くないものを取ろうとしたり、置こうとした場合にぎっくり腰になってしまうパターンです。
重い物を持ち上げる時のように重たい重力はかかっていないように思えますが、この時も重さが大きく腰に影響を与えてしまいます。
低い物を取る際に手を伸ばして取る時には、自分の体を支えないといけません。
その時に発生してしまう上半身の体重が腰にかかってしまい、ぎっくり腰になってしまうのです。

・椅子から立ち上がろうとした時
椅子から立ち上がる時は、腰に大きな負担がかかります。
それによって、ぎっくり腰となってしまうことがあります。

・くしゃみをした
くしゃみをしたことで、上半身と下半身に急激な動きが発生してしまい、関節に瞬間的な回転力が生まれてしまいます。
その際関節や筋肉を傷めてしまい、ぎっくり腰としてしまうのです。

このような日常的なことによって、ぎっくり腰になってしまうことがあります。
ぎっくり腰にならないように、自分でできる予防方法を日常的に行うといいですよ。
【ぎっくり腰にならないためのセルフケア】
ぎっくり腰にならないためのセルフケアは、以下が挙げられます。

・体を冷やさない
体を冷やしていると、関節や筋肉が柔軟になりません。
ぎっくり腰が起きやすい体質となってしまいますので、体を温めるようにしましょう。
湯船に浸かったり、温湿布や貼るカイロなどを使って、腰を温めるといいですよ。

・大股歩きを行う
ぎっくり腰にはストレッチが効果的ですが、慣れていない人には難しいと思います。
そこでオススメなのが、大股歩きです。
大股歩きというのは立派なストレッチとなるので、とてもオススメです。
大股歩きをすることによって体の硬い部分が効果的に伸びるので、良いストレッチとなります。
ご近所をウォーキングして、体をほぐしましょう。

・腰に負担を掛けない生活をする
なるべく腰に負担を掛けない生活をして、ぎっくり腰になりにくい状態にしましょう。
起きる時は急激に起き上がらず、ゆっくり起き上がるようにしましょう、
また、顔を洗うなどの腰を曲げた動作の場合は、腰だけでなく膝も曲げて行うようにすると、腰への負担を少なくすることができますよ。
腰を曲げる際は膝も一緒に使うことで、かなりの負担が減ります。

 

郡山市桑野 急性腰痛なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 坐骨神経痛改善方法

【坐骨神経痛の症状や原因】
坐骨神経痛とは、坐骨神経という腰から足に伸びている神経が様々な原因により圧迫や刺激を受けることによって発生する、痛みやしびれの症状です。
中高年の方に発生することが多く、以下のような場所に鋭いしびれや痛みの症状が出ます。

・お尻
・太もも
・すね
・ふくらはぎ
・足

これらの部位に、鋭い痛みやしびれ、張り、冷感、灼熱感、締め付け感などの症状が発生します。
一部分に症状が出ることもあれば、足全体に症状が出ることもあります。

坐骨神経痛という名称は、病名ではなく症状です。
原因となる病名が他にあり、他の病気からの影響によって発生してしまうことが大半です。
よくあることといえば腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛などがあり、この2つの病気からの影響が大半です。
その他にも、変形性腰椎症、腰椎分離症、すべり症、梨状筋症候群、外傷により圧迫、帯状疱疹などからも、坐骨神経痛が発症する場合があります。

軽度な坐骨神経痛の場合、そのうち治ると放置してしまう人も少なくないようです。
しかし、坐骨神経痛というのは悪化してしまうと大変厄介になってしまいます。
歩行困難になったり、座っていられなくなることもあり、ひどくなってしまうと排泄にも障害が出てしまうことがあります。
安静にしていても症状が改善しない場合は、1度専門医に診てもらうようにしましょう。
【坐骨神経痛改善方法】
坐骨神経痛かなと思ったら、以下のような対処方法を行ってみましょう。

・重い物を持たない
重い物を持つと、足腰に大きな負担をかけてしまいます。
なるべく重い荷物は持たないようにし、誰かに頼んで持ってもらうようにしましょう。

・長時間同じ姿勢を取らない
仕事などで長時間同じ姿勢を取っていると、足腰に大きな負担がかかってしまいます。
同じ姿勢で長時間仕事をしないといけない場合は、1時間ごとに休憩を取って体を動かしてほぐすようにしましょう。

・激しい運動は避ける
激しい運動は、足腰に大きな影響を与えてしまいます。
ある程度の動きは問題ありませんが、極端に激しい運動は絶対に避けるようにしましょう。

・太っている人は体重を減らす
体の重さは、足腰の関節に大きな負担をかけてしまいます。
ご自分の身長に診合って以内体重の場合は、ダイエットをして体重を減らすようにしましょう。
食事制限より、動かす方が体に負担を掛けない理想のダイエットとすることができますよ。
少しずつでいいので、運動で体重を減らしていきましょう。

・腰回りに筋肉を付ける
関節に負担を掛けないためには、筋肉強化で負担を軽くしましょう。
スクワットなどの簡単な筋トレでいいので、腰まわりを強化してみましょう。
あまり頑張りすぎると足腰に負担がかかるので、徐々に筋肉を付けていくといいですよ。

・患部や関節を冷やさない
患部や関節を冷やすと、痛みが出やすい状態としてしまいます。
なるべく温めるようにし、痛みをやわらげるようにすると楽になっていきますよ。
温浴や貼るカイロ、温湿布などを利用して、なるべく温めるようにしましょう。

このような、自分でもできる対処方法で、坐骨神経痛を楽にしてみましょう。
坐骨神経痛を悪化させず、痛みに悩まない状態へとみちびきましょう。

 

郡山市桑野 坐骨神経痛改善方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野  膝蓋大腿関節症の症状

【膝蓋大腿関節症の原因と症状】

以下のような症状がある場合は、膝蓋大腿関節症の可能性があります。

・ヒザの疼痛
・ヒザの腫脹
・ヒザの熱感
・ジョギングで膝蓋骨周りに違和感や痛みを感じる
・階段の上り下りの際に違和感や痛みを感じる
・椅子から立ち上がる時に違和感や痛みを感じる
・膝蓋骨に引っかかり感を感じる
・膝の屈伸運動でゴリゴリと音が鳴る

膝蓋大腿関節症は、なぜ起きてしまうのでしょうか?
原因は、以下が挙げられます。

・加齢
年齢を増したことにより、ヒザにかかった大きな負担の蓄積で骨の表面の軟骨がすり減ってしまったことが原因です。
そのため、年齢を増した人に発症が多く、特に中高年の女性に多い疾患です。

・膝蓋骨の脱臼や亜脱臼
通常は、膝蓋骨は大腿骨にある溝にはまっており、その溝を滑るように動く性質となっています。
膝蓋骨が溝から外れる、若しくは溝から外れかけてしまうと、余計な摩擦力がかかってしまって軟骨がすり減ってしまいます。
発給や亜脱臼を繰り返すことで軟骨がどんどん傷んでしまい、悪化することで発生してしまいます。
激しいスポーツのし過ぎや、女性ホルモンの影響で発症してしまう場合もあります。

膝蓋大腿関節症をおこしやすい身体的特徴は、以下のような人が挙げられます。

・股関節の外転筋力が低下している人
・股関節外施筋力が低下している人
・外側広筋と内側広筋のバランスが良くない人
・膝蓋骨の外上方偏移の人
・膝関節の外反位の人
・足関節の外反位の人

これらの問題が起きている人は、膝蓋大腿関節の力学ストレスが強まってしまい、膝蓋大腿関節症が起きやすくなってしまいます。

【膝蓋大腿関節症の治療方法】

変形した関節やすり減ってしまった軟骨は、元に戻すことはできません。
それでは膝蓋大腿関節症は改善しないのかというと、そうではありません。
早めに適切な治療を受けることで、痛みや腫れの状態を軽くさせることができます。
放置しておくと悪化してしまい、歩行に支障をきたしてしまうこともあります。
そのため、少しでもおかしいと思ったら、すぐに適切な治療を受けるようにしましょう。

膝蓋大腿関節症の治療のポイントは、減量と筋力トレーニングです。

・減量
膝には、想像以上の体重の影響を与えています。
体重の3倍もの重さを与えており、体重が重いことは想像以上に重い荷重を膝に与えているということになります。
まずは、自分に似合った体重にするよう心がけましょう。
適切な食事にし、適度な運動も加えて体重を軽くしましょう。

・筋力トレーニング
筋力トレーニングをすることで、膝関節周りの筋肉を鍛えることができます。
筋肉を増やすことで、関節にかかる負担を減らすことができるのです。
太ももの前側の筋肉の、大腿四頭筋の強化をしていきましょう。
大腿四頭筋のトレーニング方法は、とても簡単です。
イスに深く座って、5秒ほどかけてゆっくり片足を垂直に上げます。
膝をしっかり伸ばした状態で、5秒ほど止まります。
そして、5秒くらいかけて片足を下ろします。
これを左右行い、1日10~15セット行っていきます。

・薬での治療
膝蓋大腿関節症の症状を悪化させないために、鎮痛消炎剤や湿布などの薬での治療も効果的です。
しかし、限定的な効果しか発揮しませんので、直接的な治療とはなりません。

以上の3つの治療を行っても症状が改善しない場合は、外的治療を行う場合もあります。

いかがでしたでしょうか。
膝の症状というのは、ケアをしても改善は期待できないと思っている人もいると思います。
しかし、軽度の状態でケアすることで軽度に抑えることができます。
今よりも楽な状態にして、アクティブな膝になりましょう。

郡山市桑野  膝蓋大腿関節症の症状なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 肩甲骨はがしの方法

【肩甲骨はがしは良い事ばかり】

肩甲骨はがしは、知らない人には不思議なネーミングに聞こえるかもしれません。
背中のストレッチ方法であり、しつこい肩こりに利くと大変人気があります。
TV等のメディアでも扱われており、注目の背中のストレッチ方法なのです。

肩甲骨というのは動かしやすい骨なのですが、様々な影響により肩甲骨のまわりがガッチリ固まってしまい、その影響で肩こりを発生してしまいます。
肩甲骨まわりの筋肉をほぐすことで、肩こりが楽になっていくのです。

肩コリの改善といえば肩を直接もみますが、実は肩こりの解消方法としては持続性がありません。
しかも、肩甲骨はがしは、意外と簡単に行うことができます。
そのため、誰でも簡単にできるストレッチ方法なのです。
肩甲骨のまわりが固くなってしまうと、肩こり以外にも以下のような症状が起きてしまいます。

・頭痛
・耳鳴り
・めまい
・自律神経失調症
・胃腸の不調
・便秘
・姿勢の悪さ
・顔色の悪さ
・痩せにくい

このように、肩甲骨とは全く関係ない部分の不調も発揮してしまいます。

肩甲骨はがしは、肩こりの改善以外にも注目されているポイントがあります。
それは、ダイエット効果があるということです。
肩甲骨まわりが固まっているということは、老廃物も溜まっているということになります。
溜まってしまった老廃物は、むくみの原因となってしまいます。
そのため、痩せにくい体質になってしまうのです。
肩甲骨はがしを行うことで老廃物の溜まりが改善していくので、むくみが改善してダイエット効果を発揮するという流れです。
そのため、肩甲骨はがしは、ダイエットに興味がある若い女性にも注目されています。

【肩甲骨はがしの方法】

肩甲骨はがしと聞くと、なんだか難しそうと思うかもしれません。
肩甲骨はがしはいたって簡単ですので、誰でも簡単にできます。
まずは少しずつ行っていき、徐々に肩甲骨をほぐすようにしましょう。
簡単な肩甲骨はがしの方法を、ご紹介します。

