カテゴリー別アーカイブ: 郡山市桑野 整体情報

郡山市桑野 筋・筋膜性腰痛症の可能性

【筋・筋膜性腰痛症の症状と原因】
筋・筋膜性腰痛症とは、腰の筋肉の過緊張によって筋繊維の損傷を起こしてしまう、腰痛です。
背骨や椎間板などの関節部分に異常が見られないのに痛みがある場合、筋・筋膜性腰痛症という診断となります。
病院で診てもらっても何の症状も出ない場合は、筋・筋膜性腰痛症の疑いがあります。

このような症状の場合は、筋・筋膜性腰痛症の可能性があります。

・腰回りに軽い痛みを感じる
・腰が何となく疲れる
・腰が凝る
・腰にだるさを感じる
・腰に重苦しさを感じる

このような症状が発生し、痛みというより不快感といった方がわかりやすいかもしれません。
筋・筋膜性腰痛症というのは一見軽度な症状のように聞こえがちですが、放置していると徐々に痛みが強まってしまうことがあります。
突然強い痛みに襲われることもありますので、軽く捉えてはいけない症状といえます。
軽く捉えず、改善へとみちびくようにしましょう。

筋・筋膜性腰痛症になってしまう原因は、腰まわりの筋肉の過度な負担です。
重い物を持ったり腰を曲げることにより、腰には過度な負担がかかってしまいます。
また、長時間の中腰作業や、前傾姿勢が多い、ジャンプをすることが多い人にも腰への過度の負担となってしまいます。
これらの負担に、肥満や、ひざや足首のケガ、股関節や胸椎の柔軟性が悪くなることで、筋・筋膜性腰痛症になってしまうことがあります。
原因をチェックすると、誰でもなりえる症状といえます。

少しでもおかしいなと思ったら、専門医に診てもらうようにしましょう。
診察は、視診や触診、打診などを行い、レントゲンやCT検査、MRI検査などを行います。
患部を目視しても判断付きにくいので、これらの診察をすることが大半です。
【筋・筋膜性腰痛症の治療】
筋・筋膜性腰痛症は、筋肉に大きな負担を掛けないことで症状が改善することもあります。
症状が治まらない場合は、保存治療で改善へとみちびいていきます。
筋・筋膜性腰痛症の保存治療には、以下のような方法があります。

・運動療法
筋・筋膜性腰痛症は筋肉が伸びたり萎縮している状態なので、ストレッチで改善へとみちびくことができます。
ゆっくりストレッチをし、腰の筋肉をほぐしましょう。
ストレッチは自分でもできるので、腰に負担を掛けない程度の軽いストレッチで、筋・筋膜性腰痛症の状態を楽にしましょう。

・温熱療法
超音波やホットパックなどを用いて、腰を温めます。
血流が良くなるので、筋肉の緊張がほぐれて痛みが緩和されていきます。
家庭では、湯船に浸かったり温湿布を張るなどをして、とことん腰を温めるようにしましょう。

・薬物療法
消炎鎮痛剤などの炎症を抑える薬を使い、症状をやわらげていきます。
湿布や軟膏、クリームなどの、外用薬で治療を行います。

・装具療法
腰用のサポーターやコルセットを使って、腰の動きの安定により症状を緩和させていきます。
腰への負担を軽くして、効果的な改善へとみちびくことができます。

 

郡山市桑野 筋・筋膜性腰痛症の可能性なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 筋力アップ方法

【腰痛は筋力不足で発生してしまうことがある】
腰痛になってしまう人は、何らかの負担により腰に痛みが発生してしまいます。
腰にかかる負担に唯一対抗できるのが、筋力です。

腰というのは、体重の60%を占める上半身の重みを支えています。
そのため、とても大きな負担を強いられています。
負担がかかりやすい部位なので、痛めてしまうことも多くあります。
この大きな腰への負担を支えることができるのが、筋力です。
腰痛の改善や予防には、筋力アップが大事となります。

腰痛になってしまう人は、筋肉不足の方が大半です。
痩せている人や太っている人も、筋力不足の人が腰痛になってしまいます。
筋肉ムキムキの人には、腰痛の人は少ないです。
それだけ、筋肉というのは大きな負担を背負ってくれる、頼りになるものなのです。
筋肉を付けるだけで腰痛になりにくいのであれば、こんなに助かることはありませんよね。
【腰痛に打ち勝つための筋力アップ方法】
上半身の重みをしっかり支えることができるよう、筋力を強化しましょう。
腰痛へ対抗できる筋力アップ方法を、ご紹介いたします。

・腹直筋を鍛える
腹直筋を鍛えることで、お腹より上の上半身の負担をキャッチさせることができます。
両方のヒジと足のつま先のみを床に付けて、床から体を浮かせます。
体がしならないように直線にすることが、ポイントとなります。
背中が丸くならないように、お尻を天井方向へ引き上げ3~5秒キープします。
これを、10回行います。

・腹斜筋を鍛える
仰向けになり両方のひざを曲げて、両方の腕は軽く体から離します。
足の位置をずらさず、両方の足をそろえたままで倒していきます。
左右療法行い、往復10回を目安に行います。

・ハムストリングスを鍛える
ハムストリングスは、太ももの筋肉です。
腰痛改善の筋肉強化なのに、太ももは関係ないと思うかもしれません。
しかし、ふとももの裏側のストレッチを行うことは、腰痛の予防に大きく役立ちます。
立った状態で脚を腰の幅に広げて、右足を半歩前に出します。
この時、上半身は胸を張るようにして、背中が丸まらないようにしましょう。
胸を張ったままで、お尻を後ろに引くような感じで左足のヒザを曲げて、背中と右足で「く」の字を作るようにします。
手は太ももの中央において、太ももの裏側が伸びていればOKです。
左右20秒ずつ行い、2~3セット行いましょう。
意外とキツく、効果的なハムストリングスエクササイズとなりますよ。

・スクワット
スクワットといえば、皆さんおなじみのエクササイズです。
足腰まわりだけではなく、お腹周りの筋肉まで強化できます。
脚を肩幅より少し広めに開いて、ひざを軽く緩めて胸を張って立ちます。
その状態からお尻を後ろに少し引いて、椅子に腰かけるような感じでヒザを90度に曲げます。
しゃがむ時に息を吸って、上がる時に息を吐きましょう。
スクワットは正しく行わないと効果がでないので、正しいスクワットで筋力アップしましょう。

 

郡山市桑野 筋力アップ方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野くわの接骨院 腰痛になる原因を探る

【腰痛になる生活習慣を見直そう】

腰痛になる人には、大きな原因を持っています。
先天性でなってしまう人も中にはいますが、ほとんどが日頃の生活習慣の中に原因があるといわれています。
腰痛になりやすいことを行わないことで、腰痛になりにくい腰になることができますよ。
どのような生活習慣で腰痛になりやすいのか、ピックアップしてみました。

・長時間椅子に座ることが多い
座り仕事というのは、腰痛になりやすく一番の重労働といわれています。
腰を90度にずっと曲げているので、腰のあらゆる部分に負担がかかりやすいのです。
デスクワークなどの座り仕事の人は、1時間に1回は立ち上がって体を動かすようにしましょう。

・中腰での作業が多い
中腰での作業というのが、椎間板の内圧が増してしまい椎間板ヘルニアになりやすくなってしまいます。
中腰での作業の人も、1時間に1回は姿勢を変えて腰への負担を軽くしましょう。

・ほとんど歩かない、車に乗ることが多い
腰への負担を取り除くためには、筋力が必要となります。
ほとんど歩かない人は筋力がないので、少しの負担で腰に大きな負担をかけてしまいます。
ウォーキングなどの軽い運動でもいいので、行うようにしましょう。
ほんの少しの筋肉でも、腰への負担を軽くしてくれますよ。

・食べ過ぎてしまう
食べ過ぎは内臓の負担となってしまい、腰にも大きな負担となってしまいます。
暴飲暴食は避けて、内臓に余計な負担をかけないようにしましょう。

・体をねじるスポーツをやっていた
体をねじるスポーツをやっていた人は、椎間板に大きな負担を与えてしまいます。
椎間板はねじりに弱いので、椎間板ヘルニアになってしまう確率が高くなってしまいます。

