カテゴリー別アーカイブ: 郡山市桑野 整体情報

郡山市桑野 筋膜リリースで頭皮ケア

【筋膜リリースで頭皮ケアとエクササイズができる】

筋膜リリースは筋肉に対して効果的なイメージがありますが、頭皮ケアやエクササイズへとみちびくこと、ご存じでしたか?

筋膜といえば、筋肉の外側を包んでいる薄い膜です。
体全体に覆うようにしてあり、全身に張り巡らされています。
筋膜というのは、本来は自由に滑らかに動くことが当たり前です。
しかし、加齢や何らかの影響によって、筋肉が固くなってしまい動きが鈍くなってしまいます。
筋膜リリースにより筋肉の動きをスムーズにさせることで、筋膜が柔らかくなり滑りやすくすることができます。
筋肉の塊がほぐれることで、以下のような効果を発揮します。

・腰痛の改善
・肩こりの改善
・血流の改善
・内臓のズレ改善

これらの効果が発揮されることで、ボディーラインを改善し、エクササイズへとみちびくことができるのです。
そのため、筋膜リリースは、エクササイズを期待した女性にも人気があります。

さらに、筋膜リリースにより血流が良くなることで、高い頭皮ケアを発揮することができます。
頭皮というのが血流の良さや筋肉の柔らかさがとても重要であり、筋膜リリースにより頭皮の血流や筋肉が柔軟になることで頭皮ケアへとみちびくことができるのです。
美髪やヘアケア、育毛効果も期待することができるのです。
【自宅で簡単にできる筋膜リリース】

筋膜リリースは、難しい方法だけではありません。
誰でも簡単にできる筋膜リリースもありますので、是非自宅でチャレンジしてみましょう。
家に居ながら簡単にできる筋膜リリースを、ご紹介します。

・TVを見ながらできる筋膜リリース
TVを横になりながら観る時に、簡単にできる筋膜リリースです。
床に寝て横向きになり、ヒジを付いた姿勢になります。
この時、上の足のヒザは少し曲げるようにしましょう。
頭の上の方にヒジをずらして、お腹を下に向けながら床に付けます。
お腹が床に付いたら、深呼吸をしてお腹をふくらませます。
その後、下側になっている足を後ろに広げると、筋膜に負荷がかかります。
足を後ろにしたら、もう1度深呼吸をしましょう。
同じことを、反対側の足も行います。

・頭皮ケアの筋膜リリース
両方の手を伸ばして、肩の高さまで上げます。
ヒジを後ろの方に引いて、肩甲骨を押し出すようにし10秒キープします。
その後、ヒジの位置はそのままで両手を上に上げ、10秒キープします。
両手を上げたままで目と口を大きく開けて5秒間キープし、その後目と口をギュッと閉じた状態で5秒間キープします。
頭皮の筋肉がほぐれてくるので、頭皮ケアへとみちびくことができますよ。

いかがでしたでしょうか。
このように、筋膜リリースというのは筋肉をほぐすことで、エクササイズや頭皮ケアへとみちびくことができます。
エクササイズや頭皮ケアをしてみたいと思う人は、筋膜リリースというのは想像以上に効果的ですよ。
筋肉がほぐれることで健康にもなっていくので、是非行ってみましょう。

郡山市桑野 筋膜リリースで頭皮ケアなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 筋膜はがしで老けを防止

【筋膜はがしで老けを防止できる】

筋膜はがしで、老けを防止できることご存じですか?
その理由は、肩や腰、首のコリというのは全て筋膜が影響しているからです。
筋膜を柔軟にすれば、肩や腰、首残りを改善でき、老けを防止できるということなのです。

筋膜というのは、全身のコリの原因に大きく関係しています。
そして、筋膜がねじれてしまうと老け顔にも発展してしまうのです。
顔の上下や左右に筋膜がねじれて引っ張られることで、顔のバランスが崩れてしまい老け顔にしてしまうのです。
肩や腰、首の状態を悪化させ、表情を老けさせてしまうということは、筋膜のねじれを改善すれば老けを改善できるということとなります。
そう考えると、簡単に老けを改善できると思いませんか?

筋膜は、全身全てつながっています。
そのため、どこかの筋膜がねじれたり引きつりを起こしてしまうと、別の部分に影響を与えてしまうのでます。
筋膜はがしを行うことで、縮こまって収縮してしまった筋肉をほぐすことができるので、体の中で起きている不具合を改善させることができます。
筋膜はがしを行うことで、肩や腰などの痛みが軽減します。

筋膜はがしは、毎日やることで全身のバランスを整えることができますよ。
筋膜はがしを行うと、左右で動かしやすい方や向きやすい方というのがわかり、動かしにくい方が筋肉が固くなっていることがわかります。
筋肉に詳しくない人でも、自分の体の中の硬さや不具合を把握することができるのです。
【誰でもできる簡単な筋膜はがしの方法】

筋膜はがしの方法は、簡単にできる方法もあります。
誰でもできる筋膜はがしの方法を、ご紹介します。

・テーブルを使った筋膜はがし
脚を肩幅に開いて、テーブルに両手をつきます。
その後、ゆっくりと両手を前に滑らせます。
この時、ヒザはまっすぐに伸ばして、体を90度にします。
前に倒れたりお尻を付き出しては、絶対にいけません。
この状態で、30秒間キープします。
これを、1日3回行います。
慣れてきたら、キープする時間を増やしたり、回数を増やしていくといいですよ。

・平泳ぎの形の筋膜はがし
椅子に座って、両方の腕を肩の高さで前に伸ばします。
両方の肩甲骨を前に押し出すようにし、20秒間キープします。
肩甲骨が背中から離れるイメージで行い、背中を丸めすぎないようにすることがポイントとなります。
その後、ヒジを肩の高さのままで後ろに引いて、20秒間キープします。
体より前にヒジを少し前に戻して、肩甲骨を起こすようなイメージで手を上げて、20秒間キープします。
腰を反らさないように注意して行うことが、ポイントとなります。

いかがでしたでしょうか。
長年悩みの種になっていた肩こりや腰痛は、筋膜はがしで改善できる可能性がありますよ。
筋膜はがしのコツを覚えて、少しずつゆっくりチャレンジしてみましょう。
筋肉が柔らかくなり血行が良くなることで、体に柔軟性が出てきて老け顔も改善していきますよ。
全身がアクティブになっていき、若々しい自分になることができます。

郡山市桑野 筋膜はがしで老けを防止なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 肋間神経痛が起こる原因

肋間神経痛は症状を示す名称で病名ではありません

心臓や肺といった重要な臓器を守るため人間には背中から胸の前面を囲む12本の肋骨があって、背骨の中を通る脊髄からその左右12対の肋骨に沿って延びる神経が肋間神経です。
その肋間神経が何らかの原因で痛む症状を肋間神経痛といいますが、頭痛や腹痛と同様に症状を示す名称で病名ではありません。
一般的に体を捻じる、深呼吸や咳をする、大声を出すなど肋骨の動きで痛みが酷くなります。

代表的な症状は左右どちらかだけに起こる胸の痛みで、突発的に突き刺すような激しい痛みが生じますが、痛みは長くても数分で治まります。
人によって肺や心臓の周辺に痛みを感じたり、背中に張りを感じたりして、痛みが出る場所や痛み方には個人差があります。
ただ基本的には、胸部の肋骨周辺が最も発生する場所です。
痛みの程度も強い痛み、骨が胸に刺さったような痛み、ぎゅっと掴まれたような痛み、うずくまってしまう痛み、歩けないほどの激痛と様々です。
かなりの痛みが起こるということが分かりますが、人によっては我慢ができる程度の痛み、筋肉痛のような痛み、チクチクした痛みということもあるのです。
痛みの出る期間は、先にも触れたように2~5分程度の短い時間ですが、数十秒程度の痛みを繰り返すケースもあります。
また、数ヶ月間毎日そういった痛みが襲ってくることもあれば、痛みが出たり出なかったりして10年程痛みに悩まされてしまう方もいるのです。

肋間神経痛が起こる原因は、肋間神経には全く異常がなく原因が不明な原発性と、病気やケガなどが原因となっている続発性の2つに分けられます。
この続発性は、肋骨の骨折・ヘルニア・胸椎の圧迫骨折などの外傷,ヘルペスウイルスによる帯状疱疹、内臓疾患や腫瘍などで生ずると考えられています。
またストレスによる冷えや肩こり、デスクワークなどで同じ姿勢を続けることで、肋間筋が固くなって肋間神経を圧迫し引き起こすこともあります。
それから運動不足や疲労によって神経が骨や筋肉に絞めつけられるなども原因として考えられていますし、咳や呼吸、姿勢を変えることで痛みが生じる場合もあります。

肋間神経痛の予防としては、原因のひとつとなるストレスを解消することで、それにより背中などにかかる緊張が解け症状が軽減する効果があります。
その為にも自分に適したリラックス方法を見つけておく必要があります。
また、胸や背中に負担をかけてしまうような姿勢を長時間続けることをしないように心がけることも予防につながります。
それからラジオ体操のように大きく胸を広げて深呼吸することも予防として有効です。
冷房のあたりすぎや冷たい飲み物などで体が冷えると自律神経の乱れにつながったり、肩などが冷えて緊張したりすることも発症する要因になります。
そのようなことにならないよう暑くても体を冷やしすぎないように注意することも予防として大事なことです。
前屈みの姿勢や猫背になると痛みが緩和されることもあるので、応急処置として楽になる姿勢を見つけておくことも必要です。

郡山市桑野 肋間神経痛が起こる原因なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 腱鞘炎や胸郭出口症候群

とても身近な存在と言える頚肩腕症候群

頚肩腕症候群というのは、その文字が示す通りに首・肩周り・腕に症状が表れるもので、パソコンを操作することが多い人や手・腕を酷使する職業の人にみられます。
文字だけを見ると何となく凄い病気なのかと考えてしまいますが、もしかするとあなたにも発祥している可能性がある程、とても身近な存在と言える症候群なのです。
発生する症状や程度に関しては個人差はありますが、主な自覚症状としては肩こりが酷い、首や背中の筋肉が張って痛い、手・指がしびれる、手の力が入りにくい、腕の筋肉が重だるいなどです。
また、手を動かすと痛む、腕や手の冷え感がある、頭痛、めまいと言ったものも自覚症状に該当します。
こうした症状がひとつでもあると発生している可能性が考えられますし、さらに症状を絞り込んでいくと診断名がつくこともがあります。
手や指のしびれ・痛み、筋力の低下の原因を、整形外科などを受診して検査を受けた結果、頚椎椎間板ヘルニア・変形性頚椎症などの頚椎の疾患と診断されることがあります。
また、腱鞘炎や胸郭出口症候群などの診断名が付けられることもあって、先に触れた自覚症状があるのに原因が特定できない時に、頚肩腕症候群として診断されることが多いのです。

発生した時にはどうすれば良いのかというと、思い切って療養できる期間を設けることで、それが何よりも回復への近道になるのです。
つまり、原因となっているパソコンや手作業を反復する仕事からしばらく離れて休養するということで、それにより症状が改善される場合もあるのです。
また症状を悪化をさせないためには、労働環境を見直すことも重要で、首・肩・腕への負担が蓄積され内容に工夫することが必要不可欠です。
ただ、業務内容によっては簡単に休養することができないのが現実ですし、会社の決まりごとなどもあることから簡単に職場環境を変えることも難しいです。
しかし症状が酷くなるとその辛さから精神的に影響を受けて、仕事だけでなく日常生活にも支障をきたすようになります。
ですから、できる限り負担が蓄積されないように心がけることが大事です。

その為の対処法としては、できる範囲で良いですから心身が楽に保てるようにデスクワークやパソコンワークの環境を整えることです。
また、それと共になるべく1時間に1回10分程度の休憩をとって、長時間同じ姿勢にならないようにすることです。
それから硬くなりがちな肩甲骨周りの筋肉をほぐしたり、頭をゆっくり回して首の筋肉をストレッチしたりするのも効果的です。
1日の中で好きなことを楽しむ時間やゆったりリラックスできる時間をつくるのも良いですし、整体院・整骨院・鍼灸院などで筋肉の緊張を緩和させるのもおすすめです。