①大きな物を抱えるように、体の前で両腕で大きな輪っかを作ります。
この時、背中は思いっきり後ろに引いて丸めます。
前のめりになっているので、肩甲骨が離れて広がった状態になっています。

②両腕を後ろに持っていき、体の後ろで手をつなぎます。
そして、背筋をピンと伸ばしながら斜め上を見ます。
先程とは逆で、肩甲骨は閉じている状態です。

③その状態のまま、体を前に倒して、後ろで繋いでいる腕を上下左右に大きく揺らします。
上下左右の動きを、それぞれ20秒ずつ行います。

この流れを、3回繰り返します。
肩甲骨が効率よく動くことで、背中や首、肩、腕に刺激が入ります。
血流が良くなるので、コリが改善しますよ。

いかがでしたでしょうか。
肩甲骨はがしは、肩こりの改善を発揮してダイエット効果も発揮してくれます。
いい事づくしなので、絶対やるべきストレッチですよ。
最初は緩やかに行っていき、徐々にペースを上げていくといいですよ。
体全体がスッキリしていくので、アクティブな体になれること間違いなしです。

郡山市桑野 肩甲骨はがしの方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 仙腸関節炎のつらさ

【仙腸関節炎の症状や原因】

仙腸関節炎の症状は、仙腸関節部分を中心とした痛みが発生することが大半です。
また、臀部や足の付け根、下肢などにも痛みが発生する場合もあります。
ぎっくり腰になってしまうのは、仙腸関節の捻挫が原因となっている場合があります。
そう考えると、仙腸関節炎に悩んでいる人というのは数多くいるということになりますよね。

仙腸関節炎は、女性に多い傾向があります。
中腰で作業をしたり重い荷物を持ったり、生理の際の影響、出産後の骨盤のズレにより発生することがあるので、女性に多い傾向があるようです。

仙腸関節炎は、以下のような症状が発生します。

・椅子に長い時間座っていられない
・仰向けに寝ることができない
・痛い方を下にして寝ることができない
・歩き始めに痛みを感じる
・立ち仕事からかがむことができない
・腰やお尻がだるくなる
・骨盤の真ん中ら辺に痛みを感じる
・車を運転していると重くだるい感じになる

この様な症状がある場合は、仙腸関節炎の可能性があります。

仙腸関節炎になってしまう原因は、仙腸関節がねじれていたりズレていることが原因です。

【仙腸関節炎の予防と治療方法】

仙腸関節炎にならないためには、仙腸関節炎の予防方法をすることが大事となります。
どのような予防方法が有効的なのか、ピックアップしてご紹介します。

・腰を温める
患部を温めることで、血行が良くなり痛みが発生しにくい状態にすることができます。
湯船にゆっくり浸かって温めると、効果的ですよ。
また、カイロで温めるのも効果的です。
カイロは、下着の上から貼ると良いですよ。

・腰回りの運動不足を改善する
腰回りの運動不足を改善させることで、仙腸関節部分に余計な負担を与えにくくさせることができます。
ウォーキングや簡単なストレッチを行うクセを付けて、腰回りの運動不足を改善させましょう。
大げさな運動は不要なので、簡単な運動で筋肉を付けるとよいですよ。
特にウォーキングが効果的であり、仙腸関節を効果的にほぐすことができます。

この2つのケアで、仙腸関節炎になりにくい状態になることができます。

また、もし仙腸関節炎になってしまった場合、オススメの治療は整体です。
その理由は、体のゆがみと仙腸関節炎には大きな関係があるからです。
体にゆがみが発生していることで、緊張が発生してしまいます。
緊張により仙腸関節炎になりやすい状態になるので、緊張を無くすことで仙腸関節炎になりにくい状態になります。
整体は体の歪みを改善へとみちびくので、体内に発生している緊張をほぐすことができます。
よって、効果的な仙腸関節炎改善となるのです。
仙腸関節炎の症状に悩んでいる人は、整体でほぐしてもらうことが1番の改善への近道といえます。

いかがでしたでしょうか。
仙腸関節炎は、ある程度の予防でなりにくい状態にすることができます。
また、仙腸関節炎の改善方法は、整体で体のゆがみを改善させることが1番のオススメ治療です。
効果的な治療方法で、仙腸関節炎のつらさをスッキリ改善させましょう。

郡山市桑野 仙腸関節炎のつらさなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 TFCC損傷の原因

【TFCC損傷の原因】

物を投げようとすると手首に痛みが走る、物を持つと手首に痛みが出る、手首の痛みとして多くなってきているのが、TFCC損傷です。
TFCC損傷とは、手の小指側に痛みが発してしまう症状です。
手首の小指側に痛みは最初は軽度ですが、時には辛い痛みになってしまうこともあります。
TFCC損傷は何故起きてしまうのか、その原因は以下が挙げられます。

・加齢
加齢により筋肉に柔軟性が無くなることで、軟骨がすり減り痛みが発生してしまいます。

・生まれつき尺骨が長い
尺骨が生まれつき長い場合は、TFCC損傷になりやすい傾向があります。

・ケガやスポーツによる外力
スポーツやケガによって手首に外力がかかることで、TFCC損傷が発生してしまう場合があります。
テニスや野球、ゴルフ、バスケットボール、バレーボール、ラグビー、器械体操などの運動をしている人に多くあります。
近年では、パソコン作業や家事でもTFCC損傷になってしまう人もいます。
今や、激しいスポーツをしている人しかならない状態ではありません。
誰でもなることがある、厄介な状態なのです。

ただの痛みだと放っておくと、後遺症が残りやすい厄介な症状です。
また、TFCC損傷の手をかばおうとしてもう片方の手を酷使してしまい、両手ともに痛みを発してしまうというパターンも少なくありません。
そのため、一定の期間で改善しない場合は、ケアや治療が必要となります。
そのうち治るだろうと思わず、おかしいと思ったら改善へとみちびくようにしましょう。

【TFCC損傷の改善方法】

TFCC損傷の改善方法は、以下の方法があります。

・固定して安静
軽度のTFCC損傷の場合は、スポーツなどの動きを休止して、テーピングやサポーターで固定して安静にします。
手首に負担をかけないようにし、安静にすることで楽になっていきます。
基本的には、固定して安静にする保存療法でケアをしていきます。
軽度であれば、固定して安静にするだけで改善します。

・電気治療
整形外科や整骨院で、電気治療にて症状を緩和させることができます。

・痛み止め
痛みや炎症が強い場合は、痛み止めで注射をして状態を改善させます。
ただし、痛み止めなので一時的な痛みの取り除きにしかなりません。

・マッサージ
患部のまわりをマッサージすることで、痛みが改善していきます。
もちろんどんなマッサージでもよいわけでなく、専門的なマッサージが必要となります。
整骨院などでマッサージをしてもらうことで、かなり楽になりますよ。

・手術
安静や痛み止めで改善しない場合は、手術をして改善へとみちびきます。
1週間程度の入院となり、その後1カ月くらいはギブスで固定した生活となります。
軽度な状態でケアをして改善しておけば、手術はしなくて済みます。

いかがでしたでしょうか。
TFCC損傷は、軽度な状態でしっかりケアをしておけば、悪化する心配はありません。
手首の小指側に違和感がある場合は、すぐにケアして状態を改善しましょう。
気になる場合は、専門医に相談をすることをオススメします。

郡山市桑野 TFCC損傷の原因なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 緊張性頭痛の改善

【緊張性頭痛の症状と原因】

緊張性頭痛は、日本人の頭痛の中で1番多い頭痛です。
15歳以上で、5人に1人が悩んでいる頭痛なのです。

緊張性頭痛は文字通り、緊張が発生して起きてしまう頭痛です。
首の後ろから方や背中にかけての筋肉が緊張してしまうことで、起きてしまう頭痛です。
以下のような頭痛を感じたら、緊張性頭痛の場合がありますよ。

・バンドで締め付けたような頭痛が発生する
・締め付けるような痛み
・圧迫されるような痛み
・大きな荷重が頭にかかっているような痛み
・頭の両側に起きる頭痛

このような状態の頭痛であり、意外と我慢ができて吐き気や嘔吐は発生しません。

勘違いされる頭痛に、偏頭痛があります。
片頭痛は、ズキンズキンとする拍動性の痛みが発生します。
このような、拍動性の痛みは緊張性頭痛には発生しません。

緊張性頭痛は、女性の方が多いと言われています。
その数は1.5倍程といわれており、働き盛りの女性に多い傾向があります。

緊張性頭痛の1番の原因は、ストレスと言われています。
仕事などで同じ姿勢で長時間居続けると、首や肩、頭の筋肉などが緊張してしまいます。
よって血流が悪くなってしまい、筋肉が疲労して神経が刺激されることで、痛みが発生してしまいます。

【緊張性頭痛の改善方法】

緊張性頭痛の1番の改善方法は、生活習慣を見直す事です。
緊張性頭痛になってしまうのは、一種の良くないクセも大きく影響をしています。
それを改善することで、スッキリ治ることができますよ。
どのような改善ポイントがあるのか、ご紹介していきます。

・正しい姿勢をする
猫背など良くない姿勢を取っている人に、緊張性頭痛は多くいます。
姿勢が良くないことで変に首や頭の筋肉が緊張してしまい、頭痛を発してしまうのです。
姿勢を良くすることで、首や頭に起きていた筋肉の緊張をやわらげることができますよ。
背筋を伸ばすようにして、アゴを引くようにクセ付けましょう。
足を組むことも、正しい姿勢を崩してしまいますのでよくありません。

・休憩をこまめに取る
ずっとデスクワークを行っていることで、首や頭などの筋肉が緊張してしまい、緊張性頭痛を引き起こしてしまいます。
デスクワークを行う場合は、1時間行ったら5分休むなどの休憩を取るようにしましょう。
休憩の際は、背伸びをしたり首回りを中心に体を動かすようにしましょう。

・自分に似合った枕に変えよう
枕というのはとても重要であり、枕が時分に合っていない場合は悪い姿勢のまま長い時間過ごすことになるので、よくありません。
朝起きて肩コリなどの不快に思える場合は、自分に似合った枕に変えるようにしましょう。

・首や肩を冷やさない
緊張性頭痛は、血流が良くないことで発生してしまいます。
首や肩の血流を良くするために、首や肩を冷やさないようにしましょう。
湯船に浸かったり1枚多く服を着たり、冷房を避けるようにするなど、首周辺を温めることで緊張性頭痛を軽くすることができます。

いかがでしたでしょうか。
緊張性頭痛は、自分の日常生活のクセによって発生している場合が大半です。
生活習慣を見直し、緊張性頭痛を改善へとみちびきましょう。

郡山市桑野 緊張性頭痛の改善なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 肩鎖関節脱臼になってしまう人

【肩鎖関節脱臼の原因と症状】

肩鎖関節脱臼といえば、あの五郎丸選手も苦しんだケガして有名になりました。
肩鎖関節脱臼は、以下のような人がなりやすいケガです。

・体と体とのコンタクトが強い競技をやっている人に多いケガ
(ラグビーやレスリング、柔道など)
・肩を地面に打ち付けてしまった時
・何らかの影響で肩に強い衝撃を受けてしまった時

このような時に、起きてしまいます。
肩に強い衝撃を受けたことにより、肩鎖関節が通常の位置から外れてしまうことです。
脱臼になることで鎖骨と肩甲骨を繋いでいる靭帯烏口鎖骨靭帯が断裂してしまうことで、肩が動かなくなってしまいます。
よって、腕が上がらなくなってしまいます。
肩が上がらなくなる異常が発生しているので、鎖骨が左右対称では無くなります。
そのため、素人目にも一目で異常がわかります。