・タバコを吸う
喫煙は血流が悪くなってしまうので、筋肉が固くなって腰痛へとみちびいてしまうことがあります。
腰痛の不安を考えるなら、禁煙すべきといえます。

・太っている人
太っている人は、想像以上に体重が腰に大きくかかってしまいます。
そのため、腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。
身長に見合った体重とし、余計な負担を腰にかけないようにしましょう。

これらに当てはまる人は、腰痛になりやすい傾向があります。
なるべく改善するようにし、腰痛になりにくい体質になるようにしましょう。
【腰痛はどこで診てもらうのがいいのか】
腰痛かなと思ったら、どこの治療先で診てもらうといいのでしょうか。

まずは、整形外科で診てもらうようにしましょう。
整形外科では詳しく検査ができるので、腰痛の原因をしっかり把握することができます。

腰痛の原因がわかったら、お好きな治療先で治療を受けると良いでしょう。
そのまま整形外科で治療を受けてもいいですし、整骨院や接骨院でもOKです。
整骨院や接骨院は腰痛に対してピンポイントで治療を行いますので、効果的な治療を受けることができますよ。
整形外科に通っていて腰痛が改善されない場合は、整骨院や接骨院で診てもらうといいですよ。

郡山市桑野 腰痛になる原因を探るなら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野くわの接骨院 腰が重だるい

【腰が重だるい場合は放置してはいけない】
腰が痛いというまでじゃなくても、重かったりだるいことってありますよね。
痛くなくても、重かったりだるいのは辛いですよね。
腰の重だるさは、なぜ生じるのでしょうか。

腰が重だるいという症状は、腰痛の一歩手前の可能性があります。
腰痛の危険信号といえますので、放置しておいてはいけません。
腰が重だるくなってしまうのは、筋肉の疲労が原因です。
腰の筋肉というのは、体を支えるために働いています。
そのため、立っている時は腰の筋肉は働きっぱなしです。
筋肉が働きっぱなしになると疲れてしまい、硬くなってしまいます。
それにより、腰が重だるくなってしまうのです。

腰が重だるくなってしまったら、以下のような症状が出てしまいます。

・力が出せにくくなってしまう
筋肉が疲れて固くなってしまうことで柔軟さがなくなってしまい、上手く力を出すことができなくなってしまいます。

・血流が悪くなる
筋肉が固くなることで、血の巡りが悪くなってしまいます。
血液は動くための必要な酸素を運んでくれたり、筋肉に溜まってしまった老廃物を流す働きをしています。
それ打が滞ってしまうので、調子がどんどん悪くなってしまいます。

このように、腰のだるさはどんどん体の状態を悪くさせてしまいます。
腰がだるい程度と軽く考えず、改善するケアを行うべきといえます。
【腰が重だるい場合の改善方法】
腰が重だるい場合は、腰の筋肉の疲労を取り除くことが大事となります。
いい方を変えると、腰を休めることです。
これらの方法で、腰の疲労を取り除いてみましょう。

・長時間同じ姿勢をしない
長時間同じ姿勢を取ると、筋肉が休まりません。
1時間に1回など姿勢を変えることで、筋肉を休ませることができます。
ほんの少し体の位置を変えるだけでも、効果的に休ませることができますよ。
例えば、ずっと気を付けの形でいる場合は、休めの体制をするなど、こんな程度の変化で筋肉は休まります。

・マッサージ
腰をマッサージすることで筋肉がほぐれるので、血行が良くなって腰の筋肉の疲労を取り除くことができます。
短時間でいいので、腰のマッサージをしてみましょう。

・腰を温める
腰の重だるさは慢性的にだるいようなものですので、腰を温めることで改善へとみちびくことができます。
血流が良くなるので、腰の筋肉の疲労回復へとなるのです。
湯船に浸かったり温湿布を使うなどで、腰を温めましょう。

・ストレッチ
股関節を柔軟にすることで、腰への負担を軽くすることができます。
股関節周りを中心にストレッチして、筋肉を柔らかくしましょう。
また、腰の前屈や後屈運動も、腰の筋肉疲労を取るために効果的です。
腰を大きく曲げることは、腰の筋肉自体を大きく動かすことができるので、重だるい状態を緩和させることができます。

このように、誰でもできる簡単なことばかりですので、是非チャレンジしてみましょう。
早い段階で改善することで、腰痛に苦しまない腰になることができますよ。

 

郡山市桑野 腰が重だるいなら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 10代の腰痛の原因

【10代の腰痛の原因】

腰痛といえば、年齢を増した人が鳴るイメージがあると思います。
しかし近頃は、10代の若い人でも腰痛になってしまう人がいます。

10代の体というのは、成長期です。
成長期は背が急激に飛び、その影響が10代の体に大きな変化を与えます。
急激に伸びる身長に対して、筋肉がそれについていけないことが大半です。
変化の付いていけない筋肉は堅くなってしまい、腰に負担がかかる生活をしている10代でも腰痛を引き起こしてしまうのです。

そんな10代で最も多い腰痛の症状が、腰椎分離症です。
10代の骨がまだまだ未熟な年代に発症する症状であり、腰の骨の疲労骨折です。
スポーツで腰をひねったり反ったりすることで反復が多くなることで、徐々に骨の中から骨折がはじまってしまいます。

腰椎分離症は、放置してしまうと骨の治癒過程を邪魔してしまい、2度と骨がくっつかなくなってしまいます。
そのため、早期治療が必要となります。
疲労骨折は治らないという人もいますが、タイミングが良くなかったり治療方法が合っていないことで治らないだけです。
腰椎分離症は、きちんと治療を受ければ改善します。
早期の治療で、お子さんを腰の痛みから解放させてあげましょう。
【10代の腰痛「腰椎分離症」の改善方法】
10代の腰痛で多い腰椎分離症は、コルセットで固定する方法が大半です。
疲労骨折なので、安静にして固定させる事が第一となります。
腰椎分離症用のコルセットを付け、患部を固定させましょう。
腰椎分離症用のコルセットは、専門医に聞くと教えてくれます。

また、腰椎分離症を悪化させないためには、日ごろの過ごし方も大事となります。
以下のような生活習慣の改善で、腰椎分離症の悪化を防ぎましょう。

・姿勢を良くする
姿勢が悪いと腰に負担がかかってしまい、腰椎分離症の状態が悪化してしまいます。
姿勢を良くする事をこころがけ、腰に負担をかけないようにしましょう。
胸を突き出すようにすると、簡単に姿勢を良くすることができますよ。

・運動の前には準備運動を念入りに行う
急に運動を行うと、腰の筋肉や骨を痛めてしまうことがあります。
腰椎分離症状態を悪化させないために、運動の前には準備運動を念入りに行うようにしましょう。
筋肉を徐々に慣らすようにして、余計な負担をかけないようにしましょう。

・腹筋を鍛える
腹筋を鍛えることで、腰に余計な負担がかかりにくくなります。
一般的な腹筋のエクササイズでOKですので、是非実行してみましょう。
腰に大きな負担をかけないように、激しく行わないことがポイントとなります。

・骨が強くなる食生活
成長期は、骨が強くなる食生活が大事となります。
タンパク質やカルシウム、各種ビタミンなどの栄養バランスが摂れた食事をするようにしましょう。
1日3食は必ず摂取するようにし、栄養が全身に行き渡る食生活を送りましょう。

・ベッドの上で作業を行わない
10代のよくある行動といえば、ベッドの上で作業をしてしまうことです。
スマホやパソコンをベッドの上で寝ながら行うと、腰に大きな負担がかかってしまいます。
腰椎分離症が悪化してしまうので、絶対に避けるようにしましょう。

郡山市桑野 10代の腰痛の原因なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 骨盤のゆがみ

【骨盤矯正で腰痛改善はできるの?】
腰痛の改善で、整骨院や接骨院に骨盤矯正に行く方がいます。
骨盤矯正をすることで、本当に腰痛は改善するのでしょうか?