ちなみに首や肩周辺の筋肉をストレッチする際には、疲労している腕の筋肉もストレッチして刺激をいれてあげることが大切です。
その結果、肩こりをはじめ腕や手の症状が緩和されて回復していきます。
ただ、想像以上に筋肉が硬くて伸びにくくなっている可能性もあるので、急激にストレッチせずに筋肉の硬さや痛さを確認しながら加減して行うことです。

郡山市桑野 腱鞘炎や胸郭出口症候群なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 坐骨神経痛と間欠性跛行

高齢女性が苦しんでいると考えられる脊柱管狭窄症

日本人が不快な症状としてあげているのが腰痛と肩こりで、その中でも高齢者の腰痛の原因として多くを占めるのが脊柱管狭窄症です。
文字通り脊柱管が何らかの原因で狭くなって、神経や血管を圧迫するために腰の痛みなどを引き起こす疾患です。
国内の患者のうち約70%は70歳以上で、70歳以上に限定してみると女性患者が男性患者の2倍になり、多くの高齢女性が苦しんでいると考えられます。
では、なぜ脊柱管が狭くなるのかというと、生まれつき脊柱管が狭かったり、脊柱管が正常より狭く成長したりする先天性があります。
また、すべり症・椎間板ヘルニア・腰椎への手術などにより狭くなる後天性もありますし、中高年に多いことからも加齢による病気や変性も原因として考えられます。

脊柱管狭窄症の特徴的な症状としては、坐骨神経痛と間欠性跛行の2つが挙げられます。
坐骨神経痛は、脊髄の通り道となっている脊柱管が狭くなることで、神経が圧迫されて下半身のしびれや痛みが生まれるものです。
間欠性跛行は、一定の時間歩くと足に痛みやしびれが表れるけど、少し休むと再び歩くことができるようになるというものです。
ただ、症状が進行すると短距離を歩いただけでも痛みが生じてしまうために、外出が厳しくなるなど日常生活に支障をきたすこともあるのです。

脊柱管狭窄症の治療は、排泄障害など重い症状がみられる場合は手術が検討されますが、神経根が圧迫される症状の軽い場合には、姿勢の改善や運動を心がけたり、痛みがある場合は安静を心がけたりする保存療法が中心になります。
保存療法としての薬物療法では、非ステロイド性消炎鎮痛薬や内服薬、貼付薬や塗り薬などが用いられます。
また、血管を広げる作用がある循環障害改善薬を用いて血流の改善を図ることもあります。
理学療法としては、血行の改善を即すための温熱療法や超音波療法が行われて、場合によっては腰椎の牽引も行います。
装具療法としては、腰部の安静を目的として腰部コルセットを装着しますし、腰を少し曲げた状態で固定する屈曲コルセットを使用することもあるのです。
痛みが強い場合には、痛みの伝達を遮断することや血流改善・炎症を鎮める目的で、局所麻酔薬を注射する神経ブロックが行われます。
強い神経障害がある場合や保存療法で効果が得られない場合などに手術が検討されて、その方法としては開窓術や椎弓切除術などが実施されて、除圧部位に支障をきたす場合は固定術の併用します。

姿勢に注意する、年齢や生活などのレベルに合った適切な運動を取り入れる、肥満を予防・改善するなどを意識して日常生活を送ることも大切です。
また、背中を反らせる姿勢は症状が起こりやすくなるので、杖や手押し車などを使用して前かがみの姿勢で歩行すると痛みが緩和されます。
それから痛みがあるからと言って安静にしすぎるのも良くないので、医師の指導の元で適度に体を動かし筋力を鍛える運動を心がけることも大切です。
このように日常生活において工夫や注意をすることも必要なことです。

郡山市桑野 坐骨神経痛と間欠性跛行なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 頚椎椎間板ヘルニアの発症

いろいろな因子が影響して発症する頚椎椎間板ヘルニア

背骨の首の部分が頸椎で、7個の椎骨により構成されているのですが、第1頸椎を環椎、第2頸椎を軸椎と呼んで、第3頸椎以下と異なる形状をしています。
また、椎骨間で衝撃を吸収してクッションのような役割をする椎間板ですが、第2頸椎以下に存在しているのです。
この椎間板の椎間板・線維輪に亀裂が入って内部の髄核が飛び出した状態が椎間板ヘルニアで、それが頸椎で発生すると頚椎椎間板ヘルニアと言います。
椎間板機能の異常により頸部痛などを引き起こしますが、飛び出した髄核が脊髄や神経根といった重要な神経組織を圧迫すると、手足のしびれや痛み・運動麻痺などの様々な神経症状を引き起こすことになります。
一般的に好発年齢としては30~50代と言われています。

頸椎椎間板ヘルニアはが発症する原因は、ひとつではなくて年齢・運動負荷・遺伝的素因など、いろいろな因子が影響することで起こると考えらます。
ただ頸椎の脱臼などの明らかな外傷に伴うものについては例外となります。
椎間板の髄核が飛び出して起こる主な症状は、手足のしびれや痛み・脱力などの神経症状で、頸部痛や肩こりなど局所の症状については、頸椎の加齢変化などでも起きると考えられています。
症状の現れ方としては、脊髄が圧迫されことで手足の先端に行くほど強いしびれが様々な程度で、両側かないし片側に発生します。
上肢においては握力低下や手指の細かな動作に障害が起こって、字が書きにくくなったり、衣服のボタンの留め外しが難しくなったりする巧緻運動障害が起こります。
下肢においては足が前に出にくくなって歩幅が狭くなって、階段の昇り降りがしづらくなる痙性歩行が発生します。
脊髄のどの部位がどの程度圧迫されるかによって、手のしびれ感などから立ち上がることもできないような高度な麻痺まで違いが現れてくるのです。
その一方で脊髄から枝分かれした神経根が圧迫されると、頸部痛と片側の上肢にのみ症状が現れて、上を見上げる動作や咳・くしゃみなどで痛みが増強します。

頸椎椎間板ヘルニアの治療方法は、ヘルニアによって脊髄と神経根のどちらが障害を受けているかで違ってきます。
手足のしびれや脱力が進行する脊髄症状がみられる場合は、診断確定後にすみやかに手術を検討することになります。
手術の方法としては、椎体と椎間板組織を削ってヘルニアを摘出して、削った部分に骨盤などから採取した自分の骨を移植する前方法があります。
また、後ろから脊柱管を拡大することにより脊髄圧迫を間接的に解除する後方法というのがあって、通常脊柱管狭窄を合併している場合に選択されます。
ただし、飛び出した椎間板髄核が吸収・消失の過程をとる可能性があるため、症状に変化があまりない時には、薬物療法や理学療法などの保存的治療にて経過をみることも少なくないです。
一方、神経根症状の場合は保存的治療が実施されることが多くて、頸椎カラーによる頸部の安静、消炎鎮痛薬やステロイド薬などの薬物治療が基本となります。
また痛みが強い場合には各種神経ブロック療法が行われますし、保存的治療で改善しない場合や運動麻痺が進行する場合は手術が検討されます。

 

郡山市桑野 頚椎椎間板ヘルニアの発症なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 肩甲骨の柔軟性

肩甲骨はがしには健康にも美容にもつながる効果が

現代人を悩ます大きな体のトラブルとして認知されているのが腰痛と肩こりですが、意外と肩こりを治療するため病院・治療院へ行くという方は少ないのが現状です。
しかし、症状をそのまま放置していると慢性化して、温めても揉んでも一向に改善しなくなりますし、頭痛・吐き気・めまいなどといった二次症状を引き起こす場合もあります。
何とか解消しようと様々な方法を試される方も多いでしょうが、どれもあまり効果を感じることができないという方も少なくないです。
その為、自分は肩こりになりやすい体質だからと諦めてしまう方も多いですが、そのような方に試して頂きたいのが肩甲骨はがしです。

名称は少し恐ろしいでが、長年肩こりに悩んできた方が肩甲骨はがしを実施したところ、肩こりが解消されたという例は数多くあるのです。
実は、どのような方法を行っても肩こりが解消しない場合は、肩に原因があるのではなく肩甲骨に問題がある可能性が考えられるのです。
その為、肩甲骨周辺の筋肉をほぐしてスムーズに肩甲骨が動くように改善すると、肩こりを解消することができるのです。
また肩甲骨周りの筋肉の凝りがほぐれると、正しい姿勢をとるのに余計な力や負担が必要なくなるので、楽に姿勢を正すことができるようになります。
その結果、猫背などの悪い姿勢も改善されて正しい姿勢を維持することができるようになって、その結果肩こりも解消されるのです。

肩こりや正しい姿勢維持と言った効果がある肩甲骨はがしですが、女性にとって嬉しい効果も期待できるのです。
そのひとつがシェイプアップ効果で、肩や肩甲骨周辺に多い褐色脂肪細胞が増えることでダイエットに繋がるという見解があります。
ただ現段階では、それが本当にダイエットへ直接効果があるということは証明されていないので、体重が減少するとは考えられないのです。
しかし、先に触れたように正しい姿勢をとることができるようになることで、体のラインが綺麗に見えるというシェイプアップ効果は期待できます。

胸郭が下がるとそれに引っ張られ首や顔の筋肉も下がって、その結果シワやたるみにつながると考えられています。
しかし肩甲骨の柔軟性が蘇ると顔の筋肉が下に引っ張られることがなくなって、シワやたるみの原因が解消されるのです。
肩甲骨が歪むと骨盤も歪んで血行不良を起こりやすくなりますが、肩甲骨の開閉がスムーズになることで骨盤の歪みが解消されると、血液の流れがよくなってむくみを改善することになります。

女性のバストは遺伝的な要素に左右されので、こうすれば大きくなるという方法はありませんが、形良く綺麗に見せるための方法というのは存在します。
実は猫背になると胸が奥に入り込むようになるため、バストが小さく見えたり下に垂れ下がったりしているように見えてしまいます。
しかし正しい姿勢を保てるようになると、背中の筋肉がバストを引っ張り上げるので形よく綺麗に見えます。
また血行が促進されることで女性ホルモンの循環がよくなるので、実際にバストのサイズがアップする可能性も考えられるのです。

 

郡山市桑野 肩甲骨の柔軟性なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 肩関節周囲炎の痛み

五十肩と同様の症状がみられる肩関節周囲炎

肩関節拘縮は、五十肩または肩関節肩関節周囲炎と呼ばれる肩の痛み・肩が上がらないなどといった症状を生じる疾患と類似しているもので、徐々に肩の動く範囲が狭くなっていくのも同じです。
40歳代から60歳代の世代に多くみられる症状で、しかも男性より女性に多く認められます。
症状の進行は、炎症期・拘縮期・回復期の3段階に分けられます。
炎症期は肩の痛みがゆっくりと強くなって、痛みが強くなると共に肩の可動範囲も狭くなってきます。
炎症期は通常6週~9ヶ月間程度続いて、その次の拘縮期になると肩の痛みは徐々に和らいできます。
ただ、肩が動かしにくい状態は続いて、日常生活動作に不自由を感じてします。
拘縮期は発症後4ヶ月から6ヶ月程度続いて、回復期になると肩の動きが少しずつ改善してきます。
ちなみに、元の状態かそれに近くなるまで回復する期間は、発症後6ヶ月から2年程度かかると言われています。

原因としては、利き手や職業に関係がある可能性も考えられますが、現段階では正確な発病原因は解明されていません。
しかし、重症化させる要因としてはいくつか分かっていて、そのひとつが糖尿病なのですが、なぜ糖尿病患者に発病しやすいのかその理由は解明されていません。
その他、甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症・パーキンソン病・心臓病なども発病に関連があるといわれていて、重症化させる病気として考えられているのです。