肩鎖関節脱臼は、打ち付けた程度により関節のずれ方が3つに分かれます。
3つの状態における症状は、以下のような状態となります。

・捻挫
捻挫は1番軽度な症状であり、肩鎖靭帯の部分的な断裂状態です。
少し押すと、痛いかなという状態です。

・亜脱臼
肩鎖靭帯が断裂しており、普通にしていても痛い状態です。
肩は途中まで上げることができますが、どんどん痛みが強くなるので、ガクット力が抜けるような感じになります。

・脱臼
肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯の、2つともが断裂した状態です。
かなりの痛みを感じる状態であり、失神してしまう程の痛みといわれています。
体を前のめりにしないと歩けないくらい、重度な状態です。

【肩鎖関節脱臼の治療方法】

肩鎖関節脱臼は、以下のような治療方法を行っていきます。

・捻挫
三角巾で手を吊って、3日ほど患部をアイシングします。
その後、患部を温めて痛みや腫れを引かせた後、肩の関節の運動練習を軽めなことから行っていきます。

・亜脱臼
三角巾やテーピングでの固定を、3週間ほど行います。
その後、肩関節の動きを良くする運動を、肩の関節の周辺の筋肉に負担を掛けないように行います。
最低でも、2か月間は重い物を持ったりスポーツをすることは禁止となります。

・脱臼
若いフトやスポーツをしている人は、手術で改善していきます。
傷んでしまった人体や筋肉を手術で改善して、脱臼した関節を整復します。
年齢を増した人や時間をかけて治療をしてもいい場合は、亜脱臼と同じような治療を行っていきます。

肩鎖関節脱臼で良くないことといえば、自分で治そうとすることです。
しかし、外れた肩を自分で戻すということは、絶対にしてはいけないことです。
素人が肩を元に戻そうとすると、誤って骨折してしまうことがあったり、腱板などの他の部位を痛めてしまうことがあるからです。
なんとなく適当にはめると上手くはまりそうに思えるかもしれませんが、肩関節というのはそんなに簡単なものではありません。
素人でできる治療は、冷やして動かさない程度です。
必ず医療機関を受診して、専門医に相談をするようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
スポーツをする人が増えたせいか、肩鎖関節脱臼になってしまう人は増えています。
きちんと治療を受けることで改善しますので、すぐに治療を受けて元の状態に戻しましょう。

郡山市桑野 肩鎖関節脱臼になってしまうなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 外反母趾の予防方法

【外反母趾の原因】

外反母趾といえば女性がなる場合が大半でしたが、近年は男性や子供にも発症しています。
現代病のような病気であり、昔より増えているのが現状です。
もちろん女性に多く、1:10の割合で女性に多いと言われています。
特に、若い女性に多い傾向があります。
外反母趾はあまりカッコよいものではないので、それを人に見せてしまうのは恥ずかしい事ですよね。

外反母趾は、なぜなってしまうのでしょうか。
その原因は、以下が挙げられます。

・足の筋肉の衰え
足にはある程度の筋肉が必要なのですが、現代の人は足の筋肉が低下している人が多い傾向があります。
それは、靴を履く機会が昔より多いからといわれています。
昔の人は裸足で過ごす時間が多く、その分足に筋肉が付きやすい状態でした。
現代の人は足の筋肉が発達しにくく、靭帯や筋が緩んでいた李弱かったりすることで、外反母趾を進行させやすい状態となっています。

・足を圧迫させる靴を履いている
外反母趾になりやすい原因の1番が、合わない靴での足への圧迫です。
窮屈なサイズの靴を履き続けることで、つま先に余計な圧がかかることで親指の付け根骨に圧がかかり出っ張ってしまいます。
ハイヒールやパンプスなどの窮屈な靴により、足に極度の圧迫感を与えています。

・歩き方の悪さ
歩き方の悪さは、現代人に増えてきています。
本来、歩く時はかかとから着地することが一般的です。
しかし、現代の人はつま先や足全体を地面に付けるような歩き方をしている人が多く、足の親指に負担がかかりやすい傾向があります。
そのため、自然に変形してしまい外反母趾となってしまいます。

・遺伝
外反母趾は、生まれつき遺伝による影響でなっている人もいます。
両親や親族に外反母趾の人がいると、なりやすい傾向があります。

【外反母趾の予防方法】

外反母趾は、日常生活で予防ができます。
どのような予防方法があるのか、ご紹介していきます。

・正しい歩き方をする
正しい歩き方をすることで、足の筋力が付いて外反母趾の予防となります。
大股で歩くようにして、かかとから着地して歩きましょう。

・自分の足に似合った靴を履く
サイズや横幅など、自分の足に似合った靴を履くようにしましょう。
残念ながら、パンプスやハイヒールは良くありません。
パンプスを吐いた後は、休みの日には足に負担を掛けないように過ごしましょう。

・足の指広げ体操をする
足の指を広げる体操で、足の親指の付け根に負担を掛けずに済みます。
足の指を思いっきり広げるだけで、外反母趾になりにくい状態になります。
両方の足の指を思いっきり開いて、足指のエクササイズをしましょう。

いかがでしたでしょうか。
外反母趾は、見た目にも良くありませんし、痛みも発してしまうので、いい事は全くありません。
外反母趾かなと思ったら、ケアで少しでも改善しましょう。
重度になると痛みがひどくなってしまい、歩く事も困難になってしまうこともあります。
外反母趾を改善して、人前に出しても恥ずかしくない足になりましょう。

郡山市桑野 外反母趾の予防方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 変形性膝関節症の治療

【変形性膝関節症の症状と原因】

ヒザが痛くて伸ばすのがむずかしい…このような症状は、変形性膝関節症の可能性があります。
変形性膝関節症は、以下のような症状が出ます。

・ヒザが痛い
・ヒザの曲げ伸ばしがむずかしい
・ヒザが腫れている
・ヒザが変形している
・立ち上がる時にヒザが痛い
・階段の上り下りの際ヒザが痛い
・ヒザが痛くて正座ができない
・ヒザに水が溜まっている

この様な症状がある場合は、変形性膝関節症の場合があります。

変形性膝関節症の原因は、膝関節の中にある軟骨がすり減っていることです。
軟骨がすり減ることで関節炎や変形が出てしまい、痛みが起きてしまいます。
膝関節の軟骨というのは、減ってしまった分を取り戻すことができません。
そのため、他のことでヒザにかかる負担を軽減させることで、変形性膝関節症の痛みを緩和させることができます。

【変形性膝関節症の治療方法】

変形性膝関節症の治療は、ヒザ軟骨が無くても膝関節が痛くないように改善していく方法となります。
一般的に、以下のような治療方法が効果的といわれています。

・体重を減らす
変形性膝関節症になる人は、体重が重い人が大半です。
体重を減らすだけでヒザへの負担がかなりなくなるので、痛みを軽減させることができます。
自分の身長に合わせた体重へ減らし、ヒザへの負担を取り除きましょう。

・今はいている靴の見直し
ヒザに負担を掛けないよう、衝撃吸収ができる靴底の柔らかい靴を履くようにしましょう。
靴底で衝撃吸収させることで、ヒザへかかる負担が少なくなるので、ヒザの痛みが軽減していきます。
スニーカーなどのスポーツで履く靴は、靴底が柔らかく衝撃吸収しやすい作りになっています。
今のスニーカーはカッコいい物も多いので、オシャレに履くことができますよ。

・ヒザに負担を掛けない運動療法
ヒザへの力を軽減させるためには、ヒザまわりの筋肉での力の吸収が重要となります。
そのためには、ヒザまわりの筋肉を強化することが大事となります。
しかし、ヒザが痛いと運動するのは厳しいですよね。
ヒザに余計な負担をかけない運動をすると、ヒザに負担を掛けず必要な筋肉を得ることができます。
自転車や水中歩きは、ヒザに余計な負担をかけにくいので、オススメですよ。

・物理療法
整形外科や整骨院などで行っている、物理的治療方法です。
電気刺激や超音波治療、ホッとパックなどの物理的治療で、変形性膝関節症の痛みを緩和させていきます。
ヒザがかなり楽になるので、オススメです。

・サポーターなどの器具による治療
ヒザのサポーターや足底板などの装具を使うことで、膝関節への負担軽減へとみちびきます。

このように、手術を行わない痛くない治療方法は数多くあります。
セルフケアの改善方法もありますので、気になる人は是非チャレンジしてみましょう。

いかがでしたでしょうか。
ヒザが痛いということは、物凄く辛いですよね。
痛みが楽になると、お出かけや遊びに行く事も楽で楽しくなりますよ。
ヒザの痛みを軽くして、楽しく過ごしましょう。

郡山市桑野 変形性膝関節症の治療なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 足底腱膜炎の早期ケア

【足底腱膜炎の原因】

朝起きて歩き始めた時かかとあたりが痛く、短時間で治ることが数日続く場合は、足底腱膜炎の可能性があります。
足底腱膜炎は、なる人が多い病気です。

足底腱膜炎は、足の5本の指の付け根部分からかかとまである腱に炎症が起きていて、小さな断裂が起きている症状です。
寝ているとその症状が落ち着くのですが、朝起きて立ち上がると急に負荷がかかってしまい痛みが発生してしまうのです。
そのため、朝歩き始めた時に痛いと思う人が多いのです。

足底腱膜炎には、以下の3つの原因があるといわれています。

・足の使い過ぎ
足の使い過ぎにより、足底腱膜に炎症が発生してしまいます。
以前は加齢による原因といわれていましたが、近年は若い世代でも足の使い過ぎにより発生してしまうと言われています。

・足の筋力の衰え
足には様々な筋肉が張り巡らされていますが、これらの筋肉が弱くなってしまうと、足底腱膜への負担が大きくなってしまい、炎症が起きてしまいます。

・体重の多さによる負荷のかかり過ぎ
体重が多いことで、足にかかる負担が多くなってしまいます。
その負担に耐えられなくなり、炎症が起きてしまいます。

一般的には、かかとが痛むという人が大半です。
また、足の外側、土踏まず、足の指、足の指の付け根、足の甲、アキレス腱など色んな部位が痛むこともあります。
気になることといえば、足の一部分のみではなく足全体に痛みを感じることです。
足の全体がひどく痛む場合は、他の病気を併発している可能性が考えられます。
足全体があまりにも痛い場合は、専門医に相談をすることをオススメします。

【足底腱膜炎の改善方法】

足底腱膜炎かなと思ったら、まずは安静にしましょう。
3週間安静にして、痛みが弱くなってきたら治療はしなくてもOKです。
もし、3週間安静にしていても痛みが治まらない場合は、治療を受けることをオススメします。
足底腱膜炎には、以下の治療方法があります。

・塗り薬や張り薬の治療
塗り薬や張り薬を使って、痛みを緩和させます。
症状がひどい場合は、内服薬にて改善へとみちびきます。

・アーチサポートや足底板の使用
アーチサポートや足底板を使い、立ったり歩いたりする際の足底への負担を軽くさせます。
靴の土踏まずやかかとに、使用します。
医師の処方により作成する器具なので、医師に相談をすると良いですよ。

・注射による治療
痛みがひどい場合は、ステロイドなどの局所注射により治療を行います。

・手術
足底腱膜炎の症状がひどい場合は、内視鏡で手術を行います。
本当に重度な場合のみに行うので、最終手段の治療といえるでしょう。

いかがでしたでしょうか。
足底腱膜炎というのは、早期にケアをすることで楽になることができます。
おかしいなと思ったら、すぐにケアをして楽になりましょう。
放置していると慢性化してしまい、他の部位の痛みを併発してしまうこともあります。
そのため、少しでもおかしいなと思ったら、ケアして改善へとみちびくようにしましょう。