骨盤というのは、体の中心にあります。
骨盤がゆがんでしまうと、骨盤にくっついている全ての筋肉に適度な負担がかかってしまいます。
それにより、疲労してしまった筋肉や関節部分に痛みが発生してしまうのです。
腰の部分にも痛みが出てしまい、腰痛としてしまいます。
骨盤矯正をして正しい骨盤が正しい位置になると、筋肉への負担は少なくなり痛みが軽くなるのです。
そのため、腰痛も徐々に改善していきます。

何をやっても改善しない慢性腰痛は、骨盤のゆがみによる影響も多く受けていることもあります。
病院に行って治療を受けても改善しない腰痛は、骨盤矯正で痛みを改善へとみちびくことも1つの方法ですよ。
骨盤矯正の腰痛改善効果により、整骨院や接骨院に骨盤矯正で施術を受ける人が多くいらっしゃいます。
腰痛が改善せず不便に思っている人は、1度骨盤矯正をされることをオススメします。
【骨盤矯正の方法】
骨盤矯正の方法は、いろいろな方法があります。
誰でもできる骨盤矯正方法を、3つご紹介します。

・骨盤ベルトを使う
骨盤ベルトは、骨盤部分をぐるっと巻いて安定させることで、骨盤の位置を徐々に戻していく使い方です。
軽い骨盤のゆがみであれば、骨盤ベルトで改善が期待できますよ。
一般的な腰ベルトではなく、骨盤矯正用のベルトを使うことが大事となります。
市販でも販売されていますし、治療先でも教えてくれますよ。
半月から1か月程ベルトを着用することで、骨盤の位置が改善したという声が挙がっています。

・ストレッチを行う
股関節まわりやお尻、ふともものストレッチは、骨盤矯正にとても効果的です。
ストレッチを行うことで、骨盤まわりの筋肉を柔らかくして、骨盤を正常な位置に戻りやすくするという流れです。
1番簡単な骨盤矯正のストレッチは、おしり歩きです。
左右平均しておしり歩きを行い、骨盤矯正へとみちびきましょう。
10秒進んだら10秒戻るのを5回セットのおしり歩きでOKですので、誰でもできる骨盤矯正ストレッチです。

・骨盤矯正を受ける
整骨院や接骨院で、骨盤矯正を受ける方法です。
整骨院や接骨院は骨盤矯正のプロですので、適度な力で正確な骨盤の位置へとみちびいてくれますよ。
1番効果的な骨盤矯正方法であり、素早い骨盤調整へとみちびいてくれます。

骨盤矯正というのは、効果が出るまで時間がかかります。
整骨院や接骨院で施術を受けても、1回の施術では改善しません。
骨盤のゆがみというのは一時的に改善したとしても、ゆがんだ位置にまた戻ろうとする性質があります。
そのため、時間をかけて元の位置に定着するようにみちびかないといけません。
整骨院や接骨院での施術でも、平均2~3カ月はかかります。
ゆっくり時間をかけて骨盤矯正をし、正規の位置に定着するようにしましょう。

郡山市桑野 骨盤のゆがみなら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 そり腰改善

【そり腰改善で腰痛改善】
慢性的な腰痛に悩んでいる人は、姿勢が良くない方がほとんどです。
壁を背にして立ってみると、腰部分に手がスッと入る状態の人が多く、その状態を「そり腰」といいます。
そり腰は、腹筋などの体の前部分の筋肉と、姿勢をささえる体の後ろ側の筋肉のバランスが崩れている状態です。
この2つのバランスが崩れていることで、腰痛を引き起こしてしまいます。
そり腰になっていることで、前に倒れそうな力が発生してしまいます。
前に倒れないようにバランスを取ろうとして、腰のあたりで反ってバランスを取ろうとしてしまいます。
その繰り返しで、そり腰になってしまいます。

頑張ってバランスを取ろうとして反っている腰部分に無理がかかってしまい、腰痛となってしまいます。
猫背の人や姿勢が良くない人は、そり腰対策で腰痛を改善へとみちびくことができますよ。
【そり腰の改善方法】
そり腰による腰痛改善は、そり腰になっている負担を分散させることが効果的となります。
そり腰は骨盤にクセが出ているので、骨盤のクセを改善させることでそり腰改善となります。
そり腰改善は、日常生活を見直すことでも改善へとみちびくことができます。
以下のような改善により、そり腰を改善へとみちびいてみましょう。

・お腹に力を入れるクセを付ける
そり腰になっている人は、お腹が前の方に出ています。
お腹に力を入れることで、骨盤が後傾していきそり腰改善へとみちびくことができます。
日頃からお腹に力を入れることを意識し、おへそを背もたれに寄せる意識で過ごしてみましょう。
そり腰の角度が改善されていくので、腰痛の痛みが和らいでいきますよ。
座る時は背もたれがある椅子を使って、是非意識して座ってみましょう。

・腰に負担を掛けずに寝る
そり腰は、寝る形でも改善ができます。
腰に負担をかけないように、横向きに寝るようにしましょう。
腰と膝を少し曲げるように、丸くなって寝るといいですよ。
定期的に寝返りをうって、部分的に負担を掛けないのも大きなポイントとなります。
うつぶせで寝ると腰に負担がかかってしまうので、絶対にしないようにしましょう。

・靴を見直す
やわらかい靴は、正しい姿勢で歩くことができるので、そり腰改善へとみちびくことができます。
また、ヒールは前傾姿勢になってしまうので、そり腰になりやすくなってしまいます。
ヒールを履きたい場合は、3cm程度にとどめるようにしましょう。
できればローヒールの靴で、腰に負担をかけないようにしましょう。

また、骨盤改善には整骨院や接骨院がオススメです。
ゆがんだ骨盤を効果的に改善してくれるので、一気にそり腰が改善しますよ。
骨盤改善は姿勢も良くなり血流も良くなるので、スタイルが良くなって健康にも導いてくれます。
骨盤のゆがみは、腰痛だけではなく様々な難点を作ってしまいます。
骨盤改善で全ての難点が改善していきますので、オススメですよ。
骨盤改善は、痛くありません。
適度な力で施術してくれますので、気持ちよく改善へとみちびいてくれますよ。

 

郡山市桑野 そり腰改善なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 腰の疲労骨折

【腰の疲労骨折は治らないの?】
腰の疲労骨折は、改善しないという噂もあります。
確かに、腰椎の疲労骨折である分離症というのは、なかなか骨がくっつかず完治しにくいと言われています。
疲労骨折の多くは、成長期の運動などによる負担が積み重なってしまうことで発症してしまいます。
安静にしていると症状が緩和していくので、だましだまし過ごしている人も少なくありません。
改善しないのではなく、きちんと施術を受けていないことで完治していないだけであり、きちんとした施術を受けることで完治させることはできます。
疲労骨折は放置しても改善はしないので、痛みが落ち着いても治療を受けるべきといえます。
腰痛が4日以上続いて、腰をひねったり動かした時に痛みが出る場合は、疲労骨折も疑わないといけません。

まずは1度、専門医に診てもらってどのような疲労骨折状態になっているのかを把握しましょう。
診察は、レントゲンで確認します。
疲労骨折というのはレントゲンでは確認しにくいのですが、分離が認められなくても椎弓が硬化していたり細くなっていることで、症状を把握することができます。
レントゲンで疲労骨折の疑いが見えたら、MRIやCTの検査を行ってさらに細かい部分まで確認します。

腰の疲労骨折は、初期段階であれば保存療法で充分に改善させることができます。
しかし、放置しておくとどんどん悪化してしまい、手術をしないといけなくなってしまうこともあります。
腰部分の手術は大変なことですので、軽度な状態で改善していくことが大事となります。
おかしいと思ったら、すぐに専門医に相談をしましょう。
【腰の疲労骨折の予防方法】
腰の疲労骨折の予防方法は、以下のような方法があります。

・運動前後にストレッチをする
疲労骨折になりやすい人は、運動の前後に十分なストレッチを行っていない場合が多くあります。
ウォーミングアップやクールダウン時のストレッチというのはとても大事であり、急激な負荷を骨に与えないようにすることができます。
運動の前後にはウォーミングアップとクールダウンノンストレッチを十分に行い、骨に急激な負担をかけないようにしましょう。