一般的に時間の経過と共に快方に向かうことが多いのですが、人によっては1年から3年も症状が続いてしまうこともあります。
少しでも早く肩関節拘縮を改善するための治療としては、基本的に鎮痛剤の投与やリハビリといった保存療法が実施されます。
保存療法としては、鎮痛剤ロキソニンやボルタレンのような鎮痛剤を用いて痛みを和らげたり、ケナコルトという抗炎症作用のある薬剤を関節に注射したりします。
関節可動域の改善に役立つ運動療法を、理学療法士の指導で行ったり自宅での自主訓練を実施したりします。
こうしたストレッチや関節可動域を拡大するリハビリを行う以外にも、筋肉の緊張をほぐすために電気療法や温熱療法を行うこともあります。

消炎鎮痛剤の内服や注射などといった保存治療でも症状が改善しない場合には、やむを得ない手段として手術治療を検討することもあります。
手術療法の目的は、硬くなった関節包を剥がすことと切離することで、一般的には全身麻酔下に徒手的授動術と関節鏡を用いた方法が実施されます。
手術中に得られた関節の動きが再び元に戻らないようにするため行われる手術後のリハビリはとても大切です。
リハビリ治療は地味なため患者の努力とやる気がとても重要で、元通りの日常生活に戻るためには必要不可欠な治療ということを認識しておく必要があります。
回復時期については患者によって様々で、術後6週から3ヶ月程度は必要と考えられます。
手術治療することで痛みが軽くなったり、肩関節の動きが良くなったりするので日常生活動作が楽になります。
ただし、糖尿病の重症例では再び肩が硬くなる、痛くなるといったことも考えられます。

郡山市桑野 肩関節周囲炎の痛みなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 足底筋膜が炎症する足底腱膜炎

アーチを下から支える足底筋膜が炎症する足底腱膜炎

人間は直立二足歩行をするようになったことで、足に体重の負荷が常にかかる生活を余儀なくされています。
それに伴い人間の足は、前後方向と横方向にできるアーチ状の構造になって、歩行や起立時の衝撃を吸収しています。
そして、その足のアーチを下から支える役割をしているのが足底筋膜という膜状の腱組織で、踵から足の指の付け根まで広がっています。
しかし、足にかかる過剰な負荷が原因で足底筋膜に細かい断裂が生じて炎症が起こると足底筋膜炎という病気を起こしてしまうのです。

発症する主な原因は、先にも触れましたがくりかえし負荷がかかることにより、足底筋膜に細かい断裂が入って炎症を起こすことです。
ですからスポーツなどで足に負荷が頻繁にかかる人や、肥満などにより歩行時や起立時に負荷が常に足へかかる方は注意が必要です。
足底筋膜炎の症状の特徴としては、歩行時に足の裏に痛みが起こることで、走ったり跳ねたりすると強い痛みになります。
痛みが最も起こる部位は踵の前方部分で、中央部の土踏まず部分や踵から遠い足底筋膜の順に痛みが起こりやすいです。

足底筋膜炎の治療法の基本は休息と安静で、無理をして歩行や運動を重ねてしまうと炎症が悪化すると共に、足底筋膜に生じるダメージが回復しないで慢性化してしまいます。
このようなことを回避するためにも、無理に運動を継続するのではなくて、一度しっかりと足を休ませることを心がける必要があるのです。
ただしっかりと休息と安静をしても強い痛みが生じていたり、症状の軽快に時間がかかったりする場合は、様々な保存療法を実施します。
そのひとつが装具療法で、足底筋膜をサポートするインソールなどの装具を着装することで、足底筋膜の炎症を軽減させます。
用いる装具は取り外しが簡単にできるので、負担のない治療法として頻繁に用いられています。

痛む部分に超音波エコーを使用して焦点を確認しながら患部に衝撃波を照射する体外衝撃波治療というのもあります。
難治性の症状に対して行われる治療法で、この方法が誕生したことで手術をすることなく除痛できると高い評価を得ています。
また透過性が良い近赤外線による温熱効果で血流を促進させ組織の修復を促すキセノン光治療というのもあります。
それから痛みへの対処法として、鎮痛消炎効果のある湿布や塗り薬などの外用薬を用いることがありますが、効果に関しては個人差が大きいです。
ただ、継続して続く痛みは日常生活に支障をきたしてしまうので、少しでも痛みのコントロールが可能なら生活の質を落とさずに済みます。
足底筋膜部分にステロイドの局所注射をすることで、強い炎症を抑制して痛みを和らげるのも治療法のひとつです。
しかし、こうした保存療法でも症状が改善されない場合や、症状が悪化している場合には手術を検討する可能性もあります。
手術は踵骨という踵を作っている骨から足の指の方向へ伸びている足底筋膜の一部を除去するですが、こうした手術が行われることは稀です。

郡山市桑野 足底筋膜が炎症する足底腱膜炎なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 Triangular Fibrocartilage Complex

TFCC損傷は手首の外側のケガと言える

三角線維軟骨複合体は長い名称なため、英語の「Triangular Fibrocartilage Complex」の頭文字をとってTFCCと呼びます。
このTFCCは、尺骨三角骨靭帯・尺骨月状骨靭帯・掌側橈尺靭帯・背側橈尺靭帯・尺側側副靭帯・三角靭帯の6つの靭帯と、三角線維軟骨により構成されています。
靭帯は骨と骨をつなぎ合わせて関節の安定性に貢献しているので、TFCCは手首の外側の安定性に関与していると言えます。
この手首の外側にあるTFCCを傷めてしまうことをTFCC損傷といって、簡単に表現すると手首の外側のケガと言えるのです。

TFCC損傷を起こす原因は、TFCCを構成する靭帯や関節円板が損傷を受けたことです。
では、どんな要因で損傷を受けるのかというと、TFCC部分に引っ張られることが繰り返されたり、圧迫力が強く働いたり捻る動きが加わったりすることが日常的に繰り返されることです。
具体的には、テニス・野球・バドミントン・ゴルフなどのスポーツにおいて、ラケットやバット・ゴルフクラブなど道具を使う時の動作で、手首の牽引・圧迫・捻りが繰り返されるのです。
また、これ以外にも転倒により手をついたことで、橈骨遠位端骨折(簡単に言うと手首の骨折)に合併して起きたりするケースもあります。
主な症状としては、手首の外側の痛み・圧痛・動作時痛・手首を返すなどの動作制限・握力低下などがあります。
また、自分で動かす範囲の手首の上下運動ではそれ程痛みはないけど、手首を後ろに反る背屈位による圧迫や手首を外側に動かしたり回したりする時の痛みが特徴としてあります。

TFCC損傷の治療は、基本的には安静や固定・内服治療・注射といった保存療法が選択されますが、状態によっては手術が選択されることもあります。
発生した場合はまず安静にすることが重要で、スポーツは無理せずに休むことが必要となります。
痛みの程度に応じてギプス固定などが選択されることもあって、一般的な固定期間としては3~4週間程度です。
また、サポーターやテーピングを用いた固定もありますし、スポーツに復帰した場合の予防・不要な動きを抑制するために、サポーターやテーピングを使用することも大切です。
ちなみにテーピングは、固定力が強い方がよい時期には非伸縮タイプを、運動を開始した時は伸縮タイプを利用すると良いです。
痛みが強い場合は内服治療として、消炎鎮痛剤が処方されますし、安静や内服でも症状が軽減されない場合には、ステロイド注射が行われることもあります。
こうした保存療法でも痛みが改善されない場合や日常生活に明らかな支障を及ぼしている場合には、手術が検討されるケースもあります。

治療における安静・固定はあくまでも必要最低限で、一定期間が経過して痛みが治まってきたら、必要に応じて動かしていく必要があります。
筋肉もあまり使わないと筋力が落ちてしまいますし、筋筋膜も硬くなりやすくなるので、小さい負荷からストレッチやトレーニングをはじめていくことです。
特に手の動きに関係してくる尺側手根屈筋と尺側手根伸筋の2つの筋肉に注目する必要があります。

郡山市桑野 Triangular Fibrocartilage Complexなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 緊張性頭痛の改善

ストレスを解消することが緊張性頭痛の改善につながる

緊張型頭痛とは、慢性的な頭痛の代表ともいえる存在の頭痛で、後頭部を中心として頭全体をギューッと締めつけられるような鈍い痛みが起こります。
また頭痛の他にも肩や首のこり・フワフワとしためまい・全身のだるさなどといった症状を伴うこともあって、年齢や性別に関係なく発症します。
主な原因として考えられることは、長時間のデスクワークや車の運転などで、不自然な姿勢が続くことにより引き起こされる身体的なストレスがあります。
それから仕事や家庭などの心配や不安などによる精神的なストレスも原因と考えられていて、とにかくストレスが大きく影響しているのです。
また、ときどき頭痛がする反復性とほぼ毎日頭痛が起きて3ヶ月以上続く慢性の2タイプあって、それぞれで治療法や対処法が異なる場合があります。

緊張型頭痛のクリニックにおける治療法としては、アスピリン・イブプロフェン・アセトアミノフェンといった非ステロイド性抗炎症薬を服用する薬物療法があります。
ただ、この治療法は反復性のものには有用なのですが、慢性の場合にはそれ程効果は期待できません。
また、長期的な服用になってしまうことで、薬物乱用頭痛や胃腸へ負担がかかるなどといったデメリットを考えられるので、安易な薬の服用は控えた方が良いです。
痛みに対する直接的な治療とは別に、頭痛の原因のひとつとなる精神的なストレスを軽減する方法が実施されることもあります。
その為に、首や肩といった筋肉の緊張を緩和する効果がある筋弛緩薬や、不安を取り除くための三環系抗うつ剤・抗不安薬などが処方されます。
また、漢方薬による体質改善・温熱療法・電気治療・牽引による首や肩の筋肉の緊張に働きかける物理療法・鍼灸・バイオフィードバックといった様々な方法が行われることもあるのです。

こうした治療と共に自分でもできる対策を実践することもおすすめです。
その対策としては、頭・首・肩の筋肉をほぐすことを意識することで、その為にデスクワークの途中で背筋を伸ばしたり、マッサージやストレッチをしたりすることです。
また、同じ姿勢を長時間取りつづけないいろいろな工夫も有効です。
それから、温めたタオルを首回りに巻いたり入浴で筋肉をリラックスさせたりすることも対策として効果的です。
特に、首の後ろで頭を支える後頸筋と肩にある大きな僧帽筋に刺激を与えるストレッチを行うと良いです。

後頸筋を伸ばすストレッチのやり方は、まず頭は動かさないようにして正面を向いて胸の高さに両腕を上げ、そのまま腕を左右へ水平に振るようにストレッチします。
その際、頸椎を中心としてコマになった感じで、腕の力を抜いて振るのがポイントとなります。
約2分間程度続けると筋肉の緊張がほぐれて楽になります。
もうひとつの僧帽筋を伸ばすストレッチのやり方は、まずひじを軽く曲げて肩を中心にひじを前後にそれぞれ大きく回します。
これを肩の僧帽筋の動きを意識しながら6回程度繰り返すと良いです。
こうしたストレッチで筋肉の緊張をほぐすと共に、気持ちもリラックスできてストレス解消にもつながるので試してみると良いです。

郡山市桑野 緊張性頭痛の改善なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 肩鎖関節脱臼の放置

肩鎖関節脱臼をそのまま放置しておくと?