郡山市桑野 足底腱膜炎の早期ケアなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 呑気症のセルフケアで改善

【呑気症の原因】

呑気症というのは、胃や食道、腸に大量の空気が溜まり、胸やけやゲップ、腹部満感が起きてしまう症状です。
違和感に思えるほど、ゲップが出て気になるなんてことは誰でもあると思います。
それが重度な状態になると、呑気症ということになります。
呑気症というのは意外と多く、8人に1人は呑気症に悩んでいると言われています。

厄介なことといえば、呑気症は薬を飲んでも改善しにくいということです。
そのため、気になるとちょっと厄介な状態になってしまいます。

呑気症は、以下のような原因が大半といわれています。

・ストレスが多い
・神経症傾向
・うつ
・胃神経症
・ヒステリーな人
・食事の仕方による影響
・炭酸飲料やビールなどの飲み過ぎ
・スポーツによる影響

などが、挙げられます。

人は、多少の空気を飲み込んで生活をしています。
しかし、あまりにも多すぎる量の空気が体内に溜まってしまうと、胃や食道、腸などに空気が溜まりすぎてしまい、胸やけやゲップなどの呑気症の症状を起こしてしまいます。
さらに、呑気症の症状を抑えようとすることで、さらに空気の飲み込みを繰り返してしまい、さらに体内の空気の多さが悪化してしまうのです。
消化器部分の空気の多さ、不快感、この2つを繰り返してしまい、どんどん悪化してしまいます。

【呑気症の改善方法】

呑気症は厄介に思えますが、少し改善することでスッキリ治ることができます。
呑気症の改善方法は、以下が挙げられます。

・食事をゆっくりとる
食事をゆっくりとるということは、気持ちに余裕がないとできません。
気持ちが穏やかになり、余計な空気を飲み込まずに済みます。
早食いの人は、余計な空気の量を飲み込んでいる傾向があります。
ゆっくり噛んで食べることで、余計な空気を飲み込まずに済みます。

・飲み物はすすって飲まない
お茶など温かい飲み物をすすって飲む人がいますが、すすって飲むと大量の空気を飲み込んでしまいます。
飲み物はすすって飲まず、静かに飲むようにしましょう。

・姿勢を正しくする
呑気症と無関係に思える姿勢の良さですが、物凄く関連性があります。
前屈みの姿勢の悪さは、胃と食道のつなぎ目部分に負担がかかってしまい、胃液が逆流しやすい状態となってしまいます。
そのため、さらに空気の飲み込みが多くなってしまい、余計な空気を飲み込んでしまいます。
姿勢を正すだけで改善できるので、姿勢を正すクセを付けて食事や飲み物をのむようにしましょう。

・漢方薬で改善
呑気症は薬が効きにくいのですが、漢方薬なら頼りになります。
腹部満感や胃の不快感を改善させる漢方薬を飲むことで、呑気症改善へとみちびくことができます。
専門医に相談をして、漢方薬を処方してもらいましょう。

・リラックスできるサプリメント
呑気症はストレスも大きく影響を与えており、リラックスを心掛けることもとても重要です。
ストレスを改善させるサプリメントが色んなメーカから出ているので、試してみるとよいですよ。
飲んでいるだけでも精神的に楽になり、改善になるとも言われています。

いかがでしたでしょうか。
呑気症は、なるとつらいですよね・
それがストレスになり、さらに悪化してしまうこともあります。
まずはセルフケアで改善へとみちびき、楽になってみましょう。

郡山市桑野 呑気症のセルフケアで改善なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 半月板損傷の治療方法

【半月板損傷は治る】

スポーツ選手のケガで多くある、半月板損傷。
状態によっては長期間スポーツができなくなることもあり、以前のように動くことができるのかと、不安に思う人も多いと思います。
確かに、以前は半月板を痛めると治るのは困難といわれていました。
しかし、半月板というのは血液が通っていない部位が大半なので、自己修復力がある部位です。
そのため、自己修復は望める部位ということになります。

もちろん、半月板損傷から復活するためには、適切な治療タイミングや方法にもよります。
半月板損傷は、克服して以前のようにスポーツを行っている人が多くいます。
半月板損傷は、94%の人が改善しているというデータがあります。
ほとんどの人が、改善して以前のように動けるようになっているのです。
そのため、半月板損傷になっても、希望を捨てずに改善へとみちびくようにしましょう。

【半月板損傷の治療方法】

半月板損傷は、損傷の状態により治療方法が異なります。
以下のような、2つの治療方法となります。

・保存療法
患部を切開しなくても可能な治療方法であり、手術をせずに改善へと導きます。
比較的軽い症状の半月板損傷なら、保存療法で改善が可能となります。
温熱療法やヒアルロン酸注射、テーピング、サポーターなどにより、改善させていきます。
ただし、スポーツでヒザを酷使する人は、保存療法は適さない場合があります。

・手術療法
重度の場合は、内視鏡を用いて損傷した部位の手術を行います。
手術後歩行が可能な場合もあり、手術後1週間程度で以前のような生活が送れる状態になることもあります。
ただし、スポーツへ復帰するのは、数か月程かかると言われています。
スポーツ選手は、手術療法を受け入れる場合が大半です。

また、半月板損傷の性質を勘違いして、間違ったケアをしてしまう人もいるようです。
以下のようなケアは、絶対にしてはいけません。

・アイシング
半月板損傷は、自律神経が起こす筋肉の緊張といわれています。
筋肉の緊張は温めてほぐすものなので、冷たくしてしまうと緊張がさらに高まってしまい治りにくくなってしまいます。

・痛い状態でストレッチなどをしてしまう
半月板損傷になる原因は、周りの筋肉が弱っているから、と思う人がいるようです。
しかし、半月板損傷と筋肉の弱りは、関係性はありません。
患部が痛いのに動きを食えあえてしまうと、筋肉の緊張がより激しくなってしまい、痛みが慢性化してしまいます。

・マッサージ
マッサージも、先ほどのストレッチの理由と同じです。
半月板自体に問題があるので、マッサージをしても意味はありません。

上記のような3つのケアというのは、意外とやっている人が多いようです。
しかし、結果として慢性化になってしまうことがほとんどです。

いかがでしたでしょうか。
安静にしていて痛みが取れない場合は、専門医に相談するようにしましょう。
ほとんどの場合、痛くない治療で解決できるので、今より悪化しないうちに改善するようにしましょう。

郡山市桑野 半月板損傷の治療方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 ランナーズニーのチェック方法

【ランナーズニーの症状と原因】
マラソンなどの走ることを頻繁に行っている人のヒザに出る症状の中に、ランナーズニーという症状があります。
長距離を走ることにより起きるナンナーズニーは、走るトレーニングを行っているスポーツを行っている人にも見られます。

ランナーズニーの初期の症状は、走った後に臀部や太ももの外側に違和感や痛みが出始めます。
初期段階は休むことで痛みが軽くなるので、だましだまし動いている人が大半です。
しかし、悪化してしまうと少し走るだけで痛みが出てしまい、歩くときでも痛みが発生してしまいます。

ランナーズニーになってしまう原因は、以下が挙げられます。

・走り過ぎ
走りすぎることで、腸脛靭帯と大腿骨と摩擦がかかりすぎてしまい、炎症が起きてしまうからです。

・一定の方向ばかりに走っている
陸上選手は、トラックを走る時に左回りで走ります。
そのため、左足の外側ばかりに負荷がかかってしまい、過負荷が原因となり痛みを発生させてしまいます。
また、

・走る地盤の水平の悪さ
道路というのは、水はけのために外側に向かって傾斜が付いています。
傾斜が付いている場所を走ることで、傾斜が付いている方の体に負担がかかってしまいます。

・シューズの底の硬さ
陸上選手は特殊なシューズを使いますが、それは走る時のクッション性をやわらげるための工夫がしてあるものが大半です。
シューズの底が固かったり薄い場合、道路の衝撃が足に多くかかってしまい、痛みを引き起こしやすくなってしまいます。
ランニングの際は、ランニングシューズに履き替えるのが鉄則というのは、走る際の足に対する環境の良さを与えて走ることが必要だからです。
また、古いランニングシューズは底がすり減って薄くなっているので、取り替えることが必須となります。

・O脚
O脚は腸脛靭帯や大腿骨がこすれやすい脚の形になっているので、摩擦が生じやすく炎症が起きやすくなってしまいます。

【ランナーズニーのチェック方法】

自分はランナーズニーかな?と気になったら、次のようにチェックをしてみると確かめることができますよ。

まず、椅子に座って、ヒザのお皿の少し上の部分の外側の大腿骨外側上踝と呼ばれる部分を、指で押してみます。
押したまま、ヒザを曲げたり伸ばしたりします。
この時、痛みが出たらランナーズニーです。

ランナーズニーの場合は、まずはヒザを使う運動は止めて、休んで状態を緩和させましょう。
軽度な場合は、アイシングで楽になることもありますよ。
痛みが和らいだら、靭帯を伸ばすストレッチなどをすることで、回復へとみちびくことができますよ。
安静にしても痛みが改善しなく不安な場合は、専門医に相談して解決しましょう。
専用の機械を使った温熱治療など、痛くない治療方法で楽になることもできますよ。

いかがでしたでしょうか。
ランナーズニーは、克服できない症状ではありません。
ランナーズニーになってしまっても、ヒザに負担をかけにくい動きをして、ヒザの筋肉を鍛えることで、誰でも克服へとみちびくことができますよ。

郡山市桑野 ランナーズニーのチェック方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 関節症の主な改善方法

【顎関節症の原因】

口を大きく開けるとアゴの蝶つがい部分から「ガクっ」と嫌な音や感触がした場合は、顎関節症の可能性があります。
顎関節症はなぜなってしまうのか、原因は以下のような要因があると言われています。

・アゴの関節の未成熟
・適切ではない歯科治療の影響
・食べ物を噛む時に片方ばかりで噛むクセ
・横を向きながらTVを観たりなど、顔をまっすぐにしないクセが多い
・頬杖を長時間する
・アゴと肩で電話を挟んで話をするクセがある
・上下の歯で食いしばるクセがある
・ストレスで食いしばるクセがある
・歯ぎしり
・猫背など姿勢が良くない
・かみ合わせが良くない
・硬い食べ物を好んで食べる
・アゴを強くぶつけたことがある
・思いっきり口を開いて違和感に思ったことがある

これらの原因が2つ以上ある場合は、顎関節症になりやすいと言われています。

【顎関節症の主な改善方法】

顎関節症を改善するためには、以下の方法があります。
どのような方法があるのか、ご紹介していきます。

・アゴをあまり激しく動かさない
アゴは日常的に絶対動かす部位ですが、顎関節症かなと思ったら安静にする事が大事となります。
あまりアゴを動かさないようにして、数日安静にするようにしましょう。
間違っても、大きな口は絶対に開けてはいけません。
あくびなども、なるべく小さな口になるように意識して行うようにしましょう。

・歯の治療を受ける
歯の並びの悪さや噛めない歯があると、物を噛む場所が偏ってしまいます。
そのため、顎関節に負担がかかってしまい顎関節症となってしまいます。
歯が原因の場合は、歯の並びの悪さや虫歯などを治療することで解決します。

・マウスピースでの治療方法
歯ぎしりや食いしばりがある場合は、マウスピースでの治療が効果的です。
ただし、顎関節症が治るとまではいかず、今以上に悪化させないという治療方法となります。
歯医者さんや口腔外科に相談すると、適したマウスピースをあっせんしてくれますよ。