・栄養素の摂取
骨の強さは栄養素に左右されるので、適した栄養素の摂取はとても大事となります。
骨生成に必要な成分を十分に摂取して、骨を強くしましょう。
カルシウムやタンパク質、マグネシウムなどを積極的に摂取して、骨に余計な負荷をかけないようにしましょう。

・適した体重にする
過体重は、関節部分に大きな影響を与えてしまいます。
そのため、重い体重は禁物です。
身長に見合った体重とし、関節部分に負担をかけないようにしましょう。

・腰回りに筋肉を付ける
疲労骨折してしまう人は、十分に筋肉が付いていない場合も多くあります。
腰回りに筋肉を付けることで、腰の関節に余計な負担を掛けずにすみます。
軽い運動でOKですので、筋肉を付けるようにしましょう。
ウォーキングや水中を歩くなどの、軽い運動でOKです。

 

郡山市桑野 腰の疲労骨折なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 慢性腰痛の改善方法

【慢性腰痛の原因は腰への負担だけではない】
腰痛というのは、若い人から中高年まで男女問わず多くの方が苦しんでいます。
病院で検査を受けても原因がわからず、原因がないと言われても改善しなく困っている人も多いと思います。
原因が見つからないのに腰が痛いなんて、変な話ですよね。

原因がみつからなくいつまでも腰痛状態が続いている状態のことを、慢性腰痛といいます。

原因が見つからず困ってしまう慢性腰痛ですが、近年の調査結果でストレスが深く関っていることがわかりました。
ストレスが大きくかかわっていることで、慢性的な腰痛を引き起こしているのです。

腰というのは、体の中でも負担がかかりやすい部位です。
歩いたり座ったり横になったり、色んな動きの中に必ず腰の動きが加わります。
そのため、様々な負担により腰痛となってしまいます。
普段の動きの負担にプラスして負担をかけているのが、心の状態ということなのです。

日常的にストレスを受けていると、脳の中の物質のバランスが崩れてしまいます。
痛みをコントロールするドーパミンシステムが崩れてしまい、痛みを抑えられなくなり痛みを大きく感じるようになってしまうのです。
痛みが更なるストレスとなってしまい、どんどんドーパミンシステムが崩れてしまうことで、痛みが慢性化してしまうのです。
慢性化している腰痛は、ストレスの改善も必要ということになります。
腰痛のケアと一緒に、ストレス発散も行うべきといえるのです。
【病院に行って治らない慢性腰痛の改善方法】
病院に行っても全く改善しない慢性腰痛は、そのままでは改善は難しいでしょう。
思いって改善方法を変えることで、スムーズに腰痛の改善が期待できますよ。
以下のようなポイントで、慢性腰痛を改善してみましょう。

・整骨院や接骨院で治療を受ける
病院の治療で腰痛が改善しない場合は、その治療が自分の腰痛に合っていない証拠といえます。
整骨院や接骨院は、腰痛の原因部分にピンポイントで施術を行いますので、改善してきたという声が多く挙がっています。
整骨院や接骨院は、病院と違って患部に対して本格的な治療を行います。
そのため、改善しやすいのです。

・ストレスを無くす
ストレスは誰もが絶対に抱えてしまうものですが、上手く発散することで取り除くことができます。
ストレスを上手く発散して、腰痛の痛みを取り除きましょう。
自分の時間を作るようにして、自分の好きなことを行うようにしましょう。
好きな音楽を聞いたり、ドラマや映画を観たり、アロマテラピーで癒されるのも1つの方法ですよ。

・体を冷やさない
腰痛には、体を冷やすことは禁物です。
なるべく温かくし、薄着はしないようにしましょう。
腰に貼るカイロや温湿布を付けると、痛みが軽くなっていきますよ。

・軽い運動を行う
筋肉が衰えている人は、腰の関節部分に負担がかかりやすい傾向があります。
既に腰痛が出ているので激しい運動は無理ですが、軽い運動をして腰回りの筋肉を柔軟にしましょう。

このように、腰痛ケアにストレス発散ケアも加えて、慢性腰痛を改善してみましょう。
意外とスムーズに楽になって、腰痛が気にならなくなりますよ。

 

郡山市桑野 慢性腰痛の改善方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 腰痛の治療

【腰痛の危険度を把握して治療を受けよう】
腰痛の多くは、急いで受診しなくても良いものが大半です。
しかし、腰痛の中には大変危険な腰痛もありあす。
腰痛の危険度を、以下にまとめてみました。

・だまっていても腰が痛い:危険度大
この場合、思い脊髄の病気が発生している場合があります。
また、場合によっては内臓の病気が影響を与えていることもあります。
すぐに病院に行き、診察をうけましょう。
放置しておくと悪化してしまう可能性がありますので、素早い対応が大事となります。

・背中がどんどん曲がってきた:危険
お年寄りなど、どんどん背中が曲がってくる場合がありますよね。
この場合は、骨粗しょう症により背骨がつぶれている圧迫骨折の可能性が考えられます。
特に閉経後の女性は、骨粗しょう症にかかりやすい傾向があります。
そのため、年齢を増した女性が腰が曲がってしまうことが多くあります。
進行してしまうので、すぐに専門医に診てもらいましょう。
特に50代で腰が曲がってきた人は悪化してしまう可能性もあるので、すぐに受診して改善へとみちびきましょう。

・足やお尻が痛んだりしびれる:要注意
腰部脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアのような、腰の神経の症状が出ている場合があります。
これらの症状は進行性ですので、すぐに専門医に診てもらいましょう。

・足がしびれて長く歩くことがむずかしい:要注意
この場合も先程のと同じく、腰部脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアなどの腰の神経の症状になっている可能性があります。
すぐに、専門医に診てもらいましょう。

・体を動かしたときだけ腰に痛みが出る:危険度なし
この場合は、あまり危険性は感じられません。
ただし、その状態が3カ月以上続く場合は、要注意です。
気になる場合は、専門医に診てもらうといいですよ。
〇腰痛の治療は整骨院や接骨院がオススメ
腰痛に苦しむと、整形外科などの病院にかかる人も多くいると思います。
病院にかかると安心ですので、改善が期待できるのではと思うからです。
でも近年は、腰痛は整形外科だけでは改善しにくいと言われるようになりました。

整形外科は腰痛の専門ではないので、薬物療法など時間がかかってしまう治療を行うことが一般的です。
なかなか改善しにくく、どうしても時間がかかってしまいがちです。
しっかり治すといえば手術となってしまい、患者さんに大きな負担がかかってしまいます。
そこでオススメなのが、整骨院や接骨院での治療です。

整骨院や接骨院では、腰痛に直接治療をしてくれます。
原因となっている部分に対してピンポイントの治療となるので、改善しやすいのです。
また、日々のケアやフォローまで対応してくれるので、腰痛が改善しやすい傾向があります。
そのため、腰痛で整骨院や接骨院に通われている人というのは、年々とても増えてきています。
もちろん、痛くなく気持ちいい程度の施術ですので、誰でも気軽に施術を受けることができますよ。
整形外科を受診して重篤な病気が無かった場合は、整骨院や接骨院で治療を受けてみると良いでしょう。

郡山市桑野 腰痛の治療なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 離断性骨軟骨炎の原因

【離断性骨軟骨炎の症状と原因】
離断性骨軟骨炎とは、関節の中に軟骨がはがれて落ちてしまう障害です。
成長期の小中学生に多く発症し、性別では2:1で男性に多く発症します。

離断性骨軟骨炎の原因は、スポーツなどによりストレスや外傷を与えられることで、軟骨の下の骨に負担がかかることで発症してしまいます。
そのため、成長期のスポーツなど体を良く動かす男の子に多く発症します。

離断性骨軟骨炎は、初期段階では激しい運動後に不快感や鈍痛が起こりますが、その他に特異な症状は発しません。
進行期に関節軟骨の表面に亀裂や反省が発生してくると、痛みが強くなってきてスポーツなどの動きの際に支障が出てきます。
軟骨の骨片が関節の中に入ってしまうと、ひざの曲げ伸ばしに引っかかり感やズレが出てきてしまい、さらに関節の中に軟骨の破片が挟まってしまうと、関節がロックしてしまい動かなくなってしまいます。
症状が悪化してしまうと生活に支障が出てくるので、初期段階で専門医に診てもらうことが大事となります。