肩鎖関節とは、その名が示す通り肩と鎖骨の関節で、肩甲骨の肩峰という部位と鎖骨の外側の端っこからなる関節です。
鎖骨を真ん中くらいから外側に撫でるように触れていくと少し盛り上がって、またすぐへこんでその外側に骨が触れる部位があります。
その盛り上がった部分が鎖骨の端っこで、へこんだところが肩鎖関節になり、その外側に骨が触れる部分が肩甲骨の肩峰なのです。
肩を動かす場合には肩甲骨も連動して動きますが、その肩甲骨が動く時の1つの支点になるのが肩鎖関節で、正直なところあまり関節として認識されることは少ないです。

この肩鎖関節の部分が何らかの要因で外れてしまうのが肩鎖関節脱臼で、それにより鎖骨の端っこが盛り上がり体表上にも出っ張って見えるといった典型的な症状が見られます。
ちなみに、体表上に出っ張った部分を上から押すとへこみますがまた盛り上がるといった、ピアノの鍵盤のような動きをします。
また、肩鎖関節が外れているので患部に痛みを伴いますが、炎症が落ち着いてしまえば肩の動きはあまり制限されません。
なぜ肩鎖関節の部分が外れてしまうのかというと、肩鎖関節脱臼は典型的な受傷機転で肩を直接強打したことが原因になるのです。
その為、アメリカンフットボールやラグビーなどコリジョンスポーツと呼ばれるもので衝突や転倒時や、柔道などで投げられて肩から落ちた時などに起こることが多いのです。

通常、脱臼となれば大急ぎで整復しないといけないと考えられますが、肩鎖関節の脱臼の場合はそうでもないのです。
その理由は、先にも触れましが上に外れた鎖骨を上から押さえてもまた上に上がってしまい、整復状態の保持が非常に難しいからです。
その為、しっかりと根本から治すためには手術の必要になることが多いです。
そこで治療について考える時に、手術しないでそのまま放っておくとどうなるのかということが気になる問題で、それを知っておく必要もあります。
他の部位で脱臼が起こった場合には痛すぎて全く動かせないですし、周辺の神経などにも悪影響が起こって大変な状態になります。
しかし肩鎖関節脱臼の場合はちょっと違って、脱臼した直後は痛いですが徐々に痛みがなくなり、脱臼したままでも肩を動かせることは良くあるのです。
その為、治療を考える際にそのままの状態にするということも考える必要があるのです。

では、手術しないでそのまま放置するとどうなるのかというと、まず肩を動かす時に不安定になり痛みの原因になることがあります。
先に痛みなく動かせることが多いと言いましたが、脱臼の程度により肩を動かす時に鎖骨の先端が不安定に動いて痛みの原因になったり、肩甲骨の動きが異常になったりして痛みの原因になります。
また脱臼の程度によりますが、筋肉の付着部になっている鎖骨の先端や肩峰の安定性が損なわれるので、肩の筋力が落ちる可能性も考えられます。
それから見た目が気になることもあって、治療しないで放置しているとこうしたことが起こることを理解しておくと良いです。

 

郡山市桑野 肩鎖関節脱臼の放置なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 自動車とオートバイの追突事故

しっかりとバイク事故治療を受けて健康な体にすることが大事

ちょっとした買い物に行く時やツーリングで遠出をする時などに、車よりも小回りが利くことからオートバイを愛用している方も少なくないです。
しかし、気をつけなくてはならないのが事故によるケガで、車の場合には車体やエアバッグなどが体を守ってくれますが、オートバイの場合は事故の衝撃を直接体に受けてしまいます。
その為、骨折など骨に異常をきたしてしまう大きなケガにつながりやすいですし、場合によっては命を落としてしまうことも考えられます。
また意外と知られていないことですが、オートバイ事故の場合であっても、むち打ち症になってしまうケースが多いのです。
頭部を守るためにヘルメットを被っているおかげで頭への衝撃は免れるのですが、頭を支えている首を守るものがないことから大きな負担がかかってむち打ち症になってしまうのです。

自動車とオートバイの追突事故はもちろんのこと、自転車や人を除けようして転倒したり、ちょっとした接触事故を起こしたりしても、体に受ける影響は想像以上に大きいものです。
ただ、むち打ち症の場合は事故直後に自覚症状が出ないことも多くて、軽い事故と考えてしまうこともあります。
でも体に不調をきたすこともなく平穏に過ごしていても、数日経過した時に不意に症状が起こることもあるので、事故の大小に関係なくすぐに病院を受診することが大事です。
しかし、むち打ち症は骨に異常が起こるものではなくて、筋や神経を損傷することで様々な症状を引き起こすため、病院の検査では全く異常は見られませんと診断されることも少なくありません。
ただ自賠責保険を使用してバイク事故治療をするためには、事故との因果関係を証明する必要があるので、必ず病院を受診しなくてはならないと理解しておくことです。

病院を受診して治療しても、なかなか症状が改善しないという方もいて、その為治療を途中で辞めてしまうケースもあります。
しかし、症状をそのまま放置し続けてしまうと痛みは消えませんし、症状が悪化して後遺症としていつまでも悩まされてしまうことも考えられます。
そのようなことにならないためにも、自分に必要な自分に適した治療を選ぶ必要があって、そのひとつが接骨院でのバイク事故施術です。

一番大事なことはしっかりと事故のケガを治療して後遺症もない健康な体にすることです。
その為にも、治療を途中で諦めて放置してしまうことなく、早い段階で症状改善が望める治療をしっかりと受けることです。

 

郡山市桑野 自動車とオートバイの追突事故なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 ストレートネックの病院での対処法

ストレートネックは他の病気に進行する可能性もある

本来、人間の首は衝撃を吸収するためや負担を軽減するためにS字になっていますが、その首のS字が失われて真っ直ぐに近いストレートネックになることがあります。
なぜ発生してしまうのかというと、最大の原因はやはり姿勢でスマホやパソコン操作で、長時間うつむきの姿勢を続けていることです。
こうした原因で発生することから現代病とも言われていますが、遺伝的に姿勢が悪いこと・スポーツ・加齢なども原因として考えられることです。
ただ首が真っ直ぐになっても何ら症状が出ない人もいますし、頭痛・肩こり・首を動かすと痛い・首が詰まったような感じなどの症状が起こることがあります。
また、めまい・ふらつき・手のしびれ・寝返りがしにくい・胃が悪いなど、首以外のところに症状が現れるといった特徴もあります。

しかし、酷い状態になると首や肩こりだけではなくて、他の病気に進行する可能性があるといった厄介なところもあります。
具体的には、自律神経失調症・うつ・頚椎症・頸椎椎間板ヘルニアなどで、こうした様々な病気とストレートネックの両方を抱えてしまうこともあるので注意が必要です。
自律神経失調症は、どこが悪いというわけではないのに、体調が悪い・頭が重い・肩がこるなどといった様々な症状に悩まされます。
頸椎症は首の骨や椎間板が変形することで骨と骨がぶつかったり、擦れたりすることで痛みが出る病気で、体や足につながる神経に触れるとしびれなどが起こります。
また、首の痛みや凝り・腕痛・手指のしびれ・後頭部の痛みなども起こってくる可能性があります。
頸椎椎間板ヘルニアは、クッション役割をする椎間板表面に亀裂が入って、中にある髄核が出て神経などを圧迫する病気で、しびれや痛み・脱力感・力が入りづらいという症状が起こります。
また、場合によっては運動麻痺も起きる可能性があって、排尿や排便に支障が起こったり歩行障害が起こったりすることもあるのです。
こうした厄介な病気に進行する前に、しっかりと治療する必要があります。

ストレートネックの病院での対処法や治し方としては、あくまでも発生している症状に対応する対処療法がメインになります。
その為、痛みがある場合は患部を冷やすために冷湿布を貼りますし、体の冷えで痛い場合は温湿布を貼るなどして対処します。
また、痛みを抑える方法として首の筋肉が衰えるので短期間の使用になりますがカラー固定が行われますし、首を牽引して骨同士の圧迫を軽減したり矯正したりする頚椎牽引療法も行われます。
強い痛みがある場合には、局所麻酔で周囲の筋肉を緩めて血流をよくして傷んだ神経を修復するブロック注射が行われます。

ただ首の骨は背骨の一部なので、病院での対処法や治し方のように首だけを治療しても改善されないことが多いのです。
首の歪みだけではなく全身の歪みが影響していることが考えられるので、整体院や接骨院で全身の歪みを改善することも検討してみると良いです。
首が真っ直ぐになっていることで悩まれている方は、一度試してみるのもおすすめです。

郡山市桑野 ストレートネックの病院での対処法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 むちうち施術

接骨院はむちうち施術を得意としている

むちうち施術は何といっても最初が肝心なので、交通事故やスポーツなどで衝撃を受けた直後は安静にすることを心がけることです。
また、痛みや違和感がある場合はもちろんですが、何の自覚症状もない場合であっても、すぐに整形外科を受診することです。
なぜ、すぐに病院に行くべきなのかと言うと、衝撃を受けた直後に痛みがなくて1~3日後に症状が現れやすくて、痛みが出るまでにタイムラグがあるからです。
また、交通事故やスポーツ事故の直後は興奮状態にあることから、本当は痛みがあるのに感じていない可能性があることも理由のひとつです。
それから脳出血している可能性など、むちうち以外の症状が起こっている可能性も考えられるので、とにかく早い段階で病院を受診して検査を受ける必要があるのです。
ここを怠ると一生治らない後遺症が残って、いつまでも症状に悩まされてしまう可能性もあるからです。

むちうちになるメカニズムですが、重い頭部が胴体と別方向に動くことで首や周辺の筋肉・靱帯が損傷して起こります。
人間の頭は体重の約10分の1の重さがあると言われていて、この重い頭部が衝撃で胴体と別方向に動くと首や周辺の筋肉・靱帯が損傷してしまうのも理解できます。
ただ、首への衝撃は事故の被害度合いと関係がないので、衝撃が小さいからと言って単純にむち打ちになっていないとは判断できないのです。
小さな衝撃でも頭部が胴体と別方向に動くことは、首に大きな負担がかかるもので損傷してしまう可能性も考えられます。
軽い事故であっても首への衝撃があればむちうちになることもあるので、どんな事故であっても念のため事故直後には病院に行くように心がけることです。
また、こうした外的な原因だけではなくて、事故や外傷によるストレスを回避するために脳の機能が低下すると言った心理的な原因も影響することがあります。
心理的な原因により血流が低下してしまうことで、首や肩の痛み・こりが発生すると言ったメカニズムの存在も知っておくと良いです。

むちうちが考えられるので、事故直後には首を無理に動かすことは絶対にしてはいけないです。
その為できる限り自宅で安静にすることを心がけることが大事で、必要に応じて頸椎カラーをつけて首を固定するのも良いです。
頸椎カラーを装着することで首への負担も軽減できるので有効です。
また、事故直後は炎症を起こしているので、患部を温めたりマッサージをしたりすることはNGな行為と理解しておく必要があります。
患部を冷やせば炎症が抑えられ痛みを緩和してくれます。
それから痛み止めはあくまでも苦痛を緩和してくれるもので治癒しているわけではないということも理解しておく必要があります。
薬で痛みが和らいだからと言って決して無理をしないことです。

痛みが治まってからのむちうち治療としては、緊張した首の筋肉をほぐして機能回復のためのリハビリが実施されます。
整形外科では首を牽引やホットパックを利用した温熱治療がメインになりますし、接骨院では首付近の筋肉をほぐし血流を良くするための施術が行われます。
ちなみに接骨院はむちうち施術を得意としています。

 

郡山市桑野 むちうち施術なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 接骨院での交通事故治療

接骨院で交通事故施術を受けるために必要なこと

交通事故施術で多くみられる症状のひとつがむちうち症で、事故による突発的外力で柔らかく動く頚部がムチのように波状運動を強いられて、頸椎とその周辺組織が損傷するものです。
具体的には、頚部の筋・靱帯・骨・椎間板・神経・血管などが損傷を受けて、首の痛み・頭痛・上肢のしびれ・肩こり・めまい・吐き気など様々な症状を引き起こします。
事故直後から自覚症状が出る場合と、直後には症状を感じないが翌日からや数週間後になってから症状が出る場合があります。
むち打ちが起こる交通事故として出会い頭の事故と停車時追突事故があって、不意を突かれて身構えることがない状態で衝撃を受ける停車時事故の方が損傷が大きい場合が多いです。
一方の出会い頭の事故は、逆に身構えて急に肩や首の筋肉に力を入れて最大筋力を出すために痛みがでることがあります。

むち打ちの交通事故施術は、最初整形外科で行うことになりますが、病院のレントゲン・MRI・CTなどの画像検査では、むち打ちの痛みの原因が分からないことが多いです。
その為、医学的には問題ないと判断されて、現状で起こっている症状に対して鎮痛薬や消炎薬などを用いてする対処療法しかしてくれない場合もあります。
むち打ちを後遺症を残すことなく回復するためには、早い段階でしっかりと適切な治療を受けることが必要です。
そこでおすすめしたいのが接骨院での施術です。当院ではドクターの指示のもと施術を行っていき、患者様の社会復帰がなるべく早く出来るよう補助をしていきます。