・顎関節まわりを温める
顎関節まわりを温めることで、血行が良くなり顎関節まわりの筋肉の緊張をやわらげるぉとができます。
慢性的に顎関節症の人に効果的であり、急性の顎関節症の人には不向きです。

・整体で改善
かみ合わせは、背骨や全身の歪みにより発生していることがあります。
アゴというのは頭蓋骨にぶら下がってくっついているので、背骨がゆがむと頭蓋骨が傾いてアゴまでゆがんでしまいます。
背骨の歪みを改善することで、根本的な顎関節症改善へとみちびくことができます。

いかがでしたでしょうか。
顎関節症というのは、大変増えている症状です。
特に、若い人に増えています。
軽度な場合は安静にして、気になる場合は治療や整体を受けて楽になりましょう。
1番のオススメは、整体で改善することです。
顎関節症の根本的な部分から改善できるので、再発を防ぐことができるからです。
放置しておくと重度の顎関節症となってしまうことがあるので、軽度のうちに改善へとみちびくようにしましょう。

郡山市桑野 関節症の主な改善方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 ジャンパー膝の対処

【ジャンパー膝の症状と原因】

ジャンパー膝は、このような症状が出ると疑いが考えられます。

・ヒザの痛み
ジャンプをした時や地面に着地した時などに、ヒザのお皿の下部分に痛みを感じます。
まれに、ヒザのお皿の上の部分に痛みを感じることもあります。
状態が悪化してしまうと、ヒザの曲げ伸ばしだけで痛みが出てしまうこともあります。

・ヒザが腫れる
ヒザのお皿の下の部分が、盛り上がるように腫れてしまうことがあります。
腫れた部分に触れると、痛みを感じることもあります。

・ヒザが熱を持つ
ヒザのお皿の部分が、熱く熱を盛ります。
ヒザの腫れと同時に出てしまう、現象です。

これらの3つの症状が起きたら、ジャンパー膝の可能性があります。

ジャンパー膝というのは、軽度の状態から重度の状態まであります。
それらの段階を、詳しくご紹介していきます。

・1期の状態
1期の状態は、運動などヒザを動かした時に痛みを感じます。
強い痛みはでにくいので、動く事に支障がなく放置してしまう人がほとんどです。

・2期の状態
運動や動いている時だけではなく、動きを止めた後にもヒザに痛みを感じるようになります。
運動中に常に痛みが出るという訳でもないので、放置してしまう人が大半です。

・3期の状態
黙っていても、強い痛みが発生してしまう状態です。
運動を行うことは困難になってしまい、専門医に診てもらおうと思う人がほとんどです。

・4期の状態
靭帯が損傷しており、強い痛みが発生している状態です。
普段の生活に支障が出てしまい、大変苦痛で耐えられない状態となってしまいます。

ジャンパー膝が発生してしまうのは、以下の原因があります。

・ジャンプをし過ぎている
ジャンパー膝というネーミングでもわかるよう、ジャンプのし過ぎが大きな影響を与えます。
バスケットやバレーなど、ジャンプをよくするスポーツを行っている人に、多くあります。
膝蓋じん帯がジャンプなどのヒザを伸ばすときにひっぱられることで、靭帯に負荷がかかってしまい、人体に江尿が起きることでジャンパー膝になりやすくなってしまいます。

・ヒザのお皿や靭帯の先天的異常
ヒザのお皿や人体に先天的異常がある場合も、ジャンパー膝になりやすくなってしまいます。
膝のお皿が生まれつき分裂していたり、靭帯の強度が生まれつき弱い場合、ジャンパー膝になりやすくなってしまいます。

・太ももの筋肉の柔軟のなさ
ヒザを伸ばす時、太ももの筋肉が収縮します。
この時、太ももの筋肉が固い場合は膝蓋じん帯が強く引っ張られてしまうので、ジャンパー膝になりやすくなってしまいます。

【ジャンパー膝は直ぐに対処することですぐに治る】

ジャンパー膝の症状が出ても、軽い場合は放置してしまう人が大半です。
しかし、ジャンパー膝というのは、軽度のうちに処置や治療を行うことで、短期間で治すことができます。
放置をすると3期や4期の状態になってしまい、治るのが遅くなったり、完璧に治らなくなってしまうこともあります。
軽度な状態なら、安静やアイシング、湿布、テーピングで改善ができます。
おかしいなと思ったら、すぐにケアをして改善しましょう。
ヒザは一生使うものですので、支障が出た状態では使い続けるのは想像以上に厳しいですよ。

郡山市桑野 ジャンパー膝の対処なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 むちうち改善筋トレ

【むちうちの症状】

交通事故にあってしまい、むちうちになってしまうということはよくあることですよね。
むちうちというのは病名ではなく、病院で言われる名称は「頸椎ねんざ」といわれます。
首のねんざなのですが、首回りは色んな神経が走っているので、厄介な状態が起きてしまいます。
むちうちになると、以下のような症状が起きてしまいます。

・しびれ
・首の痛み
・肩こり
・頭痛
・吐き気
・耳鳴り
・めまい

これらの症状は、交通事故にあってすぐに症状が出てくる場合もありますが、一定の時間が経ってから周防錠が出てくることもあります。
交通事故後数日で出てくることもあれば、数週間後に症状が出てくることもあります。
数週間後ですと交通事故での後遺症と思わない場合もあり、他の原因と勘違いしてしまうこともあるようです。
かなりの時間が経過してしまうと、交通事故でのむちうちと判断されない場合もあるようです。

また、むちうちというのは症状に差があり、むちうちによる原因とは思えない程ひどい症状が出てしまう事もあります。
ひどいむちうちの後遺症は、以下のような症状が出ることもあります。

・視覚の悪さ
・嗅覚の悪さ
・味覚の悪さ
・脳の機能性障害
・記憶や認知する能力の低下

これらの症状が出てしまう原因は、頸部の捻挫だけではなく脳や脊髄などの損傷の可能性も出てきます。
むちうちだけではなく、脳脊髄液現象症が併発している可能性があります。
この様な症状が出た場合は、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。
【むちうち改善筋トレ】

むちうちは、筋トレを行うことで楽になっていきます。
その理由は、患部まわりに筋肉を付けることで、むち打ちの状態をやわらげることができます。
首というのは、体重の10%の重さの頭を支えています。
そのため、首に筋力をつけるということは、とても重要となります。
しかし、事故の直後の場合は筋トレは不向きです。
事故の直後は安静が1番大事なので、筋トレをすることは危険だからです。

・首回りに筋肉を付ける筋トレ
おでこに手を当てて手で頭を押し、おでこ側も手を押すように力を入れます。
手とおでこには、同じタイミングで力を入れるようにしましょう。
同じタイミングで力を入れることで、頭の位置を動かさず行うという流れです。
この際、頭の位置が動いてしまうと首に負担がかかってしまうので、意味がなくなってしまいます。
押し相撲のように、頭と手とで押し合うというとわかりやすいかもしれません。
力を入れる時間は、3~5秒程度です。
前、後ろ、右、左と、1~2セット行います。
この筋トレにより、首回りに効果的な筋肉が付きます。
また、首の筋肉を使うことで血流を良くすることができるので、むちうちが治りやすくなります。

いかがでしたでしょうか。
セルフケアはあくまでセルフケアですので、もちろん交通事故でむちうちになったらお医者さんには絶対にかかるようにしましょう。
しっかりと治療を受けることで、むちうち改善へとみちびくことができます。
併せて、むちうち筋トレも行っていくと良いですよ。

郡山市桑野 むちうち改善筋トレなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 顎関節症の症状と原因

【顎関節症の症状と原因】

顎関節症の代表的な症状は、以下の3つが挙げられます。

・顎が痛い
・口が開きにくい
・顎を動かすと音が鳴る

これらの3つの症状のうち、1つでも当てはまる場合は顎関節症の可能性があります。
顎関節症は、顎の調子が少しおかしいけれど気になる症状ではない、と気にせず放置してしまう人も少なくありません。
以下のような症状がある場合は、顎関節症の疑いがあります。

・口を最大限明けた時に縦に指3本がスムーズに入るか
・大きく口を開け閉めした時、顎に痛みを感じるか
・大きく口を開いた時、まっすぐに口が開くか
・堅い食べ物を食べると顎や顔に痛みが感じるか

これらの4つのうち1つでも当てはまる場合は、顎関節症の可能性があります。
わかりやすくいうと、カクっとした音が鳴ったら顎関節症の可能性が高くなります。

顎関節症というのは、若い女性に多いと言われています。
早い人は10代から発症し、20~30代の女性が非常に多い傾向があります。
40代以降は、数が減少しています。

なぜ、顎関節症になってしまうのでしょうか。
それには、これらの原因が考えられます。

・ブラキシズムにより影響
ブラキシズムというのは、食いしばりや歯ぎしり、歯をカチカチ鳴らすことです。
これらの影響で筋肉を緊張させてしまい、顎関節に負担を大きく欠けてダメージを与えることで、顎関節症になってしまいます。
ブラキシズムによる顎関節症の原因とは、とても多くあると言われています。

・ストレス
ストレスにより食いしばりや歯ぎしりをすることで、ブラキシズムになってしまい顎関節症へと発展してしまいます。

・偏った噛み癖
噛む時は、どうしても片方でばかり噛むことがありますが、片方ばかりで噛んでいると片方にばかり大きな負担をかけてしまい、顎関節症の原因となってしまうことがあります。

・大きく口を開け過ぎた
近年は、口周りのエクササイズということで、TVなどのメディアでも口を大きく開けるエクササイズを見かけることがあります。
過度に口を開け過ぎてしまうことで顎関節に大きな負担がかかってしまい、顎関節症になってしまうことがあります。

・顎や顎まわりに負担をかけてしまう癖
うつ伏せや頬づえ、顎に何かを挟めるクセ、猫背などは、顎関節に大きな負担を与えてしまうことがあります。
【顎関節症のセルフケア】
顎関節症の治療は様々な方法がありますが、大半はセルフケアが中心となります。
顎関節症は生活習慣でなってしまうことが多いので、セルフケアでも改善しやすい傾向があります。
以下のようなセルフケアで、顎関節症を改善へとみちびいてみましょう。

・ブラキシズムをしない
ブラキシズムを改善することで、歯を接触させずに顎関節に負担を与えずに済みます。
上下の歯を離すクセを付けて、顔の筋肉の力を抜くようにしましょう。

・硬い食べ物は食べないようにする
硬い食べ物は、顎関節に大きな影響を与えてしまいます。
硬い食べ物は極力避け、柔らかい食べ物を口にするようにしましょう。

・口を大きく開けないようにする
無理に口を大きく開けようとすると、顎関節に大きな負担がかかってしまいます。
あくびなども、注意するようにしましょう。

・湿布で痛みを改善させる
急性の痛みは、冷湿布で冷やします。
また、慢性的な顎関節症の痛みの場合は、温湿布で筋肉の緊張と痛みを緩和させることができます。

いかがでしたでしょうか。
顎関節症は、ちょっとしたきっかけでなってしまうことがあります。
もし顎関節症になったら、顎関節に負担をかけにくい生活を送って、顎関節症を緩和させると良いですよ。

郡山市桑野 顎関節症の症状と原因なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 筋膜リリースで頭皮ケア

【筋膜リリースで頭皮ケアとエクササイズができる】

筋膜リリースは筋肉に対して効果的なイメージがありますが、頭皮ケアやエクササイズへとみちびくこと、ご存じでしたか?