離断性骨軟骨炎の診察は、レントゲンでは軟骨が写りにくいので見落とされてしまう場合もあります。
そのため、特殊な方向からの撮影が大事となります。
また、CTやMRIにより病変部分の大きさや状態などの確認も行っていきます。
【離断性骨軟骨炎の改善方法】
離断性骨軟骨炎は、軟骨がはがれている状態によって改善方法が異なります。
軟骨の状態により、このような改善方法となります。

・非分離型の場合
非分離型とは、骨軟骨片の浮き上がりがありますが、まだ剥がれていない状態を指します。
この場合は、安静にするだけでも修復を期待することができます。
また、体重の負荷は大きな影響を与えるので、体重が重い人は体重を軽くすることも必要となります。
この保存療法は、慎重が伸びている発育期で骨軟骨片が安定している場合に、採用される治療方法です。
成長期を過ぎていると、保存療法での完治は難しいことがあります。

・遊離型
遊離型とは、骨軟骨片が完全に離れた状態をいいます。
この場合、離れてしまった骨軟骨片を取り除かないといけません。
遊離した骨軟骨片を、吸収性ピンで再接合します。
整復固定術となり、手術となります。
術後は、2~3週間ギプスをして固定します。
4カ月程度でスポーツができるようになり、6か月程度で万度に動けるようになっていきます。

早く元通りになりたい場合は、整骨院や接骨院で施術を受けると早い改善を期待することができますよ。
成長期にケガをしてしまい動きにくいというのは、辛いものです。
確かに治療して時間をかけて経過させることで改善していきますが、スポーツで頑張っていたお子さんにはもったいない時間といえます。
早く元通りに動きたい場合は、整骨院や接骨院に相談をしてみることも1つの方法ですよ。
整骨院や接骨院では患部にピンポイントで治療をしてくれるので、改善しやすい傾向があります。
もちろん痛くありませんので、お子さんでも気兼ねなく施術を受けることができますよ。

 

郡山市桑野 離断性骨軟骨炎の原因なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 梨状筋症候群の改善方法

【梨状筋症候群の症状と原因】

梨状筋症候群というのは

臀部の股関節の近くにある平たい筋肉の梨状筋により坐骨神経が圧迫されてしまい

臀部の痛みや坐骨神経痛を引き起こす症状です。

お尻から脚にかけて、痛みやしびれを発症させてしまいます。

 

 

梨状筋症候群の原因は

日常生活やスポ-ツで繰り返し負担がかかった場合や

股関節の異常により発生してしまうことがあります。

その為、若い時にスポーツをやっていた、動きが多い仕事をしていたなど

動くことが多かった人に発症する傾向があります。

また、はっきりとした原因がわからない場合もあり

身に覚えがないのに発症したなんていう声も挙がっています。

以下のような症状が出ている場合は、梨状筋症候群の可能性が高くなります。

・お尻に痛みがある
・坐骨付近に圧迫したような痛みを感じる
・座っていると痛みが強くなっていく
・梨状筋の緊張が高まると痛みが強くなる
・太ももとふくらはぎの裏側に痛みがある
・トイレや座席などの狭いスペースに座ると痛みが強くなる
・中腰になると痛みがでる
・レントゲンヤMRIで異常があるのに症状が止まらない

これらは、梨状筋症候群のよくある特徴です。

このような症状がある場合は

酷くならないうちに専門医に診てもらうようにしましょう。

 

梨状筋症候群の診察は、症状と身体診察により行います。

梨状筋症候群は特定の動きで痛みが出るので

脚を曲げるなどの診察で症状を把握することができます。

 

【梨状筋症候群の改善方法】

梨状筋症候群は、以下のような方法で改善へとみちびいていきます。

 

〇ストレッチ療法

梨状筋症候群は神経に触れて症状が出ているので

ストレッチ療法で症状緩和へとみちびくことができます。

簡単な梨状筋ストレッチを、2つご紹介いたします。

 

①横になって脚を曲げるストレッチ

股関節を内旋させることで、梨状筋のストレッチとなります。

仰向けに寝て、足を反対側の脚の外側にまたぐように置きます。

そのままのまたいだ状態で膝を持って、床に近づけるように倒していきます。

 

②うつぶせになるストレッチ

うつぶせに寝て、片方の足を90度に曲げて外側に倒します。

この動きが股関節内旋効果があり、梨状筋ストレッチに効果的です。

地面から脚が浮くと効果が低くなるので、必ず地面に付けるようにしましょう。

 

このような簡単なストレッチで

梨状筋症候群の改善へとみちびくことができます。

ストレッチは、梨状筋症候群にかなり効果的です。

 

〇ブロック注射

痛みが強い場合、ブロック注射で緩和させます。

非ステロイド系抗炎症薬などの鎮痛剤を使って、痛みをやわらげます。

治療というより症状を抑える方法となりますが

鋭い痛みが治まりますので楽になります。

 

〇手術療法

保存療法で改善しない場合は、手術療法を行うこともあります。

ただし、ほぼ手術になることはなく、ごく稀といえます。

 

 

当院では梨状筋が緩んでしまわないように

甘い物を控えて頂いたり

熱いお湯に長湯をしないようにもお伝えしています。

 

郡山市桑野 梨状筋症候群の改善方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

 

 

 

郡山市桑野 筋膜リリース

【腰痛改善には筋膜リリース】
筋膜というのは、筋肉や内臓など体のあらゆる場所の組織を包んでいる膜のこといいます。
タンパク質でできた薄い膜であり、体の中でとても重要な役割を担っています。

これまでは、筋膜の重要性を取り上げられることはありませんでした。
しかし、近年の研究により、こりや痛みが発生することは筋膜の癒着に大きく関係しているということがわかってきました。
筋膜の不調は腰痛にも大きく影響しており、筋膜の状態を改善できれば腰痛も楽になることを期待することができます。

この筋膜の癒着状態を改善することが、筋膜リリースといいます。

腰痛の人は、筋膜が癒着していて固くなっていることにより、痛みやコリなどの不調を発生させています。
筋膜の癒着状態を改善することで、今よりも腰痛状態が楽になっていくという流れです。

腰痛になるとなかなか治りにくいことが多いですが、筋膜リリースをしたことでかなり楽になったという声が多く挙がっています。
慢性的な腰痛で困っている人は、1度筋膜リリースを試している価値があるといえます。

いくら筋膜リリースが腰痛改善に効果的といっても、聞き慣れないワードには不安を感じますよね。
筋膜リリースは体の外部から圧を掛けて筋膜を柔軟にしていくので、マッサージのような感じのケアです。
マッサージと違うのが、1部分ピンポイントに圧を掛けるのがマッサージで、筋膜リリースは広範囲にわたって圧を掛けるという違いがあります。
誰でも簡単にできるケアですので、是非1度試すことをオススメします。
【筋膜リリースには様々な嬉しい効果が満載】
筋膜を柔軟にするとうことは、体のあらゆる部分の組織が柔軟になっていきます。
筋膜の柔軟さを得ることで、腰痛改善以外にも以下のような嬉しい効果を手に入れることができます。

・肩コリの改善
腰と同じように、肩こりも改善していきます。

・内臓機能が高まる
筋膜が柔軟になることで内臓を覆っている筋膜も柔軟になるので、内臓機能が高まります。
1番で安い効果といえば、腸の活動がスムーズになることです。
便秘解消や宿便解消など、腸を健康へとみちびきます。
人間の健康は腸から作られるので、体全体が健康になっていきますよ。

・血流改善効果
筋膜が柔軟になることで、血管やリンパ節の圧迫も改善されていきます。
体内の血流やリンパの流れが良くなり、冷え性改善などの効果を発揮します。

・自律神経のバランス改善
血流改善と様々な痛みが改善しいていくことにより、自律神経のバランスも改善していきます。

・痩せやすい体質になる
筋膜が柔らかくなることで血流が良くなるので、新陳代謝が良くなります。
代謝が良くなることで脂肪燃焼効果が高くなるので、痩せやすい体質へとみちびくことができます。