本来、交通事故の被害者は自賠責保険を利用して治療を受ける権利が補償されています。
また自賠責保険の保障内容には、接骨院での柔道整復師による施術費用に関して支払基準も明記されています。
その為、被害者である患者様が接骨院の治療を希望すれば自由に通院することは可能なのですが、注意深く対処する必要があるのです。
まず理解しておく必要があることは、接骨院での施術は医師による医学的診断に基づいて行われることが前提になっていることです。
つまり医師の診断を受けていない状態で、接骨院の施術を受け続けることは自賠責保険を利用する場合は認められないのです。
また医師の診断というのは、単に初期診断だけを指すのではなくて、全治療期間に通じた継続的な医学的診断のことを指しているのです。

このようなことから接骨院での施術を行う場合でも整形外科での通院治療・診察を併用する必要があるのです。
その為、医師が接骨院での施術を受けることを、全く認知していないということは問題になる状態です。
医師に接骨院で施術を受けたいというのは言いにくいと感じる方もいるでしょうが、安心して十分な施術を受けるためには必要不可欠なことなのです。

 

郡山市桑野 接骨院での交通事故施術なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 変形性膝関節症の予防法

【変形性膝関節症って?】

ひざ関節の軟骨がすり減り、関節炎や変形を生じ、痛みが起こる病気です。

■正常な膝

正常時、関節の表面は軟骨で覆われています。
軟骨は、硝子軟骨、繊維軟骨、弾性軟骨の3種類があり 、膝関節表面を覆う軟骨は「硝子軟骨」に分類されます。

・硝子軟骨(骨で大きな形をつくり骨に置換される)
関節を覆う関節軟骨、気管を守る軟骨、甲状軟骨(喉仏)

・繊維軟骨(コラーゲンが多く、優れた弾力性がある)
椎間円板(椎間板)、恥骨結合部、関節半月、関節円板

・弾性軟骨(弾性繊維を含み、硝子軟骨より弾力性がある)
耳介軟骨(耳)、喉頭蓋

軟骨は、弾力性に優れ、膝の動きを滑らかにしたり、衝撃を和らげたりする働きがあります。
また滑膜から分泌さる関節液には、水分保持能力に優れたヒアルロン酸を含む粘り気のある液体で、膝関節内部で潤滑油的な働きを担っています。

■変形性膝関節症・初期から進行期

膝の動きをスムーズにする膝軟骨は、加齢やストレスで次第に減少・劣化。
主成分のヒアルロン酸は、20代をピークに体内での生成が激減するため、軟骨の弾力性は、年齢とともに低下。

その上、膝を繰り返し酷使すると軟骨が摩耗します。
初期では、特別な自覚症状はありませんが、摩耗が進むと膝の曲げ伸ばし、立ち上がりや歩行時の痛み、半月板の変形で関節炎などが発生。

さらに、関節液が大量に分泌し、膝周辺に水がたまり腫れを引き起こします。
進行期には、軟骨の摩耗はさらに悪化。

クッション性の軟骨を失った関節を構成する骨と骨は直接ぶつかり、骨棘を形成。
この時点では、骨そのものが変形し、変形した骨棘で周囲の組織を傷つけ、強い痛みや可動域の制限等で、日常生活に大きな影響を及ぼします。

【変形性膝関節症になりやすい人は?】

変形性膝関節症は、加齢とともに増加。
60歳以上では、女性の4割、男性の2割が変形性膝関節症と診断されます。

80代になると女性で7割、男性で半数以上が変形性膝関節症を抱えているといわれ、そのうち2割で痛み、腫れなどの強い自覚症状を抱えています。
そのため、中高年以降は、変形性膝関節症になりやすい傾向にあると考えてください。

さらに、膝に負担のかかりやすい肥満、骨盤の歪み、O脚、猫背などの不良姿勢は、特に注意が必要です。
整体や整骨院では、骨盤矯正やO脚矯正、不良姿勢の改善等の施術に対応しています。

変形性膝関節症のリスクを低減するためにも、早めに原因を一つでも取り除くようにしましょう。

【変形性膝関節症の予防法】

変形性膝関節症の予防は、膝周辺の筋肉を鍛えるのがポイント。
体を仰向けにし、右足を床から10センチ持ち上げ、そのままキープ。

左右同じように10回ずつ行なうストレッチで、膝周辺の筋力アップが期待できます。
その他、膝に負担がかからない水中ウォーキングなども大変おススメです。

ただし、この方法で、痛みを感じる場合は、すぐに中断しましょう。
これらのストレッチは、自宅でも簡単に出来る方法ではありますが、やり方が間違っていたり、やりすぎると逆効果になる事もあります。

その場合は、整体院等で正しい方法をアドバイスしてもらうようにしてください。

郡山市桑野 変形性膝関節症の予防法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 半月板損傷について

半月板損傷について説明します。

【半月板ってどこ?どんな働きがあるの?】

半月板とは、膝の内部、内側と外側に1枚ずつあります。
大腿骨と脛骨から構成される関節面に挟まれるように存在。

半月板は、軟骨様の板でクッションとスタビライザー(安定)の役割りを担っています。
膝の動きを滑らかにしたり、屈伸、屈曲、伸展、内施、外施など膝仮説の働き全般に対応。

その他、膝関節を安定させ、ジャンプ、着地時の衝撃を吸収するなどに対応します。

【半月板損傷って?】

この半月板が運動などによって損傷(断裂)すると、膝関節の痛み、疼痛、可動域の制限等が発生します。
特にジャンプ着地の際、膝関節が屈曲しつつ捻りが加わると、半月板に対する影響が大きく、部分的もしくは全体の損傷・断裂。

またランニングなど繰り返し膝を酷使するような動き、平泳ぎなど膝の曲げ伸ばしを頻繁に繰り返す動きでダメージが強くなります。
半月板損傷は、単独よりも、前十字靭帯や内側側副靭帯の損傷などを併発しやすく、関節軟骨の損傷を伴う場合など合併症の危険性もあります。

逆に、前十字靭帯単独損傷が先に発生し、その後遺症として半月板損傷することもあります。

【半月板損傷の症状は?】

受傷しはじめは、疼痛が主な症状です。
また膝を曲げ伸ばすときにひっかかりを感じたり、違和感などがあります。

断裂部位が大きく、損傷した半月板の一部が、他の部位に挟まってしまうと関節の働きがロックされ、曲げ伸ばしができない、稼動制限が起こる、動かすたびに激痛が走るなどの症状が見られます。

慢性化すると、膝関節に水や血がたまる水腫や血腫が起こり、さらに長期化すると大腿四頭筋が萎縮します。
さらに悪化すると大腿骨や脛骨の関節軟骨が損傷し、骨が変形する変形性膝関節症などの原因になります。

【半月板損傷の治療法は?】

ほとんどの場合、保存療法で改善します。
ただし、場合によっては、手術を実施し、術後3ヶ月以上も運動ができない事もあるでしょう。

また術後、痛みや違和感、しびれがとれない、思うように膝を動かせない、などの問題を抱える事もあります。
その場合は、整骨院や整体院などの施術で症状の緩和を期待しましょう。

整体、整骨院では、半月板損傷に対する予防、症状の緩和実績も高く、多くのアスリートが利用しています。

【半月板損傷って予防できる?】

100%の予防は難しいですが、半月板損傷のリスクは低減できます。
その方法は、筋トレやストレッチ、固定です。

■筋トレ

半月板損傷等膝周辺のトラブルは、膝に大きな負担がかかることが要因です。
そこで、膝周辺の筋力アップで、過度の負担にも耐えられるようにしましょう。

特に、太ももの筋トレを強化することで、膝への負担が軽減できます。
両手を肩幅程度に開き前に伸ばします。

右足を軽く上げ、片足立ちします。
そのままゆっくりと膝を曲げて、体を前に軽く倒します。

グラグラしないようしっかりと体を固定するのがポイント。
5秒から10秒キープしたら元の位置に戻り、足をかえて同じように繰り返し10回行ないます。

■ストレッチ

柔軟性の高い筋肉にしなければならないので、筋トレ前後、運動前後、など常にストレッチを丁寧に行なうようにしましょう。
またストレッチをすることで、疲労が回復しますので、質の高い筋力アップが出来ます。

この方法によって半月板損傷の予防だけでなく、加齢で発生する膝周辺のトラブル全般に強い丈夫な足腰に出来ますので、是非無理をしない程度に取り入れてください。

 

郡山市桑野 半月板損傷についてなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 恥骨結合離開

恥骨結合部位が離開し、痛みを伴う症状を「恥骨結合離開」といいます。

【「恥骨」とは?】

恥骨は骨盤の一部です。
一つの大きな骨のようにみえる骨盤は、いくつもの骨が組み合わさるように構成されています。

細かく分けると8つのパーツがあり

・仙骨(骨盤の真ん中)
・尾骨(仙骨の中央下)
・腸骨(寛骨の一つで羽のように大きいパーツ左右1対ずつ)
・坐骨(寛骨の一つで骨盤下左右1対ずつ)
・恥骨(寛骨の一つ骨盤下の真ん中左右1対ずつ)

恥骨は、骨盤では最も下に位置し、左右を繋ぐ大事な役割りがあります。
その部分を「恥骨結合部」といいます。

ただ、恥骨結合部は、細菌感染による炎症や転倒による衝撃や圧による衝撃で、骨折や離開しやすい部位でもあるのです。

【「恥骨結合離開」とは?】

恥骨結合部は、大部分をコラーゲンの繊維軟骨で構成されています。
そのため弾力性に優れ、圧力に抵抗したり、衝撃を吸収する作用が高く、また骨同士が接触することによる損傷を予防します。

恥骨結合部の上側には、上恥骨靭帯が付着、下には、恥骨弓靭帯が付着し、恥骨結合部をしっかり補強しているので、恥骨結合部は、ほとんど動く事はありません。
ただ、女性の場合、妊娠から出産にかけ、恥骨結合部が「リラキシン」という女性ホルモンの影響を受け緩みやすく、また胎児の成長に合わせ体重の増加による圧、出っ張ったお腹の張り出しにともなうからだの歪み等で、本来の場所から「動く」事があります。

その時、大きく離開すると激しい痛みとなって症状が現われます。
激痛の程度は、人によって異なりますが、階段の上り下りはもちろん、まともに歩くことができず、ひどい場合、寝たきりの状態になることも珍しくありません。

その他の症状としては、

・足が上がらない

痛みで足を床から離すことができず、小さな段差が超えられない事があります。

・寝返りができない

じっとした姿勢から初動時の寝返りで激痛が走ります。

・前に歩けない

恥骨結合は、骨盤前面にあるため、足を前に出すたびに痛みを伴います
ただ、離開の程度によって後ろ向きに歩ける場合もあります。

・動きはじめの一歩が痛い

初動時に痛みはあるものの、次第に症状は緩和。
ただし、完全に痛みが消える事はありません。

【「恥骨結合離開」の治し方などは?】

「恥骨結合離開」は、セルフケアが難しい症状の一つです。
そのため整骨院による施術を受けるのがおススメです。

整骨院など東洋医学は、恥骨結合離開の原因となる骨盤の歪みなどを矯正するのを得意としています。
そのため、施術を何回か受けることで、症状の緩和が期待できます。

また、妊娠中のデリケートな体でも妊婦整体なら安心できる施術なので、「恥骨結合離開」による痛みで悩んでいる方は、妊婦整体に対応する整体院でご相談くあdさい。

予防法としては、骨盤が歪んでしまう原因を取り除くなどが最適。
例えば、猫背や頬杖、反り腰などの不良姿勢は、それだけで骨盤を大きく歪ませてしまいます。

また、血行不良や運動不足は、骨盤を支える筋力の低下を招き、それが原因で骨盤が歪み「恥骨結合離開」のリスクを高めるので、適度な運動を取り入れるようにしましょう。

ただし、妊婦さんは、自己判断での運動やストレッチは禁物。
恥骨部位に痛みがなくても、無理は絶対にせず、担当医師に相談した上で、妊婦整体を上手に活用してください。

郡山市桑野 恥骨結合離開なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 足底腱膜炎

足底腱膜炎とは、足裏の筋膜に起こる炎症です。
正しく対処しなければ、症状が悪化することもありますので、原因や症状、治療法や予防法などをこの機会に覚えておくといいでしょう。