筋膜といえば、筋肉の外側を包んでいる薄い膜です。
体全体に覆うようにしてあり、全身に張り巡らされています。
筋膜というのは、本来は自由に滑らかに動くことが当たり前です。
しかし、加齢や何らかの影響によって、筋肉が固くなってしまい動きが鈍くなってしまいます。
筋膜リリースにより筋肉の動きをスムーズにさせることで、筋膜が柔らかくなり滑りやすくすることができます。
筋肉の塊がほぐれることで、以下のような効果を発揮します。

・腰痛の改善
・肩こりの改善
・血流の改善
・内臓のズレ改善

これらの効果が発揮されることで、ボディーラインを改善し、エクササイズへとみちびくことができるのです。
そのため、筋膜リリースは、エクササイズを期待した女性にも人気があります。

さらに、筋膜リリースにより血流が良くなることで、高い頭皮ケアを発揮することができます。
頭皮というのが血流の良さや筋肉の柔らかさがとても重要であり、筋膜リリースにより頭皮の血流や筋肉が柔軟になることで頭皮ケアへとみちびくことができるのです。
美髪やヘアケア、育毛効果も期待することができるのです。
【自宅で簡単にできる筋膜リリース】

筋膜リリースは、難しい方法だけではありません。
誰でも簡単にできる筋膜リリースもありますので、是非自宅でチャレンジしてみましょう。
家に居ながら簡単にできる筋膜リリースを、ご紹介します。

・TVを見ながらできる筋膜リリース
TVを横になりながら観る時に、簡単にできる筋膜リリースです。
床に寝て横向きになり、ヒジを付いた姿勢になります。
この時、上の足のヒザは少し曲げるようにしましょう。
頭の上の方にヒジをずらして、お腹を下に向けながら床に付けます。
お腹が床に付いたら、深呼吸をしてお腹をふくらませます。
その後、下側になっている足を後ろに広げると、筋膜に負荷がかかります。
足を後ろにしたら、もう1度深呼吸をしましょう。
同じことを、反対側の足も行います。

・頭皮ケアの筋膜リリース
両方の手を伸ばして、肩の高さまで上げます。
ヒジを後ろの方に引いて、肩甲骨を押し出すようにし10秒キープします。
その後、ヒジの位置はそのままで両手を上に上げ、10秒キープします。
両手を上げたままで目と口を大きく開けて5秒間キープし、その後目と口をギュッと閉じた状態で5秒間キープします。
頭皮の筋肉がほぐれてくるので、頭皮ケアへとみちびくことができますよ。

いかがでしたでしょうか。
このように、筋膜リリースというのは筋肉をほぐすことで、エクササイズや頭皮ケアへとみちびくことができます。
エクササイズや頭皮ケアをしてみたいと思う人は、筋膜リリースというのは想像以上に効果的ですよ。
筋肉がほぐれることで健康にもなっていくので、是非行ってみましょう。

郡山市桑野 筋膜リリースで頭皮ケアなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 筋膜はがしで老けを防止

【筋膜はがしで老けを防止できる】

筋膜はがしで、老けを防止できることご存じですか?
その理由は、肩や腰、首のコリというのは全て筋膜が影響しているからです。
筋膜を柔軟にすれば、肩や腰、首残りを改善でき、老けを防止できるということなのです。

筋膜というのは、全身のコリの原因に大きく関係しています。
そして、筋膜がねじれてしまうと老け顔にも発展してしまうのです。
顔の上下や左右に筋膜がねじれて引っ張られることで、顔のバランスが崩れてしまい老け顔にしてしまうのです。
肩や腰、首の状態を悪化させ、表情を老けさせてしまうということは、筋膜のねじれを改善すれば老けを改善できるということとなります。
そう考えると、簡単に老けを改善できると思いませんか?

筋膜は、全身全てつながっています。
そのため、どこかの筋膜がねじれたり引きつりを起こしてしまうと、別の部分に影響を与えてしまうのでます。
筋膜はがしを行うことで、縮こまって収縮してしまった筋肉をほぐすことができるので、体の中で起きている不具合を改善させることができます。
筋膜はがしを行うことで、肩や腰などの痛みが軽減します。

筋膜はがしは、毎日やることで全身のバランスを整えることができますよ。
筋膜はがしを行うと、左右で動かしやすい方や向きやすい方というのがわかり、動かしにくい方が筋肉が固くなっていることがわかります。
筋肉に詳しくない人でも、自分の体の中の硬さや不具合を把握することができるのです。
【誰でもできる簡単な筋膜はがしの方法】

筋膜はがしの方法は、簡単にできる方法もあります。
誰でもできる筋膜はがしの方法を、ご紹介します。

・テーブルを使った筋膜はがし
脚を肩幅に開いて、テーブルに両手をつきます。
その後、ゆっくりと両手を前に滑らせます。
この時、ヒザはまっすぐに伸ばして、体を90度にします。
前に倒れたりお尻を付き出しては、絶対にいけません。
この状態で、30秒間キープします。
これを、1日3回行います。
慣れてきたら、キープする時間を増やしたり、回数を増やしていくといいですよ。

・平泳ぎの形の筋膜はがし
椅子に座って、両方の腕を肩の高さで前に伸ばします。
両方の肩甲骨を前に押し出すようにし、20秒間キープします。
肩甲骨が背中から離れるイメージで行い、背中を丸めすぎないようにすることがポイントとなります。
その後、ヒジを肩の高さのままで後ろに引いて、20秒間キープします。
体より前にヒジを少し前に戻して、肩甲骨を起こすようなイメージで手を上げて、20秒間キープします。
腰を反らさないように注意して行うことが、ポイントとなります。

いかがでしたでしょうか。
長年悩みの種になっていた肩こりや腰痛は、筋膜はがしで改善できる可能性がありますよ。
筋膜はがしのコツを覚えて、少しずつゆっくりチャレンジしてみましょう。
筋肉が柔らかくなり血行が良くなることで、体に柔軟性が出てきて老け顔も改善していきますよ。
全身がアクティブになっていき、若々しい自分になることができます。

郡山市桑野 筋膜はがしで老けを防止なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 肋間神経痛が起こる原因

肋間神経痛は症状を示す名称で病名ではありません

心臓や肺といった重要な臓器を守るため人間には背中から胸の前面を囲む12本の肋骨があって、背骨の中を通る脊髄からその左右12対の肋骨に沿って延びる神経が肋間神経です。
その肋間神経が何らかの原因で痛む症状を肋間神経痛といいますが、頭痛や腹痛と同様に症状を示す名称で病名ではありません。
一般的に体を捻じる、深呼吸や咳をする、大声を出すなど肋骨の動きで痛みが酷くなります。

代表的な症状は左右どちらかだけに起こる胸の痛みで、突発的に突き刺すような激しい痛みが生じますが、痛みは長くても数分で治まります。
人によって肺や心臓の周辺に痛みを感じたり、背中に張りを感じたりして、痛みが出る場所や痛み方には個人差があります。
ただ基本的には、胸部の肋骨周辺が最も発生する場所です。
痛みの程度も強い痛み、骨が胸に刺さったような痛み、ぎゅっと掴まれたような痛み、うずくまってしまう痛み、歩けないほどの激痛と様々です。
かなりの痛みが起こるということが分かりますが、人によっては我慢ができる程度の痛み、筋肉痛のような痛み、チクチクした痛みということもあるのです。
痛みの出る期間は、先にも触れたように2~5分程度の短い時間ですが、数十秒程度の痛みを繰り返すケースもあります。
また、数ヶ月間毎日そういった痛みが襲ってくることもあれば、痛みが出たり出なかったりして10年程痛みに悩まされてしまう方もいるのです。

肋間神経痛が起こる原因は、肋間神経には全く異常がなく原因が不明な原発性と、病気やケガなどが原因となっている続発性の2つに分けられます。
この続発性は、肋骨の骨折・ヘルニア・胸椎の圧迫骨折などの外傷,ヘルペスウイルスによる帯状疱疹、内臓疾患や腫瘍などで生ずると考えられています。
またストレスによる冷えや肩こり、デスクワークなどで同じ姿勢を続けることで、肋間筋が固くなって肋間神経を圧迫し引き起こすこともあります。
それから運動不足や疲労によって神経が骨や筋肉に絞めつけられるなども原因として考えられていますし、咳や呼吸、姿勢を変えることで痛みが生じる場合もあります。

肋間神経痛の予防としては、原因のひとつとなるストレスを解消することで、それにより背中などにかかる緊張が解け症状が軽減する効果があります。
その為にも自分に適したリラックス方法を見つけておく必要があります。
また、胸や背中に負担をかけてしまうような姿勢を長時間続けることをしないように心がけることも予防につながります。
それからラジオ体操のように大きく胸を広げて深呼吸することも予防として有効です。
冷房のあたりすぎや冷たい飲み物などで体が冷えると自律神経の乱れにつながったり、肩などが冷えて緊張したりすることも発症する要因になります。
そのようなことにならないよう暑くても体を冷やしすぎないように注意することも予防として大事なことです。
前屈みの姿勢や猫背になると痛みが緩和されることもあるので、応急処置として楽になる姿勢を見つけておくことも必要です。

郡山市桑野 肋間神経痛が起こる原因なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 腱鞘炎や胸郭出口症候群

とても身近な存在と言える頚肩腕症候群

頚肩腕症候群というのは、その文字が示す通りに首・肩周り・腕に症状が表れるもので、パソコンを操作することが多い人や手・腕を酷使する職業の人にみられます。
文字だけを見ると何となく凄い病気なのかと考えてしまいますが、もしかするとあなたにも発祥している可能性がある程、とても身近な存在と言える症候群なのです。
発生する症状や程度に関しては個人差はありますが、主な自覚症状としては肩こりが酷い、首や背中の筋肉が張って痛い、手・指がしびれる、手の力が入りにくい、腕の筋肉が重だるいなどです。
また、手を動かすと痛む、腕や手の冷え感がある、頭痛、めまいと言ったものも自覚症状に該当します。
こうした症状がひとつでもあると発生している可能性が考えられますし、さらに症状を絞り込んでいくと診断名がつくこともがあります。
手や指のしびれ・痛み、筋力の低下の原因を、整形外科などを受診して検査を受けた結果、頚椎椎間板ヘルニア・変形性頚椎症などの頚椎の疾患と診断されることがあります。
また、腱鞘炎や胸郭出口症候群などの診断名が付けられることもあって、先に触れた自覚症状があるのに原因が特定できない時に、頚肩腕症候群として診断されることが多いのです。

発生した時にはどうすれば良いのかというと、思い切って療養できる期間を設けることで、それが何よりも回復への近道になるのです。
つまり、原因となっているパソコンや手作業を反復する仕事からしばらく離れて休養するということで、それにより症状が改善される場合もあるのです。
また症状を悪化をさせないためには、労働環境を見直すことも重要で、首・肩・腕への負担が蓄積され内容に工夫することが必要不可欠です。
ただ、業務内容によっては簡単に休養することができないのが現実ですし、会社の決まりごとなどもあることから簡単に職場環境を変えることも難しいです。
しかし症状が酷くなるとその辛さから精神的に影響を受けて、仕事だけでなく日常生活にも支障をきたすようになります。
ですから、できる限り負担が蓄積されないように心がけることが大事です。

その為の対処法としては、できる範囲で良いですから心身が楽に保てるようにデスクワークやパソコンワークの環境を整えることです。
また、それと共になるべく1時間に1回10分程度の休憩をとって、長時間同じ姿勢にならないようにすることです。
それから硬くなりがちな肩甲骨周りの筋肉をほぐしたり、頭をゆっくり回して首の筋肉をストレッチしたりするのも効果的です。
1日の中で好きなことを楽しむ時間やゆったりリラックスできる時間をつくるのも良いですし、整体院・整骨院・鍼灸院などで筋肉の緊張を緩和させるのもおすすめです。