・頭痛の改善
肩こりの改善や自律神経のバランスが整うことで、頭痛の改善が期待できます。
また、筋膜が柔軟になることで頭痛を引き起こす原因となる部分の筋膜も柔軟になるので、頭痛になりにくい体質になることができます。

このように、筋膜リリースは腰痛以外にも様々な嬉しい効果を発揮してくれます。
体質改善のためにも、是非チャレンジしてみましょう。

 

郡山市桑野 筋膜リリースなら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 筋膜はがしの具体的な効果

【筋膜はがしは腰痛改善に効果あり】
腰のまわりの骨は背骨しかなく、その他は筋肉に支えられています。
腰を支えている筋肉が弱ってしまうことで、腰痛を引き起こしてしまいます。
そんな腰回りの筋肉の弱りを改善することができるのが、筋膜はがしです。

筋膜はがしとは、筋肉を覆っている膜である筋膜の癒着を取り除くケアです。
腰痛になっている人は筋膜の癒着がひどくなっており、痛みやコリを発生させています。
筋膜をほぐして柔軟にすることで、効果的な痛みやコリの軽減へとみちびくことができるのです。

近年は筋膜のケアに注目されており、若い方を中心に人気があります。
筋膜をほぐすことは肩だが柔軟になるので、ダイエットにも導くことができると、若い女性にも大変人気があります。

筋膜はがしは、自分でも簡単にできるエクササイズです。
マッサージ局部的に行いますが、筋膜はがしは筋膜をはがすことで広範囲に効果を発揮させることができます。

筋膜はがしの具体的な効果は、以下が挙げられます。

・腰痛や肩こり改善
筋膜の癒着により筋肉が固くなっているので、血行が悪くコリが発生してしまいます。
それらが改善されるので、肩こりや腰痛が改善していきまsj。

・ダイエット
筋膜をほぐすことで筋肉が柔らかくなっていくので、リンパのつまりや老廃物の排出が上手くいくようになっていきます。
痩せやすい体質となり、ダイエットへとみちびくことができます。

・美容効果
筋膜がはがれて筋肉が正しく動くようになると、たるみのない若々しい顔や表情を手に入れることができます。
代謝が良くなるので、老廃物の排出が良くなり、むくみがなくなってすっきりとした顔になっていきます。
血流も良くなるので顔色も良くなり、くすみのない綺麗な肌へとみちびきます。

・ケガの防止
筋膜がはがれることで筋肉の動きがスムーズになり、体の可動域が広がります。
体が動かしやすくなるので、ケガ防止へとみちびくことができます。
【誰でも簡単にできる筋膜はがしの方法】
筋膜はがしの方法は様々ありますが、誰でもできる簡単な腰痛に効果がある筋なくはがしがあります。
腰痛に効果が期待できる筋膜はがしを、3つご紹介いたします。

・L字ストレッチ
テーブルの前に両足を肩幅程度に開いて立って、体をL字に90度曲げてテーブルにうつぶせになります。
顎を引いて、20秒間キープします。
上体と足の筋肉が伸びるので、腰に効果的な筋膜はがしとなりますよ。

・腰の筋膜を直接はがす方法
仰向けになってヒザを立てて、タオルポールを尾骨の少し上あたりにセットします。
タオルポールを少しずつ上に上げながら10秒ずつリリースしていきます。
この時、腰に痛みを感じることもあるので、痛くない程度で少しずつ動かしていくことが大事となります。
痛気持ちいい程度が、ベストとなります。

・テニスボールを使った方法
壁を背中にして立ち、腰部分にテニスボールを押し付けます。
少し痛気持ちいい部分がリリースポイントであり、その部分を見つけたら10秒ずつ押し付けます。
上下数か所と左右のように、少しずらしながらリリースしましょう。

 

郡山市桑野 筋膜はがしの具体的な効果なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 簡単な肩甲骨はがし

【肩甲骨はがしは腰痛改善に効果がある】

近年注目されてきている、肩甲骨はがし。
肩甲骨はがしによって、腰痛が改善されることご存じでしたか?

肩甲骨はがしは、凝り固まってしまった肩甲骨を柔軟にしてほぐすケアです。
肩甲骨というのは、背中にある天使の羽の様な部分です。
肩甲骨は首や肩、背中あたりにある6種類もの筋肉が適度なバランスを取ることで、様々な動きが取れるようになっています。
これらの筋肉が柔軟になることで、腰への負担をやわらげて腰痛改善へとみちびくのです。

体に不調が起きている場合は、肩甲骨まわりの筋膜が癒着していることにより、ねじれや縮身が発生していることがあります。
この縮みやねじれによって、腰痛などに不調を引き起こしていることがあるのです。

肩甲骨はがしは腰痛改善だけではなく、以下のような効果を発揮します。

・肩コリ改善
・頭痛改善
・姿勢改善
・血流改善
・冷え性改善
・肌質改善
・体質改善
・ダイエットしやすい体質改善
・バストアップ効果

このような、うれしい効果ばかりがあります。
中身だけではなく、見た目も変わることができる嬉しい要素が満載です。
そのため、若い人を中心に人気があります。
【誰でもできる腰痛改善肩甲骨はがし】
肩甲骨はがしはネーミングが良くないのか、痛いとか辛いというイメージを持っている人が多くいるようです。
しかし、肩甲骨はがしというのは全く痛くなく、誰でも快適に行うことができます。
そのため、誰もが抵抗なく行うことができるエクササイズです。

今回は、肩甲骨はがしのエクササイズの中から、誰でも簡単にできる腰痛改善ができる肩甲骨はがしを、3つご紹介いたします。

・肩回しで肩甲骨はがし
片手を右肩、左手を左肩に置いて、肩の力を抜きます。
ひじで大きく円を描くような感じで、後ろ回しで5~10回ほどグルグル回します。
その際、前に、上に、後ろに、下に意識するように、できるだけ大きくグルグルと回すようにしましょう。
腕をグルグル回すだけですので、ちょっと時間が空いた時でも簡単にできますよ。

・四つん這いで肩甲骨はがし
床に四つん這いになって、息を吐きながら両手を前に滑らせます。
深く呼吸を続けて、20~30秒ほど猫伸びのようなポーズをキープします。
その後、息を吸いながら元の状態に戻ります。
腰が痛い場合は、形に注意して行うようにしましょう。
腰に多少の負担がかかるので、思いっきり行うと腰痛を悪化させてしまうこともあります。

・首をひねる肩甲骨はがし
頭をまっすぐの状態にして、耳を肩に付けるような形をイメージして首をひねります。
20~30秒ほど行い、その後逆側を同じような感じで行います。
ポイントは、顔が前後にブレないことです。
目線はまっすぐにして、横を向かないようにしましょう。
その後、同じ傾きに首のひねりを入れて、目線を肩に向けます。
そのまま20~30秒キープして、左右行います。
ただ首を動かすだけですので、デスクワーク中でも簡単にできますよ。

このように、どなたでも簡単に肩甲骨はがしはできます。
凝り固まった肩甲骨をしっかりほぐして、腰痛改善へとみちびきましょう。

 

郡山市桑野 簡単な肩甲骨はがしなら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 股関節痛の可能性

【股関節痛の症状】
股関節痛といえば、股関節が炎症を起こしてしまい痛みが発生してしま「股関節炎」が多くあります。
股関節炎は、股関節にある軟骨がすり減ってしまうことで、股関節を動かしたり体重がかかるたびに軟骨同士が直接こすり合ってしまい、痛みを発生させてしまう症状です。
股関節痛は、65歳以上の女性に多い症状といわれています。
以下のような症状がある場合は、股関節痛の可能性があります。

・膝が常に重い感じがする
・動き始める時や歩きはじめる時に、太ももの付け根が痛くなる
・運動をした後に、太ももの付け根やお尻の横が痛くなる
・家族や親戚の中に股関節の病気の人がいる
・歩く時に左右に体が揺れる
・スカートやズボンの丈が左右で合っていない
・段差があると上がりにくい
・あぐらをかくことができない
・靴下がはきにくい
・寝がえりを打つと太ももの付け根が痛い