【「足底腱膜炎」とは】

足の裏には、「足底筋膜」という膜状の腱組織があります。
かかとから足指の付け根まで広がり、それによって、足底にかかる衝撃を吸収し、スムーズな動きを支えています。

しかし、足底筋膜に細かい断裂が生じ、炎症がおこると「足底腱膜炎」としてあらゆる不調が起こります。

【「足底腱膜炎」の原因は?】

足底にかかる過剰な負荷が主な要因です。
足底筋膜は、足への負担を軽減するクッションのような働きがあります。

しかし、繰り返し繰り返し足裏に負荷をかけると、クッション性の組織に断裂が生じ、炎症が発生。
足底に負荷をかける要因となるのが、運動で特にジョガーに多く見られます。

さらに、肥満なども足裏に負荷をかける要因となるので、注意が必要です。

【「足底腱膜炎」の症状は?】

足底腱膜炎の症状は、歩行時の足裏の痛みです。
また走ったり飛んだりなどの運動時に強い痛みを感じます。

痛みが発生する部位は、かかとが多く、その次に土踏まず、かかとから最も遠い足底筋膜の順番で、痛みがでます。
例えば、長時間歩き続けたり、立ち続けると、かかとの内側に痛みが出現。

さらには、朝、起きた時の第一歩めに痛みを感じるものの、歩いている間に次第に痛みが緩和。
しかし、夕方になるにつれ、再び痛みが出現する、という状況が続き、痛みは、次第に長時間継続するようになります。

■痛みが出るきっかけ

・長時間の立ち仕事
・長時間の歩行
・肥満(体重の増加)
・足に合わないヒールや靴
・運動

人間は、体全体の負担を小さな足の裏で支えなければなりません。
足裏は膜を張っているような構造をしていますが、日々のストレスで負担のかかりやすい部分です。

【足底腱膜炎の治療法は?】

足底腱膜炎は、整形外科等で対応します。
痛みの有無や痛みの場所、足の変形状態を確認した上で、以下の症状に該当する場合足底腱膜炎と診断されます。

・足裏を押さえると痛い(土踏まずやかかとなど)
・長時間の歩行や走る、歩きはじめなどに足底が痛い

治療方法は、一般的に保存療法と手術療法です。
保存療法では、運動の制限やサイズや形にあった靴に履き替えるなどで対応。

その他理学療法(ストレッチ)、薬物療法(痛み止めや湿布)などを実施。
これらの方法で対応できない場合は、手術が選択されます。

手術は避けたい、少しでも症状を緩和したい、という場合は、整体や整骨などの東洋医学もおススメ。
筋肉の緊張をほぐしたり、身体の歪みを矯正するなど西洋医学とは別のアプローチで足底腱膜炎を緩和します。

■自宅でもできるストレッチ

すでに痛みがある方、この方法で、痛みが増した、という場合は、速やかに中断してください。
足のつま先から足首をそらします。

右足を前に軽く90度曲げて、左足を後方に伸ばします。
体を落とし、左足の太もも裏、ふくらはぎ、足首、足裏、つま先裏の筋肉が伸びるのを意識します。

10秒キープしたら右も同じように伸ばし、繰り返し5回の1日3セット行ないましょう。

郡山市桑野 足底腱膜炎なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 肩鎖関節脱臼の症状や原因、予防法

肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)の症状や原因、予防法などを紹介します。

【肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)とは】

■肩鎖関節

鎖骨と肩甲骨が接する場所に存在し、①肩鎖関節の靭帯と、その内側にある烏口(うこう)鎖骨靭帯(②菱形靭帯、③円錐靭帯)の3つの靭帯が肩鎖骨関節を固定しています。

しかし、肩にかかる過度の負担により、靭帯が損傷すると肩鎖関節がズレます。
こ関節のズレの程度で、捻挫や亜脱臼、肩鎖関節脱臼のいずれかに分類。

さらに肩鎖関節脱臼を4つのタイプに沸け、それぞれに適した治療法が用いられます。

■原因

肩鎖関節脱臼の主な原因は、転倒時など、肩を外側から強く打ちことです。
その他、非常に稀ではありますが、腕を上や前、外側に強く引っ張ることでも、肩鎖関節脱臼になる事があります。

■症状は?

初期段階で、安静時に痛みがあります。
肩関節周辺を押した時の痛み、動かす時の痛みの両方を感じ、時間の経過によって、患部が次第に腫れ、痛みも増します。

関節のズレが大きい場合は、鎖骨が上に突出するため、見た目にもすぐに分かります。

■治療法は?

軽度の場合(捻挫)、4,5日ほど三角巾などで手を安静に保った後、患部を温めて関節の正常な働きを促します。
亜脱臼の場合は、2週間ほど三角巾で安静に保ち、回復訓練などを実施。

その間、重い荷物を持つ事や激しい運動は禁物。

【整骨院、接骨院で対応する場合】

テーピングや包帯、三角巾などの固定具を使った固定を実施。
また固定具がはずれても、しばらくは、動きを制限するなどの安静が必要です。

特に、重い荷物を持たない、肩周辺に過度の力を入れないなどの指導を実施。
整骨院、接骨院では、病院とは違い、トータルケアにも力を入れているのが特徴です。

また予防についてのアドバイスも対応します。
例えば、運動において、転倒時を想定した受身の練習を実施することで、万が一の場合、肩鎖関節脱臼を避けることが可能。

さらに、肩周辺の筋肉の柔軟性を高めるストレッチやアイシングの方法なども指導します。
もちろん、肩鎖関節脱臼の場合は、整復を速やかに行い、再発を防ぐよう丁寧に施術を実施。

詳しい治療法については、整骨院、接骨院等でご確認、相談ください。
小さなお子様の場合は、保護者や指導者による注意が不可欠です。

成長過程にあるお子様の場合、オーバーユースによって肩周辺の組織が疲弊し、日々の運動に耐えられない状況に陥ります。
その結果、肩関節脱臼のリスクを高めることもあります。

また、運動の際のフォームで肩周辺に過度の負担をかけたりすることもあります。
フォームの見直し、練習量の見直し、その他、練習前後のストレッチ、ウォーミングアップ、アイシング、休息をしっかりと取り入れることで、肩関節脱臼のリスクは、大きく低減できます。

運動中、少しでも異常があった場合は、放置せず、素早く正しい処置に対応できるよう周囲の大人が肩関節脱臼に対する知識を深めておくことが重要です。

 

郡山市桑野 肩鎖関節脱臼の症状や原因、予防法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 起立神経調節障害の主な特徴

もしも、あなたのお子様に次のような症状があった場合「起立性調節障害」を疑いましょう。

【起立神経調節障害の主な特徴】
・朝に起きられない
朝起きられない、起きようと思っているけど体がだるくて動かない、無理やり起こすが起きれない

・立ちくらみがある
急に立ち上がると目の前が真っ暗になったり、真白になったりする立ちくらみがある、特に午前中に症状が起こりやすい

・疲れがひどい
特に午前中に倦怠感がひどく、症状は午後になるにつれ、次第に回復。
夜にはほとんど倦怠感がない。

・食欲がない
特に朝ごはんは、気分が悪く食べられないことが多い。

・立ちくらみなどがある
起立した状態で作業できないほど気分が悪くなる。
通学時のバス電車で、冷や汗や動悸が伴い倒れそうになる事もある。

・動悸や頭痛がある
午前中や階段の上り下り、立ち上がり時に心臓が急にドキドキする。
また、片頭痛や緊張性頭痛などあらゆる頭痛が混在して発生する。

・夜中に寝付けず遅くまで起きる
起立性調節障害は、午前中に体調が崩れ、夕方から夜にかけ体調が回復するのが特徴。
そのため、夜ベッドに入ってからいつまでも眠れず、ダラダラと起きてしまう傾向にあります。

・イライラ、集中力がない
起立性調節障害は、体調の悪さや思考力の低下などから授業に身が入らず、イライラします。
さらに、勉強が遅れてしまい、そのイライラが増幅します。

【起立性調節障害の原因って?】

一般的な検査では、特別な異常を見つける事ができません。
これほど多くの不調を抱えていながらはっきりとした原因が分からないことから、「ナマケモノ」の烙印をおされてしまうケースも珍しくありません。

しかし、それが余計にお子様のメンタルを深く傷つけ、不安定にさせてしまい、症状が悪化する事もあります。
それによって、不登校などの問題も抱える事になるため、安易に考えるのは大変危険です。

一方、整体や整骨などの東洋医学では、自律神経の乱れが起立性調節障害の要因と考えています。

■自律神経と起立性調節障害の関係

自律神経は、脳からの指令を全身に伝えるなど大変重要な働きを担っています。
全身の機能を司るため、自律神経が乱れると、全身にかかわる不調となり、症状が現れます。

また、交感神経と副交感神経の2つで構成される自律神経は、交感神経が優位になることで体を活動的にし、副交感神経が優位になることで、体を休息モードへといざないます。

しかし、起立性調節障害では、交感神経と副交感神経のオンオフが逆に機能している事が多いのが特徴。
そのため、本来体を活動的にしなければならない「午前中」に、交感神経ではなく、副交感神経が優位に働きます。

副交感神経は、体をリラックスモードにする働きを持つため、頭では、「起きなきゃ」「体を動かさなきゃ」「集中力を高めないと」と感じていても、その通りに動いてくれないのです。

一方、体を十分に休める夕方から夜にかけて本来優位になるはずの副交感神経が働かず、交感神経が優位になることで、「眠れない」「夕方から体調が回復する・活発になる」といった逆転の現象が起こってしまうのです。

そのため、整体や整骨院では、起立性調節障害の対処法として、自律神経のバランスを調整する施術を実施します。
自律神経の乱れは、骨盤の歪みや血行不良、筋肉のコリをほぐす事で改善が期待できます。

病院の検査で異常がないと診断されたのに、お子様の体調に不安を感じている方は、整体や整骨院に足を運んでみるのも一つの方法です。

 

郡山市桑野 起立神経調節障害の主な特徴なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 顎関節症のセルフケア

顎関節症を疑ったら、はやり整体や整骨院など専門家にしっかり診てもらうのが一番の方法です。
しかし、それほど深刻な症状でない、今のうちにできることをしたい、という場合に気になるのが、セルフケアや予防法です。

そこで今回は、自分でも対応できる顎関節症について説明します。
ただ、たとえ軽症でもセルフケアで症状が悪化したり、顎関節症と思っていた症状が全く別の疾患が原因だった、という可能性もありますので、できる限り専門家にみてもらうようにしてくださいね。

【あなたのその症状は「顎関節症」かな?】

顎が痛い、顎からカクっと音がする、など気になる方は、次の方法でもう一度確認してみましょう。
以下に該当する項目が多いほど、顎関節症の疑いが高くなります。

・顎を開くと左右で「開けにくい」と思う部分がある
・口を大きく開いて、閉じる時、顎が左右に揺れる
・顎の開け閉めでガクッ、ガリッ、コキッ、カクッなどの音が聞こえる
・舌をまっすぐ出せますか?
・左右の目のラインと口角のラインは並行?
・口の開閉で顎に痛みがある?
・噛むと顎に痛みがある
・口の開きが悪い
・耳に指を入れて顎を動かすと痛い?
・こめかみを押すと痛みがある?
・頬骨の下が痛い
・起床時顎がスムーズに動かない

【顎関節症の原因は?】

原因は、色々とありますが、多くの場合、不良姿勢、かみ合わせの悪いさ、ストレス、外傷などがあります。

■不良姿勢と悪い癖

私たちは無意識に不良姿勢や悪い癖をつける要因を作ってるので、以下に心当りのあるかは、今すぐ見直しましょう。
テレビを見ながらご飯を食べている、電話をするとき肩とあごに挟んでいる、頬杖をする、ストレスで歯を食いしばる事が多い。