ちなみに首や肩周辺の筋肉をストレッチする際には、疲労している腕の筋肉もストレッチして刺激をいれてあげることが大切です。
その結果、肩こりをはじめ腕や手の症状が緩和されて回復していきます。
ただ、想像以上に筋肉が硬くて伸びにくくなっている可能性もあるので、急激にストレッチせずに筋肉の硬さや痛さを確認しながら加減して行うことです。

郡山市桑野 腱鞘炎や胸郭出口症候群なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 坐骨神経痛と間欠性跛行

高齢女性が苦しんでいると考えられる脊柱管狭窄症

日本人が不快な症状としてあげているのが腰痛と肩こりで、その中でも高齢者の腰痛の原因として多くを占めるのが脊柱管狭窄症です。
文字通り脊柱管が何らかの原因で狭くなって、神経や血管を圧迫するために腰の痛みなどを引き起こす疾患です。
国内の患者のうち約70%は70歳以上で、70歳以上に限定してみると女性患者が男性患者の2倍になり、多くの高齢女性が苦しんでいると考えられます。
では、なぜ脊柱管が狭くなるのかというと、生まれつき脊柱管が狭かったり、脊柱管が正常より狭く成長したりする先天性があります。
また、すべり症・椎間板ヘルニア・腰椎への手術などにより狭くなる後天性もありますし、中高年に多いことからも加齢による病気や変性も原因として考えられます。

脊柱管狭窄症の特徴的な症状としては、坐骨神経痛と間欠性跛行の2つが挙げられます。
坐骨神経痛は、脊髄の通り道となっている脊柱管が狭くなることで、神経が圧迫されて下半身のしびれや痛みが生まれるものです。
間欠性跛行は、一定の時間歩くと足に痛みやしびれが表れるけど、少し休むと再び歩くことができるようになるというものです。
ただ、症状が進行すると短距離を歩いただけでも痛みが生じてしまうために、外出が厳しくなるなど日常生活に支障をきたすこともあるのです。

脊柱管狭窄症の治療は、排泄障害など重い症状がみられる場合は手術が検討されますが、神経根が圧迫される症状の軽い場合には、姿勢の改善や運動を心がけたり、痛みがある場合は安静を心がけたりする保存療法が中心になります。
保存療法としての薬物療法では、非ステロイド性消炎鎮痛薬や内服薬、貼付薬や塗り薬などが用いられます。
また、血管を広げる作用がある循環障害改善薬を用いて血流の改善を図ることもあります。
理学療法としては、血行の改善を即すための温熱療法や超音波療法が行われて、場合によっては腰椎の牽引も行います。
装具療法としては、腰部の安静を目的として腰部コルセットを装着しますし、腰を少し曲げた状態で固定する屈曲コルセットを使用することもあるのです。
痛みが強い場合には、痛みの伝達を遮断することや血流改善・炎症を鎮める目的で、局所麻酔薬を注射する神経ブロックが行われます。
強い神経障害がある場合や保存療法で効果が得られない場合などに手術が検討されて、その方法としては開窓術や椎弓切除術などが実施されて、除圧部位に支障をきたす場合は固定術の併用します。

姿勢に注意する、年齢や生活などのレベルに合った適切な運動を取り入れる、肥満を予防・改善するなどを意識して日常生活を送ることも大切です。
また、背中を反らせる姿勢は症状が起こりやすくなるので、杖や手押し車などを使用して前かがみの姿勢で歩行すると痛みが緩和されます。
それから痛みがあるからと言って安静にしすぎるのも良くないので、医師の指導の元で適度に体を動かし筋力を鍛える運動を心がけることも大切です。
このように日常生活において工夫や注意をすることも必要なことです。

郡山市桑野 坐骨神経痛と間欠性跛行なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 頚椎椎間板ヘルニアの発症

いろいろな因子が影響して発症する頚椎椎間板ヘルニア

背骨の首の部分が頸椎で、7個の椎骨により構成されているのですが、第1頸椎を環椎、第2頸椎を軸椎と呼んで、第3頸椎以下と異なる形状をしています。
また、椎骨間で衝撃を吸収してクッションのような役割をする椎間板ですが、第2頸椎以下に存在しているのです。
この椎間板の椎間板・線維輪に亀裂が入って内部の髄核が飛び出した状態が椎間板ヘルニアで、それが頸椎で発生すると頚椎椎間板ヘルニアと言います。
椎間板機能の異常により頸部痛などを引き起こしますが、飛び出した髄核が脊髄や神経根といった重要な神経組織を圧迫すると、手足のしびれや痛み・運動麻痺などの様々な神経症状を引き起こすことになります。
一般的に好発年齢としては30~50代と言われています。

頸椎椎間板ヘルニアはが発症する原因は、ひとつではなくて年齢・運動負荷・遺伝的素因など、いろいろな因子が影響することで起こると考えらます。
ただ頸椎の脱臼などの明らかな外傷に伴うものについては例外となります。
椎間板の髄核が飛び出して起こる主な症状は、手足のしびれや痛み・脱力などの神経症状で、頸部痛や肩こりなど局所の症状については、頸椎の加齢変化などでも起きると考えられています。
症状の現れ方としては、脊髄が圧迫されことで手足の先端に行くほど強いしびれが様々な程度で、両側かないし片側に発生します。
上肢においては握力低下や手指の細かな動作に障害が起こって、字が書きにくくなったり、衣服のボタンの留め外しが難しくなったりする巧緻運動障害が起こります。
下肢においては足が前に出にくくなって歩幅が狭くなって、階段の昇り降りがしづらくなる痙性歩行が発生します。
脊髄のどの部位がどの程度圧迫されるかによって、手のしびれ感などから立ち上がることもできないような高度な麻痺まで違いが現れてくるのです。
その一方で脊髄から枝分かれした神経根が圧迫されると、頸部痛と片側の上肢にのみ症状が現れて、上を見上げる動作や咳・くしゃみなどで痛みが増強します。

頸椎椎間板ヘルニアの治療方法は、ヘルニアによって脊髄と神経根のどちらが障害を受けているかで違ってきます。
手足のしびれや脱力が進行する脊髄症状がみられる場合は、診断確定後にすみやかに手術を検討することになります。
手術の方法としては、椎体と椎間板組織を削ってヘルニアを摘出して、削った部分に骨盤などから採取した自分の骨を移植する前方法があります。
また、後ろから脊柱管を拡大することにより脊髄圧迫を間接的に解除する後方法というのがあって、通常脊柱管狭窄を合併している場合に選択されます。
ただし、飛び出した椎間板髄核が吸収・消失の過程をとる可能性があるため、症状に変化があまりない時には、薬物療法や理学療法などの保存的治療にて経過をみることも少なくないです。
一方、神経根症状の場合は保存的治療が実施されることが多くて、頸椎カラーによる頸部の安静、消炎鎮痛薬やステロイド薬などの薬物治療が基本となります。
また痛みが強い場合には各種神経ブロック療法が行われますし、保存的治療で改善しない場合や運動麻痺が進行する場合は手術が検討されます。

 

郡山市桑野 頚椎椎間板ヘルニアの発症なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 肩甲骨の柔軟性

肩甲骨はがしには健康にも美容にもつながる効果が

現代人を悩ます大きな体のトラブルとして認知されているのが腰痛と肩こりですが、意外と肩こりを治療するため病院・治療院へ行くという方は少ないのが現状です。
しかし、症状をそのまま放置していると慢性化して、温めても揉んでも一向に改善しなくなりますし、頭痛・吐き気・めまいなどといった二次症状を引き起こす場合もあります。
何とか解消しようと様々な方法を試される方も多いでしょうが、どれもあまり効果を感じることができないという方も少なくないです。
その為、自分は肩こりになりやすい体質だからと諦めてしまう方も多いですが、そのような方に試して頂きたいのが肩甲骨はがしです。

名称は少し恐ろしいでが、長年肩こりに悩んできた方が肩甲骨はがしを実施したところ、肩こりが解消されたという例は数多くあるのです。
実は、どのような方法を行っても肩こりが解消しない場合は、肩に原因があるのではなく肩甲骨に問題がある可能性が考えられるのです。
その為、肩甲骨周辺の筋肉をほぐしてスムーズに肩甲骨が動くように改善すると、肩こりを解消することができるのです。
また肩甲骨周りの筋肉の凝りがほぐれると、正しい姿勢をとるのに余計な力や負担が必要なくなるので、楽に姿勢を正すことができるようになります。
その結果、猫背などの悪い姿勢も改善されて正しい姿勢を維持することができるようになって、その結果肩こりも解消されるのです。

肩こりや正しい姿勢維持と言った効果がある肩甲骨はがしですが、女性にとって嬉しい効果も期待できるのです。
そのひとつがシェイプアップ効果で、肩や肩甲骨周辺に多い褐色脂肪細胞が増えることでダイエットに繋がるという見解があります。
ただ現段階では、それが本当にダイエットへ直接効果があるということは証明されていないので、体重が減少するとは考えられないのです。
しかし、先に触れたように正しい姿勢をとることができるようになることで、体のラインが綺麗に見えるというシェイプアップ効果は期待できます。

胸郭が下がるとそれに引っ張られ首や顔の筋肉も下がって、その結果シワやたるみにつながると考えられています。
しかし肩甲骨の柔軟性が蘇ると顔の筋肉が下に引っ張られることがなくなって、シワやたるみの原因が解消されるのです。
肩甲骨が歪むと骨盤も歪んで血行不良を起こりやすくなりますが、肩甲骨の開閉がスムーズになることで骨盤の歪みが解消されると、血液の流れがよくなってむくみを改善することになります。

女性のバストは遺伝的な要素に左右されので、こうすれば大きくなるという方法はありませんが、形良く綺麗に見せるための方法というのは存在します。
実は猫背になると胸が奥に入り込むようになるため、バストが小さく見えたり下に垂れ下がったりしているように見えてしまいます。
しかし正しい姿勢を保てるようになると、背中の筋肉がバストを引っ張り上げるので形よく綺麗に見えます。
また血行が促進されることで女性ホルモンの循環がよくなるので、実際にバストのサイズがアップする可能性も考えられるのです。

 

郡山市桑野 肩甲骨の柔軟性なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 肩関節周囲炎の痛み

五十肩と同様の症状がみられる肩関節周囲炎

肩関節拘縮は、五十肩または肩関節肩関節周囲炎と呼ばれる肩の痛み・肩が上がらないなどといった症状を生じる疾患と類似しているもので、徐々に肩の動く範囲が狭くなっていくのも同じです。
40歳代から60歳代の世代に多くみられる症状で、しかも男性より女性に多く認められます。
症状の進行は、炎症期・拘縮期・回復期の3段階に分けられます。
炎症期は肩の痛みがゆっくりと強くなって、痛みが強くなると共に肩の可動範囲も狭くなってきます。
炎症期は通常6週~9ヶ月間程度続いて、その次の拘縮期になると肩の痛みは徐々に和らいできます。
ただ、肩が動かしにくい状態は続いて、日常生活動作に不自由を感じてします。
拘縮期は発症後4ヶ月から6ヶ月程度続いて、回復期になると肩の動きが少しずつ改善してきます。
ちなみに、元の状態かそれに近くなるまで回復する期間は、発症後6ヶ月から2年程度かかると言われています。