これらは、股関節痛の典型的な症状です。
複数当てはまる場合は、股関節痛の可能性が考えられます。

少しでも気になる場合は、1度専門医に診てもらいましょう。
【股関節痛の治療方法】
股関節痛の治療は、股関節の痛みを抑えるために以下のような治療方法を行っていきます。

・運動療法
ストレッチやウォーキング、筋力強化、水中運動などを行っていきます。
股関節のまわりの筋肉を強化することで、股関節への負担を減らすことができます。
理学療法士の指導のもとで行うので、我流の運動は避けましょう。
我流で運動を行うと、股関節に余計な負担をかけてしまうことがあるので、よくありません。
体重が多い人は、体重を少なくすることも大事となります。
体重は股関節に大きな負担をかけているので、身長に見合っていない体重の人は減量を心がけましょう。

・温熱療法
患部を温めることで、血行を良くして炎症を軽くさせることができます。
痛みが和らいでいきますので、楽になっていきますよ。
また、温めることで患部を動かしやすくすることもできるので、日常生活がアクティブになります。

・薬物療法
飲み薬や湿布、塗り薬、座薬などの消炎鎮痛薬を用いて、治療を行っていきます。
状態がひどい場合は、股関節にヒアルロン酸を直接注射して、痛みや炎症を抑えることもあります。

・装具療法
歩行時に困難が発生している場合は、杖などの装具を使用して股関節にかかる負担を軽くします。
左右の脚の長さに違いがある場合は、靴に補高を行って調整することもあります。
適した装具を専門医が紹介してくれますので、相談してみましょう。

・手術療法
股関節痛の状態があまりにも良くない場合は、手術で改善させる場合もあります。
主な手術治療方法は、骨切り術と人工股関節置換術です。
どちらも、従来と比べて小さい切開での手術が可能となるので、少ない負担での手術とすることができます。

股関節痛は、軽度の場合は薬物療法などの保存療法で改善が可能となります。
おかしいなと思ったら、すぐに専門医に診てもらい治療を受けるようにしましょう。

 

郡山市桑野 股関節痛の可能性なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 変形性股関節症末期の治療

【変形性股関節症の原因や症状】
変形性股関節症は、先天性や後天性の病気やケガにより関節軟骨の破壊や変形が発生した状態です。
関節軟骨の破壊や変形になってしまうと、修復することは難しくなってしまいます。
ただし、早い段階の治療であれば、適切な処置を行うことで進行を遅らせることができます。

変形性股関節症は、各段階において以下のような症状が発生します。

・初期
初期の段階では、関節の軟骨が傷つくことで関節の隙間がほんの少し狭くなります。
この影響により、股関節以外にお尻や太もも、ひざに痛みが発生してしまうことがあります。
股関節以外に症状が出るので、変形性股関節症と気が付かない場合もあるようです。
長時間の歩行や運動後に痛みが現れ、お尻やふともも、ひざに痛みやこわばりが発生します。

・進行期
進行期は、関節の軟骨が広い範囲で変形や摩耗してしまい、関節の隙間がかなり狭くなってしまいます。
レントゲンでは、骨嚢胞や骨棘などが現れてきます。
痛みが慢性化しはじめ、歩くことにも支障をきたしてきます。
股関節の動く範囲が狭くなってしまい、脚の筋力が落ちてきてしまい、日常的に痛みが発生するようになって歩行に障害が発生します。

・末期
末期になってしまうと、関節の軟骨はほとんどなくなってしまうので、関節の隙間が無くなります。
レントゲンで観ると、股関節に著しい変形が見られるようになります。
筋力が落ちてしまいお尻や太ももが細くなってしまい、左右の脚の長さに違いが出てしまうこともあります。

このように、症状が悪くなると大変な状態になってしまうので、早めの治療で生活に支障を与えないようにしましょう。
【変形性股関節症の治療方法】
変形性股関節症の治療方法は、症状別にこのような方法となります。

・初期
保存療法となり、薬物療法で痛みを取り除くという内容となります。
また、足腰に負担をかけないように、減量をすることも大事となります。
股関節にかかる体重の影響は想像以上であり、片足で立っただけでも体重の3倍物重みがかかると言われています。
体重は股関節に負担を抱える大きな原因となるので、身長に見合った体重へとコントロールしましょう。

・進行期
保存療法となり、痛み止めなどの薬物療法、軽い筋力強化訓練、温熱療法などを行います。
疼痛がひどい場合は、人工股関節置換手術を行うこともあります。

・末期
末期の治療は、人工股関節置換手術が主となります。
痛みや歩行に大きな改善が期待できるので、かなり良くなります。

また、共通していえるのが、日常生活の見直しをすることです。
股関節や下肢への負担になる生活習慣を避け、変形性股関節症の症状を改善へとみちびきましょう。
思い物を持たない、長歩きをしない、長時間立ちっぱなしにならないなど、股関節への負担を極力軽くしましょう。
仕事を止めたら急に痛みが楽になった、という話はよくある話です。

末永く元気に過ぎすためには、股関節はとても重要な部分です。
おかしいなと思ったら、放置せずに専門医に相談をしましょう。

 

郡山市桑野 変形性股関節症末期の治療なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 腰椎分離症の発症

【腰椎分離症の原因と症状】
腰椎分離症は、腰椎上関節突起と下関節突起の間で、椎弓根部の骨連属性が途絶えてしまった状態であり、骨折している症状です。

中学生くらいの運動が活発な年代に発生することが多く、スポーツのし過ぎで腰椎の骨に亀裂してしまう疲労骨折です。
また、先天的な遺伝によって腰椎が弱いことでも、発生的に分離してしまうことがあります。
一般の人では5%程度の発症率なのですが、スポーツ選手では30~40%の人が腰椎分離症になっています。

腰椎分離症の特徴は、以下のようなポイントがあります。

・10代の男の子に多い
・腰をひねると痛い
・野球やサッカー、バスケットボール、水性をしている人に発生率が高い
・小さいころからジャンプを多くしている人に発生率が高い
・体の柔軟性が低下している人に発生しやすい

これらにいくつか当てはまっている場合は、腰椎分離症になる可能性が高くなります。

腰椎分離症自体は10代で発生しますが、それが原因となって徐々に分離すべり症に進行してしまうこともあります。

腰椎分離症の症状は、腰を反った時やひねった時に腰痛がひどく出てしまうのが特徴です。
分離し始めの頃は腰痛の程度も強く発生し、その状態が持続されます。
時には神経根が圧迫されてしまい、坐骨神経痛のような症状を発してしまうこともあります。
悪化してしまうと生活がしにくくなってしまいますので、早めの対応が大事となります。

腰をひねった時にひどい痛みを感じた場合は、腰椎分離症を疑うようにしましょう。
腰椎分離症は、治療のタイミングを逃してしまうと、骨がくっつかなくなってしまいます。
そのため、おかしいと思ったらすぐに治療を受けるようにしましょう。
腰椎分離症の診察は、CT画像やレントゲンにて診察を行います。
画像にハッキリ出る症状なので、画像診断だけで初期なのか進行期なのかを把握することができます。
【腰椎分離症の治療や予防方法】
腰椎分離症の治療は、スポーツ活動を一切禁止して硬性コルセットを装着して安静状態にします。
固定し、骨折状態が治るのを見込んだ治療です。
スポーツ活動は部活動や体育の授業など2~3か月間止めて、安静にします。
再検査で骨のくっつきが確認されたら、理学療法士の指導のもとにコルセットをン使いながら軽い運動から再開していきます。
初期の分離の場合は、この治療で90%以上改善したというデータがあります。

また、保存療法で改善が見込めない場合は、神経の圧迫を取り除く手術を行います。

腰椎分離症は、整形外科よりも接骨院や整骨院での治療の方が適していることがあります。
整形外科は薬中心の治療となる場合が多く、整骨院や接骨院の場合は患部に直接治療を行うことで効果的な治療とできるからです。
腰椎分離症は軽度の骨折のようなケガですので、整骨院や接骨院の方がスムーズな改善を期待することができますよ。
腰椎分離症が早く治るように、近くの整骨院や接骨院に相談してみるといいですよ。