また不良姿勢は、整体や整骨院で対応できます。
特に骨盤の歪みや猫背、O脚などは、数回の施術で驚くほど改善できます。

さらに、ストレスによる歯の食いしばりという悪い癖は、顎関節症だけでなく、自律神経の乱れや冷え性、頭痛や肩こりといった不調の要因にもなりますので、早めに対処してください。

整体、整骨院では、歯の食いしばりに対する施術実績も高いので、おススメです。

■外傷

転倒や交通事故、スポーツで外傷など、急激に顎に強い力が生じると、顎が移動し、関節円板がズレ、軟骨が傷つきます。
その結果、顎関節症になるので、まずは詳しい検査を受け異常を確認しましょう。

またぶつけた直後は、炎症によって痛みが強く現れるので、アイシング等て対応してください。

【顎関節症の予防】

事前に行なうことで顎関節症が予防できる運動をいくつか紹介します。
ただし、以下で紹介する運動は、少しでも痛みや違和感がある方は、おススメできません。

また運動によって顎周辺に痛みを感じるようになったら、すぐに中断し、早めに検査を受けるようにしましょう。

■簡単ストレッチ

口を大きく開き、そのまま10秒キープします。
続いて、顎を前に突き出し10秒キープ、下唇を丸めるようにしながら顎をひき10秒キープ。

左、右に顎をずらし各10秒キープ。
この方法を1日最低でも1回は行ないましょう。

 

郡山市桑野 顎関節症のセルフケアなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 腸脛靭帯摩擦症候群

別名ランナーズ膝、腸脛靭帯摩擦症候群と診断される「ランナーズニー」は、名称からも分かるとおりランナーに多く見られる症状の一つです。
ランニングなどによる膝関節周辺の障害全般の総称としても使われます。

【「ランナーズニー」って?】

膝の屈伸運動を過度に繰り返すことで、腸脛靭帯が大腿骨外顆(膝の上の方にある骨)とこすれ、炎症や疼痛を引き起こす事を言います。
主に、マラソンや長距離ランナー、バスケットや自転車などのスポーツで発症のリスクが高いといわれています。

・腸脛靭帯

腸骨は重い内蔵を下からがっちり支える骨で、恥骨、坐骨とともに骨盤を形成するパーツの一つで、寛骨(かんこつ)とも呼ばれます。
腸脛靭帯は、その腸骨から脛骨にかけて伸びるとても長い靭帯で、膝の曲げ伸ばしに不可欠。

■原因は?

主な原因は、使いすぎです。
いわゆるオーバーユースによるもので、自分の体力などに合わないランニング時間と距離、さらには、筋肉や靭帯等柔軟性の不足。

その他、休息不足、シューズが足に適していない、アスファルトなど固い路面による足への衝撃。
足の構造によるものなどが考えられます。

【ランナーズニーを改善、予防するには?】

特にひどい状態でない限り、手術などはありません。
炎症や腫れを抑えるアイシングや痛みを緩和する保存療法、等がランナーズニーの主な治療法となります。

整体院や整骨院では、お薬などを使用する事が無いため、副作用のリスクを軽減しつつ症状緩和が期待できます。
また、ランナーズニーは、太ももの外側の筋肉のコリや柔軟性の不足などが要因となるため、その部分を丁寧にほぐし、筋肉の緊張をほぐす施術も実施。

■股関節ストレッチ

ストレッチは、筋肉の柔軟性を高める上で、すごく大事なのでランナーズニーの予防法として抑えておくといいでしょう。
まず、仰向けになります。

左足を軽く曲げて、右ひざの下にさしこみます。
このとき、右足は伸ばしたままで、足が四という数字を作る格好になります。

左足は右ひざの下にいれたまま、左ひざを立てたり、倒したりを繰り返し行ないます。
勢いをつけるのはNG。

股関節周辺の筋肉を伸ばす、ほぐすのを意識しながら行ないます。
このストレッチは、O脚改善にもおススメです。

左右同じように行ないましょう。

■大腿筋膜張筋のストレッチ

タオルを準備します。
仰向けになって、右足裏にタオルを引っ掛けて、左手で持ちます。

右手は床に伸ばし、体を支えます。
タオルをかけたまま、足を90度持ち上げ、太ももに力を入れましょう。

そのまま10秒キープしたら、足をゆっくりと左側に倒します。
膝を曲げないようにするのがポイントです。

左右同じように行なってください。
上記2つのストレッチで、腸脛靭帯摩擦を引き起こす要因が改善できます。

無理をしない程度に、1日1回を目安に続けるようにしましょう。
ただし、すでに痛みや違和感を感じる場合は、ランニングなどを中断し、しばらく安静にしてください。

それでも痛みや疼痛等が改善できない、ランニングすると再び痛みが現れる、という場合は、整体や整骨院等の施術を早めに受け症状の緩和につとめてください。

 

郡山市桑野 腸脛靭帯摩擦症候群なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 ジャンパー膝の症状

ジャンパー膝とは、膝のお皿の下部分に痛みを伴う症状です。
初期の段階では、我慢できないほどの痛みではないため、多くの方が深刻なトラブルとしてとらえないのが多いようです。

しかし、症状を放置すると次第に痛みは増し、場合によっては、運動どころか、歩く事さえ難しい状況に陥るので、早めに対処してください。
ここでは、ジャンパー膝についてまとめます。

【ジャンパー膝とは】

膝の前、膝頭の下部分に痛みを伴い、数週間程度で症状が悪化します。
患部を押すと激しい痛みをともない、見た目にも分かる程度に腫れる事があります。

10代から20代のスポーツ選手に起こる可能性が高く、特にストップ&ゴー、ジャンプや着地などを頻繁に繰り返し、膝周辺機能を酷使するスポーツで見られます。
サッカーやバレーボール、バスケットなどのジャンプ系、その他、ランニングや陸上系などの競技でも起こります。

ジャンパー膝は、膝蓋腱の炎症です。
初期の段階では、運動など体をハードに動かした時のみ痛みます。

しかし、症状が進むとトレーニング前後に痛みだし、体が温まった頃に痛みが治まる、という状態になります。
さらに、進行するとトレーニング中に強い痛みを感じることから運動能力が低下し、最終的には、日常生活レベルの動きでも痛みを感じるようになります。

【ジャンパー膝の原因は?】

最大の原因は「使いすぎ」です。
特に、筋肉や骨の形成が不十分の若いお子様の場合、繰り返し膝蓋腱を使い続けることで、炎症が起こり、ジャンパー膝になりやすい傾向にあります。

太ももにある大腿四頭筋が膝蓋腱をぐいぐい引っ張った状態を長時間、繰り返し続ける事で起こります。
また膝の角度によっては腱のテンションがかかりすぎてしまう、という事も感がられます。

中でも、大腿四頭筋だけを使いすぎるフォームや運動、足首周辺の柔軟性にかけることから、着地の姿勢に無理がある。
猫背やX脚、O脚など姿勢に問題がある、などもジャンパー膝になりやすいと言われています。

【ジャンパー膝を改善するには?】

最大の要因となる「使いすぎ」に注意しなければいけません。
そのためには、練習量を見直す、しっかりと休む事が重要です。

その他にも、

・正しいフォームをとる、フォームの見直しをする
・運動前のウォーミングアップ体をしっかりと温めた上で、体を動かす。
・練習後のストレッチ、マッサージ等で筋肉の疲労を取り除く
・大腿四頭筋の柔軟性を高める
・足首の柔軟性を高める
・不良姿勢を改善する

等があります。
いずれもセルフケアで対応できますが、本格的なジャンパー膝予防や改善を希望する場合は、スポーツ障害に対応する整体、整骨院等で相談してみるといいでしょう。

すでにジャンパー膝で痛みを感じている方の緩和から、予防、セルフケアの方法などトータル的なアドバイスを受ける事も可能です。
一度ジャンパー膝になってしまうと、改善まで時間を要するため、その間運動が完全にストップせざる得ません。

その結果、他の選手との差を作ってしまい、メンタル面にも悪い影響を及ぼしかねません。
そうならないためにもこの機会にジャンパー膝の原因や予防法などを理解し、早めに対応できるよう心がけましょう。

 

郡山市桑野 ジャンパー膝の症状なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 手首が痛むTFCC損傷

TFCC損傷とは、三角繊維軟骨複合体損傷のことで、手首の痛みを伴います。
最近手首に痛みを感じる、小指側の手首が痛い、ぞうきんを絞るときに痛い、フランパンを持つと痛い、痛みでドアノブが回せない、などの症状を抱えている場合、TFCC損傷を疑うといいでしょう。

ここでは、あまり聞き慣れないTFCC損傷について原因や症状、対処法などを紹介します。

【TFCC損傷ってなんだ?】

手首の主に、小指側に痛みを感じる症状で、手首を頻繁に使用するテニス、バドミントン、などのスポーツ選手に多く見られます。
ただし、必ずしも運動選手だけとは限りません。

家事や育児、デスクワークなど、手首を細かく頻繁に使用する仕事に従事している方も発症するケースが多く、その他、転倒時、手を床につけ体重が一気に手首にかかったときなどの外傷でも発生します。

■TFCCって?

TFCCとは、三角繊維複合体で、4手首の小指側にあります。

・尺骨三角骨靭帯
・尺骨月状骨靭帯
・掌側橈尺靭帯
・背側橈尺靭帯

の4つの靭帯で構成され、それぞれの骨をがっちり繋ぎとめ、手首の安定性を保っています。
その中心に関節円板が存在し、ハンモックのような構造で、手首を構成する複数の積み木のように重なる骨を吊り下げるように固定しています。

【レントゲンでは異常が確認できない?】

手首が痛み、日常生活に支障をきたす自覚症状があっても、TFCC損傷は、レントゲン検査では発見できません。
しかし、レントゲン検査は意味がないというわけでもありません。

TFCC損傷と思っていたものが、実は別の疾患だったという可能性もあります。
レントゲンでは、TFCC以外の骨や関節に異常がないかを確認したり、TFCC損傷時に併発しやすい関節の離開くなどの有無が確認できます。

【TFCC損傷の治療、対処法】

症状によって治療法や処置については、異なりますが、保存療法が主体です。

1・安静
TFCCでは、安静に保つことが一般的。
しかし、手首は、日常生活を営む上で、絶対に不可欠な機能です。

無意識に使ってしまう、使わないようにすることが難しいのが現状。

2・鎮痛

湿布や消炎鎮痛薬などで痛みをコントロールします。
薬の副作用が心配な方は、整体、整骨で症状が緩和することもあります。

3・装具

安静にすることが難しい場合、また安静をよりしっかり行なうため、装具を装着します。
ただし、仕事柄、装具が邪魔という場合があるのがデメリット。

上記の方法で、3ヶ月以上治療を続けても効果が得られないという場合に限り手術が適応されますが、どうしても手術を避けたい、という場合は、整体や整骨院で相談してください。

場合によっては、手術が回避できるかもしれません。
病院とは違う方法で、アプローチすることで難しいと思われていた改善に一歩近づける事ができるはずです。

あらゆる方法を視野にできるだけ、体にメスを入れない方法で元通りの機能を取り戻しましょう。

 

郡山市桑野 手首が痛むTFCC損傷なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 仙腸関節炎を発症する原因

仙腸関節炎は関節の捻じれや微細なズレが原因?