原因としては、利き手や職業に関係がある可能性も考えられますが、現段階では正確な発病原因は解明されていません。
しかし、重症化させる要因としてはいくつか分かっていて、そのひとつが糖尿病なのですが、なぜ糖尿病患者に発病しやすいのかその理由は解明されていません。
その他、甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症・パーキンソン病・心臓病なども発病に関連があるといわれていて、重症化させる病気として考えられているのです。

一般的に時間の経過と共に快方に向かうことが多いのですが、人によっては1年から3年も症状が続いてしまうこともあります。
少しでも早く肩関節拘縮を改善するための治療としては、基本的に鎮痛剤の投与やリハビリといった保存療法が実施されます。
保存療法としては、鎮痛剤ロキソニンやボルタレンのような鎮痛剤を用いて痛みを和らげたり、ケナコルトという抗炎症作用のある薬剤を関節に注射したりします。
関節可動域の改善に役立つ運動療法を、理学療法士の指導で行ったり自宅での自主訓練を実施したりします。
こうしたストレッチや関節可動域を拡大するリハビリを行う以外にも、筋肉の緊張をほぐすために電気療法や温熱療法を行うこともあります。

消炎鎮痛剤の内服や注射などといった保存治療でも症状が改善しない場合には、やむを得ない手段として手術治療を検討することもあります。
手術療法の目的は、硬くなった関節包を剥がすことと切離することで、一般的には全身麻酔下に徒手的授動術と関節鏡を用いた方法が実施されます。
手術中に得られた関節の動きが再び元に戻らないようにするため行われる手術後のリハビリはとても大切です。
リハビリ治療は地味なため患者の努力とやる気がとても重要で、元通りの日常生活に戻るためには必要不可欠な治療ということを認識しておく必要があります。
回復時期については患者によって様々で、術後6週から3ヶ月程度は必要と考えられます。
手術治療することで痛みが軽くなったり、肩関節の動きが良くなったりするので日常生活動作が楽になります。
ただし、糖尿病の重症例では再び肩が硬くなる、痛くなるといったことも考えられます。

郡山市桑野 肩関節周囲炎の痛みなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 足底筋膜が炎症する足底腱膜炎

アーチを下から支える足底筋膜が炎症する足底腱膜炎

人間は直立二足歩行をするようになったことで、足に体重の負荷が常にかかる生活を余儀なくされています。
それに伴い人間の足は、前後方向と横方向にできるアーチ状の構造になって、歩行や起立時の衝撃を吸収しています。
そして、その足のアーチを下から支える役割をしているのが足底筋膜という膜状の腱組織で、踵から足の指の付け根まで広がっています。
しかし、足にかかる過剰な負荷が原因で足底筋膜に細かい断裂が生じて炎症が起こると足底筋膜炎という病気を起こしてしまうのです。

発症する主な原因は、先にも触れましたがくりかえし負荷がかかることにより、足底筋膜に細かい断裂が入って炎症を起こすことです。
ですからスポーツなどで足に負荷が頻繁にかかる人や、肥満などにより歩行時や起立時に負荷が常に足へかかる方は注意が必要です。
足底筋膜炎の症状の特徴としては、歩行時に足の裏に痛みが起こることで、走ったり跳ねたりすると強い痛みになります。
痛みが最も起こる部位は踵の前方部分で、中央部の土踏まず部分や踵から遠い足底筋膜の順に痛みが起こりやすいです。

足底筋膜炎の治療法の基本は休息と安静で、無理をして歩行や運動を重ねてしまうと炎症が悪化すると共に、足底筋膜に生じるダメージが回復しないで慢性化してしまいます。
このようなことを回避するためにも、無理に運動を継続するのではなくて、一度しっかりと足を休ませることを心がける必要があるのです。
ただしっかりと休息と安静をしても強い痛みが生じていたり、症状の軽快に時間がかかったりする場合は、様々な保存療法を実施します。
そのひとつが装具療法で、足底筋膜をサポートするインソールなどの装具を着装することで、足底筋膜の炎症を軽減させます。
用いる装具は取り外しが簡単にできるので、負担のない治療法として頻繁に用いられています。

痛む部分に超音波エコーを使用して焦点を確認しながら患部に衝撃波を照射する体外衝撃波治療というのもあります。
難治性の症状に対して行われる治療法で、この方法が誕生したことで手術をすることなく除痛できると高い評価を得ています。
また透過性が良い近赤外線による温熱効果で血流を促進させ組織の修復を促すキセノン光治療というのもあります。
それから痛みへの対処法として、鎮痛消炎効果のある湿布や塗り薬などの外用薬を用いることがありますが、効果に関しては個人差が大きいです。
ただ、継続して続く痛みは日常生活に支障をきたしてしまうので、少しでも痛みのコントロールが可能なら生活の質を落とさずに済みます。
足底筋膜部分にステロイドの局所注射をすることで、強い炎症を抑制して痛みを和らげるのも治療法のひとつです。
しかし、こうした保存療法でも症状が改善されない場合や、症状が悪化している場合には手術を検討する可能性もあります。
手術は踵骨という踵を作っている骨から足の指の方向へ伸びている足底筋膜の一部を除去するですが、こうした手術が行われることは稀です。

郡山市桑野 足底筋膜が炎症する足底腱膜炎なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 Triangular Fibrocartilage Complex

TFCC損傷は手首の外側のケガと言える

三角線維軟骨複合体は長い名称なため、英語の「Triangular Fibrocartilage Complex」の頭文字をとってTFCCと呼びます。
このTFCCは、尺骨三角骨靭帯・尺骨月状骨靭帯・掌側橈尺靭帯・背側橈尺靭帯・尺側側副靭帯・三角靭帯の6つの靭帯と、三角線維軟骨により構成されています。
靭帯は骨と骨をつなぎ合わせて関節の安定性に貢献しているので、TFCCは手首の外側の安定性に関与していると言えます。
この手首の外側にあるTFCCを傷めてしまうことをTFCC損傷といって、簡単に表現すると手首の外側のケガと言えるのです。

TFCC損傷を起こす原因は、TFCCを構成する靭帯や関節円板が損傷を受けたことです。
では、どんな要因で損傷を受けるのかというと、TFCC部分に引っ張られることが繰り返されたり、圧迫力が強く働いたり捻る動きが加わったりすることが日常的に繰り返されることです。
具体的には、テニス・野球・バドミントン・ゴルフなどのスポーツにおいて、ラケットやバット・ゴルフクラブなど道具を使う時の動作で、手首の牽引・圧迫・捻りが繰り返されるのです。
また、これ以外にも転倒により手をついたことで、橈骨遠位端骨折(簡単に言うと手首の骨折)に合併して起きたりするケースもあります。
主な症状としては、手首の外側の痛み・圧痛・動作時痛・手首を返すなどの動作制限・握力低下などがあります。
また、自分で動かす範囲の手首の上下運動ではそれ程痛みはないけど、手首を後ろに反る背屈位による圧迫や手首を外側に動かしたり回したりする時の痛みが特徴としてあります。

TFCC損傷の治療は、基本的には安静や固定・内服治療・注射といった保存療法が選択されますが、状態によっては手術が選択されることもあります。
発生した場合はまず安静にすることが重要で、スポーツは無理せずに休むことが必要となります。
痛みの程度に応じてギプス固定などが選択されることもあって、一般的な固定期間としては3~4週間程度です。
また、サポーターやテーピングを用いた固定もありますし、スポーツに復帰した場合の予防・不要な動きを抑制するために、サポーターやテーピングを使用することも大切です。
ちなみにテーピングは、固定力が強い方がよい時期には非伸縮タイプを、運動を開始した時は伸縮タイプを利用すると良いです。
痛みが強い場合は内服治療として、消炎鎮痛剤が処方されますし、安静や内服でも症状が軽減されない場合には、ステロイド注射が行われることもあります。
こうした保存療法でも痛みが改善されない場合や日常生活に明らかな支障を及ぼしている場合には、手術が検討されるケースもあります。

治療における安静・固定はあくまでも必要最低限で、一定期間が経過して痛みが治まってきたら、必要に応じて動かしていく必要があります。
筋肉もあまり使わないと筋力が落ちてしまいますし、筋筋膜も硬くなりやすくなるので、小さい負荷からストレッチやトレーニングをはじめていくことです。
特に手の動きに関係してくる尺側手根屈筋と尺側手根伸筋の2つの筋肉に注目する必要があります。

郡山市桑野 Triangular Fibrocartilage Complexなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 緊張性頭痛の改善

ストレスを解消することが緊張性頭痛の改善につながる

緊張型頭痛とは、慢性的な頭痛の代表ともいえる存在の頭痛で、後頭部を中心として頭全体をギューッと締めつけられるような鈍い痛みが起こります。
また頭痛の他にも肩や首のこり・フワフワとしためまい・全身のだるさなどといった症状を伴うこともあって、年齢や性別に関係なく発症します。
主な原因として考えられることは、長時間のデスクワークや車の運転などで、不自然な姿勢が続くことにより引き起こされる身体的なストレスがあります。
それから仕事や家庭などの心配や不安などによる精神的なストレスも原因と考えられていて、とにかくストレスが大きく影響しているのです。
また、ときどき頭痛がする反復性とほぼ毎日頭痛が起きて3ヶ月以上続く慢性の2タイプあって、それぞれで治療法や対処法が異なる場合があります。

緊張型頭痛のクリニックにおける治療法としては、アスピリン・イブプロフェン・アセトアミノフェンといった非ステロイド性抗炎症薬を服用する薬物療法があります。
ただ、この治療法は反復性のものには有用なのですが、慢性の場合にはそれ程効果は期待できません。
また、長期的な服用になってしまうことで、薬物乱用頭痛や胃腸へ負担がかかるなどといったデメリットを考えられるので、安易な薬の服用は控えた方が良いです。
痛みに対する直接的な治療とは別に、頭痛の原因のひとつとなる精神的なストレスを軽減する方法が実施されることもあります。
その為に、首や肩といった筋肉の緊張を緩和する効果がある筋弛緩薬や、不安を取り除くための三環系抗うつ剤・抗不安薬などが処方されます。
また、漢方薬による体質改善・温熱療法・電気治療・牽引による首や肩の筋肉の緊張に働きかける物理療法・鍼灸・バイオフィードバックといった様々な方法が行われることもあるのです。

こうした治療と共に自分でもできる対策を実践することもおすすめです。
その対策としては、頭・首・肩の筋肉をほぐすことを意識することで、その為にデスクワークの途中で背筋を伸ばしたり、マッサージやストレッチをしたりすることです。
また、同じ姿勢を長時間取りつづけないいろいろな工夫も有効です。
それから、温めたタオルを首回りに巻いたり入浴で筋肉をリラックスさせたりすることも対策として効果的です。
特に、首の後ろで頭を支える後頸筋と肩にある大きな僧帽筋に刺激を与えるストレッチを行うと良いです。

後頸筋を伸ばすストレッチのやり方は、まず頭は動かさないようにして正面を向いて胸の高さに両腕を上げ、そのまま腕を左右へ水平に振るようにストレッチします。
その際、頸椎を中心としてコマになった感じで、腕の力を抜いて振るのがポイントとなります。
約2分間程度続けると筋肉の緊張がほぐれて楽になります。
もうひとつの僧帽筋を伸ばすストレッチのやり方は、まずひじを軽く曲げて肩を中心にひじを前後にそれぞれ大きく回します。
これを肩の僧帽筋の動きを意識しながら6回程度繰り返すと良いです。
こうしたストレッチで筋肉の緊張をほぐすと共に、気持ちもリラックスできてストレス解消にもつながるので試してみると良いです。

郡山市桑野 緊張性頭痛の改善なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備