腰やお尻が痛くて朝起きるのが大変、立ち仕事でかがむのが困難、腰やお尻が重だるくなる、歩きはじめる時に腰が痛いなどの症状がありませんか?
また、顔を洗う時に体をかがめる動作ができない、横向きでしか寝ることができない、骨盤の中心付近に痛みを感じる、車の運転で腰が重いだるくなるなどと言った症状を感じたことはありませんか?
このような症状がある方は仙腸関節機能障害を起こしていて、それが原因で痛みなどの症状が起こっていると考えられます。
ちなみに仙腸関節というのは、仙骨と腸骨の接合部で強い靭帯に覆われている関節で、上半身の重さをしっかりとサポートする役割を担っています。

先に触れた仙腸関節機能障害による症状と考えられる痛みなどがあるのに、それに対処しないで長く放置していると次の段階に症状が進んでしまいます。
次の段階というのは仙腸関節粗面に強い炎症が生じて、腰の痛み・太腿・お尻・股関節の付け根・ふくらはぎ・足首やアキレス腱など様々な部位に痛みを引き起こすものです。
これらの痛みは全て損傷または炎症の結果で、この症状を仙腸関節炎と言います。

仙腸関節炎を発症する原因は、仙腸関節の捻じれや微細なズレの影響により、周辺の筋肉や靭帯が過緊張の状態になったり、炎症を起こしたりすること痛みが出てくるのです。
また、仙腸関節の捻じれや微細なズレを起こす要因としては、間違った座り方や立ち方など日常生活における悪い習慣やクセがあります。
それから、妊娠・出産により骨盤に大きな負担がかかることによっても捻じれたりズレたりすることもあります。
意外と意識することは少ないでしょうが、足が扁平足やハイアーチ、外反母趾などになることで足が不安定になってしまうと、結果として上部にある仙腸関節に歪みを起こしやすくなるのです。

こうした原因で発症するので、予防・改善方法としては仙腸関節の捻じれや微細なズレを整えることが一番です。
しかし、先にも触れましたが単に仙腸関節を整えるだけでなく、骨盤・手・足など全身の歪みを整える必要があるのです。
また、内臓の疲労を解消することも必要で、整体や接骨院でしっかりと施術すると良いです。
整体や接骨院で施術して全身を整えることで歪みやズレを整えて自然治癒力が働ける環境をつくることで痛みなどの症状が取り除くことができます。

ただ注意したいことは、骨盤付近や腰に痛みが起こる原因が、感染症や内蔵などの疾患ということも考えられることです。
ですから安易に自己判断しないで、まずは病院を受診して検査を行って、疾患が原因でないことを確認することが大事です。
病院で特定する原因が判断できない場合は、仙腸関節の捻じれや微細なズレの影響が原因なので、整体や接骨院で施術を受けると良いです。

それからセルフケアとしては、お風呂にゆっくり浸かる、腰やお腹を温める、ウォーキングなどをして血行を良くすることが大切です。
また、骨盤と関連している股関節のストレッチを行うことも良いので、施術と共にそうしたセルフケアも取り入れ予防・改善に心がけることです。

 

郡山市桑野 仙腸関節炎を発症する原因なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 緊張性頭痛の原因

心身共のストレスが緊張性頭痛の原因?

子供から高齢者に至るまで性別に関係なく誰もが発症する可能性があって、しかも一生涯で半数以上の人が経験すると言われている頭痛が緊張型頭痛です。
片頭痛と似たような痛みが起こりますが、片頭痛のように生活に支障を起こしてしまうほどの症状ではなくて、後頭部を中心にこめかみと頭全体が締め付けられているような鈍い痛みを感じると言った特徴があります。
また頭の痛みと共に、肩や首筋の強いこり・めまい・ふらつき・全身のだるさなど、様々な症状が起こることもあります。
こうした痛みは数十分から1週間程続くことがありますが、入浴後や運動した後、飲酒後に一時的に痛みが軽減することもあります。
ちなみに、時々痛む反復性と毎日のように痛みが続く慢性の2タイプがあって、どちらの症状も重苦しい痛みという特徴には変わりはありません。

緊張型頭痛を発症する主な原因として考えられることは、身体的なストレスと精神的ストレスの2つが重なって発症すると考えられています。
身体的ストレスというのは、長時間にわたって同じ姿勢を続けたことで血液の流れが悪くなり、それによって酸素や栄養の供給が十分に行われなくなり体が緊張してストレスを溜めてしまう状態です。
例えば、パソコンを操作する時に前かがみになったり、長い時間スマートフォンを操作して下向きの姿勢を続けたりして、首や肩が血行不良になってしまう状況です。
また長時間の車の運転なども同様のことが言えますし、運動不足も血行の滞りにつながるので原因のひとつとして考えられます。
精神的ストレスは、仕事や人間関係においてトラブルなど精神的な不安や不満を抱える状況で、それは単に心だけではなく筋肉の緊張の原因にもなるのです。
このような体や心のストレスと上手に付き合うことができないと、頭痛と言った症状として現れてくるのです。

病院などの医療機関においての一般的な治療としては、痛みを緩和するための鎮痛剤の服用、首や肩周辺の筋肉の緊張をほぐすための筋弛緩薬の服用、精神的ストレスに対する抗うつ薬や抗不安薬の服用などの薬物療法があります。
またあまりにも痛みが酷い場合には、痛みを起こす原因となっているトリガーポイントや星状神経節付近に対して、神経ブロック注射を打つこともあるのです。
それから温めて神経の圧迫を弛めて血行を促進する温熱療法や、電気で刺激を与えることで神経の圧迫を弛めて血流を促進する電気治療などが行われることもあります。

こうした医療機関での治療以外に、整体や整骨院での治療もあります。
整体や整骨院では、骨格のバランス調整・脳脊髄液の調整・内臓の調整・筋肉の調整・リンパや静脈などの排液の問題解決・重心バランスの調整などを行います。
こうした全身の調整をすることで、筋肉の緊張を解消して血液の流れを促進して頭痛を解消します。
また整体や整骨院では、緊張の理由の違いや頭痛パターンの違いなど、個々人による違いに合わせた施術でケアしてくれるので、整体や整骨院での治療も考えてみると良いです。

 

郡山市桑野 緊張性頭痛の原因なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 外反母趾の原因

足の筋力不足でアーチ構造が崩れるのが外反母趾の原因

足の親指が小指側に曲り親指の骨が変形している状態を外反母趾といって、症状が悪化すると親指の付け根が痛くなり、場合によっては痛みで歩けなくなります。
また、痛みが強くなると痛む親指をかばうことから体の重心が偏って体のバランスが崩れ、自然と姿勢が悪くなってしまいます。
そして、それにより頭痛・肩こり・腰痛など様々な症状を引き起こすことも考えられるのです。

発症する最大の原因として考えられることは、足の筋力不足により足の骨格構造が崩れてしまうことです。
あまり意識することは少ないでしょうが、足の裏には土踏まずを含めて3つのアーチ構造があって、このアーチが存在していることで足裏への負荷が軽減されてスムーズな歩行が可能になるのです。
逆に考えると何らかの原因でこのアーチが崩れてしまうと、足に対する負荷が大きくなってしまうのです。

偏平足でアーチがなくなってしまうと足裏が地面にピッタリと接してしまうために、足の内側に負荷がかかって体のバランスが崩れてしまいます。
それにより親指の骨に大きな負荷がかかって、根元部分の関節がその負荷に耐えられなくなり、骨の結合が緩くなりずれてしまった状態の亜脱臼を起こしてしまいます。
このような状態で靴を履くと靴による圧迫に抵抗力がなくなってしまうことで親指が小指側に曲がって発症してしまうのです。
また足裏にある横のアーチがなくなると、足の甲の盛り上がりがなくなって足の横幅が広くなった状態の開帳足になってしまいます。
開帳足で靴を履くと親指が圧迫されてしまうため発症する原因につながるのです。

それから足の筋力不足により足裏のアーチが崩れやすく外反母趾を発症しやすい人には、いくつかの特徴があります。
1つ目は足の指が長い人で、そのような人は靴の中で足の指が自由に動かせないので、どうしても足の指を使って地面を蹴りだすことができません。
その為、足の筋肉を十分に使ってあることができなくて、足の筋力が弱くなってアーチが崩れやすくなるのです。
2つ目は足の親指がもっとも長い人で、そのような人はどうしても靴を履いた時に親指が靴に当たりやすく圧迫されてしまうのです。
3つ目は足首が内側に傾いている人で、そのような人は歩行時に足を内側にひねる動作をとってしまうため、足の内側に負荷がかかります。
その結果、偏平足になりやすく親指の付け根に大きな負荷をかけてしまうことになるのです。
4つ目は女性で、男性と比較すると女性は筋力が弱いためアーチ構造が崩れやすいですし、関節が柔らかいので靴で足を圧迫されていることが多くなり発症しやすいのです。
このように誰もが発症する可能性があるといえるのですが、女性は男性の10倍以上も発症しやすいと言われているので特に注意が必要です。

病院での治療としては、運動療法で足裏のアーチを取り戻す、インソールで足裏のアーチを矯正する、テーピングやサポーターで親指の向きを矯正するなどの保存療法です。
ただ症状が深刻な時には手術をするケースもあります。
こうした病院での治療以外にも整体や整骨院で治療することも可能なので、整体や整骨院での治療も考えてみると良いです。

 

郡山市桑野 外反母趾の原因なら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備

郡山市桑野 足裏の足指の間に痛み

足裏の足指の間に痛みがある場合はモートン病かも?

神経障害の一種と考えられているモートン病の主な症状は、足裏の足指の間に発生する痛みやしびれ、知覚障害や腫れなどで、それらの症状がある場合には発症が疑われます。
痛みは足指の付け根から指先にかけて感じて、痛みの程度には個人差がありますが、電気が走ったような痛みや灼熱痛など激しい痛みを感じることが多いです。
この痛みは靭帯が圧迫されたことで神経に腫瘍ができて引き起こされますし、同時にしびれを感じることもあります。
そして、そのしびれを感じる部分では、刺激を与えられても感覚があまりない知覚障害が起こることもあって、場合によっては麻痺してしまうケースも見られます。
それから痛みを引き起こす神経腫ができた部分が腫れることもあります。

こうした症状のモートン病を引き起こす主な原因としては、1つ目にサイズが適さないきつい靴を履くことで足の神経を圧迫することがあります。
特に女性が履くかかとの高いハイヒールなどは、足指の付け根を支点として無理に体を支えようとするため、神経が圧迫され良性の腫瘍ができて痛みを引き起こすのです。
歩行時に地面から受ける衝撃を吸収できない靴を履くことでくり返し衝撃を受ける方が、一度に大きな衝撃が足に加えられるよりも発症しやすいのです。
足の変形も影響する要因のひとつで、開帳足と呼ばれる横幅が広くつぶれているような形の足は、神経が圧迫されやすいので痛みやしびれが起こりやすいのです。
また、槌趾変形という足指の第1関節が曲がった状態になることも、ハイヒールを履いた状態と同じ姿勢になりがちで原因になります。
過度の摩擦や外傷で炎症を発症すると周辺が腫れることにより、神経が圧迫されて発症するケースもあるのです。
このように様々な原因が発症に関係しているのです。

発症により起こる足の痛みなどを緩和する方法として、日常生活で心がけることは足に負担のかかる靴を履くことをできる限り避けることです。
自分の足サイズに合った幅の広い靴を履くことがおすすめで、それと共にできる限り足を休ませることも大切です。
また中腰の姿勢になることは、足先に負担がかかりやすいので注意するように心がけることです。
それから病院での治療としては、歪んだ骨を矯正して足の形を正しく保つために、足底板という靴の中敷きを使用することがあります。
また痛みが生じている足指の関節を曲げ伸ばして血液循環を良くするなどの運動療法が行われることもあるのです。
ただし、症状が改善されてきた時に行うようにすることが大事で、痛みが強い時には無理して行わないようにすることが大事です。
あとは、ステロイド注射で治療することもあって、このようなことで痛みを軽減できる可能性はあります。
ただ、必ず担当医師の指導のもとで行うことが大切で、自己判断で行うことは症状を悪化させることも考えられるので避けるべきです。

モートン病は、早期発見早期治療をすると改善するケースが多いですし、日常生活において気をつけるべき点を意識すると改善できます。
また、病院だけでなく整体や整骨院でも治療できるので、整体や整骨院での治療も考えてみると良いです。

 

郡山市桑野 足裏の足指の間に痛みなら、「くわの接骨院」にお任せください。

ホームページをご覧のあなたへのプレゼント

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

※初回の方限定

お申し込み・お問合せはこちら

【住 所】
〒963-8025 福島県郡山市桑野4丁目5−5

【電話番号】
0249238887

【営業時間】
午前 08:30~12:30 (最終受付12:20まで)
午後 15:00~19:00 (最終受付18:50まで)
土曜日は午前08:30~14:00 (最終受付13:50まで)

【定休日】
日曜日・祝日

【駐車場】
10台完備