 

郡山市桑野 腰椎分離症の発症なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 腰椎すべり症の治療方法

【腰椎すべり症の原因と症状】
腰椎すべり症というのは、積み木状に重なっている腰椎が前の方へ滑りだしてしまっている症状を指します。
前の方に滑って腰椎が出ていることで、神経に触れたりなど様々な症状を引き起こしてしまいます。

腰椎すべり症には2つの種類があり、変形すべり症と分離すべり症があります。

・腰椎分離すべり症
腰椎分離すべり症は、背骨の本体の椎体と後ろ側で関節を構成している椎弓が分離してしまった状態です。
椎体と椎弓が分離してしまった状態で放置しておくと、分離してしまった部分の腰椎の安定性が無くなってしまい、上下の骨に滑りが生じてずれてしまいます。

・腰椎変性すべり症
加齢によって椎間板や靭帯、関節などの腰椎を構成している部分が変性を起こしてしまい、腰椎の安定性が失われてしまうことで腰椎がずれてすべってしまう症状です。
加齢や長時間負荷がかかり続けることで徐々に腰椎が変性してしまい、このような状態になってしまうようです。
加齢によって発生することが多いので、分離すべり症と比べると年齢が増した人に多い傾向があります。
また、男性よりも骨が弱い、女性の方が多いようです。

腰椎すべり症で発生してしまう症状は、このような症状です。

・腰痛
・坐骨神経痛
・下半身のシビレ
・間欠性跛行

これらの症状が出ている場合は、腰椎すべり症を疑いましょう。
おかしいなと思ったら、1度専門医に診てもらうことをオススメします。

腰椎すべり症の診断は、腰椎のズレを調べるためにレントゲンを取ります。
腰椎を曲げた状態で撮影することで、はっきりと症状が写ります。
また、神経の圧迫が気になる場合はMRIで検査を行う場合もあります。
【腰椎すべり症の治療方法】
腰椎すべり症は悪性の症状ではありませんので、ほとんどの場合保存療法での治療となります。
以下のような保存療法で、治療を行っていきます。

・コルセット治療
コルセットを患部に設置することで、腰への負担を経験して楽な状態へとみちびきます。
腰椎すべり症専用のコルセットが必要となるので、専門医に相談してコルセットを購入しましょう。

・薬物療法
腰椎すべり症の痛みを軽くするために、薬物療法を行います。
鎮痛剤が主であり、消炎鎮痛剤などを使用します。

・注射療法
痛みがひどい場合は、ブロック注射で症状の改善を行います。
かなり痛い痛みでも、ブロック注射で楽になりますよ。

・リハビリ療法
症状が落ち着いており動ける場合は、リハビリを行って様子をみます。
整形外科や整骨院、接骨院などでリハビリを行い、患部に無理を掛けないように行っていきます。
我流のリハビリでは却って状態を悪くしてしまうこともあるので、オススメできません。
必ず専門医のもとで、リハビリを行うようにしましょう。

これらの保存療法で改善しない場合は、手術療法を行います。
日常生活に支障がある、膀胱直腸障害など悪化した症状が出ている場合は、手術となります。
現在は技術が進歩しているので、術後10日から2週間程度で退院ができます。

 

郡山市桑野 腰椎すべり症の治療方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 変形性腰椎症の痛みの症状

【変形性腰椎の症状や原因】
変形性腰椎症は、加齢により椎間板痛んでしまったり、骨が変形してしまうことで痛みが出てしまう症状です。
椎間板が変形してしまい、骨の一部が変形してしまい骨棘となってしまい、それが神経に触れていた意味を発生させてしまいます。
加齢による骨の変形というのは人それぞれですが、若い頃に力仕事をしていた人が椎間板に負荷がかかっており、年齢を増すと痛みの症状が出てくるパターンが1番多いです。

変形性腰椎症の痛みの症状は腰から臀部の広い範囲に発生して、だるさ、重さ、鈍い痛さ、しびれ、冷感などの症状が出ます。
変形性腰椎症が悪化してしまうと、腰部脊柱管狭窄症に発展してしまうこともあります。
腰部脊柱管狭窄症になってしまうと、休み休みじゃないと歩くことができなくなってしまうこともあります。

腰に異常を感じたら、1度専門医に診てもらうことをオススメします。
【変形性腰椎症の治療方法や予防方法】
変形性腰椎症は、以下のような治療方法となります。

・温熱療法
腰を温めることで、症状が和らぎます。
湯船に浸かったり温湿布を張ったりなど、患部を温めるようにしましょう。
間違っても薄着はせず、暖かい格好で過ごすようにしましょう。

・運動療法
腰痛体操など体操を行うことで、腰のまわりの筋肉を鍛えて変形性腰椎症の症状を改善へとみちびくことができます。
血流も良くなるので、痛みも緩和していきます。
整形外科や整骨院、接骨院でも教えてくれますので、是非チャレンジしてみましょう。

・薬物療法
炎症や痛みを抑えるために、消炎鎮痛剤や筋弛緩薬、末梢循環改善薬、向神経ビタミン剤などを使用します。
薬はあくまで症状を抑えるためのものですので、症状緩和にはなりません。

また、変形性腰椎症は日常の予防方法もとても大事となります。
以下のようなポイントに気を付けて、変形性腰椎症が起きにくい状態にしましょう。

・座る時や立ち上がる時に気を付ける
座る際や立ち上がる際に腰に負担を掛けないことで、変形性腰椎症になりにくくすることができます。
長い時間同じ姿勢でいて急に動くと、腰に大きな負担をかけてしまいます。
座る時や立ち上がる時は、ゆっくり動くようにしましょう。

・家事で腰に負担を掛けない
毎日行う家事も、腰に大きな負担をかけてしまいます。
同じ作業を繰り返していることで腰に負荷がかかってしまいますので、家事の合間に休憩を入れるようにしましょう。

・日頃から運動して筋肉をほぐす
変形性腰椎症になりにくくする為には、適度な筋肉を付けておくこともとても重要となります。
家でできる手軽な運動でいいので、常に行うようにしましょう。
ウォーキングでもいいですし、腹筋や背筋などでもOKです。
変形性腰椎症は後ろに背中を反らす動作は悪化を招くので、それだけは絶対に避けるようにしましょう。

これらの予防で、簡単に変形性腰椎症予防とすることができます。
変形性腰椎症は慢性化してしまうこともあるので、なりにくい体を作ることも大事となります。

 

郡山市桑野 変形性腰椎症の痛みの症状なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 軽度の側弯症

【側弯症の症状や原因】
側弯症というのは、背骨が左右に弯曲した状態の症状です。
背骨が左右に曲がっている状態であり、通常は小児期にみられる脊柱変形をいいます。
日本での発症頻度は1~2%と言われており、女の子に多くみられている傾向があります。
中でも多いのが、原因不明の突発性側弯症であり、側弯症の中の6割~7割を占めています。
そのため、家族からの遺伝などでなってしまうことは、少ないようです。

背骨が左右に曲がってしまうことで、以下のような症状が発生してしまいます。

・左右の肩の高さの違い
・肩甲骨の突出
・腰の高さの非対称
・胸郭の変形
・肋骨や腰部の隆起

これらの症状は、側弯症特有の症状です。

側弯症は、症状が軽度の場合はそのまま放置していても問題はありません。
ちょっと左右の位置が違う状態であれば、あまり気にしなくてもいいでしょう。

しかし、一定の角度異常に症状が悪化してしまうと、様々な弊害が起きてしまうのでよくありません。
進行してしまうと、心肺停止などの恐ろしい症状になってしまうこともあります。
おかしいと思ったら、専門医に診てもらうようにしましょう。
身体測定で背骨の状態は診断されますので、異常があると言われたら即診察を受けましょう。

側弯症の診察は、子供に前屈みの姿勢をとってもらい、脊柱を診察して確認します。
場合によっては、MRIやレントゲンで診察をする場合もあります。
痛い診察は一切しませんので、お子さんでも安心して診察を受けることができます。
【側弯症の治療方法】
側弯症の治療は、症状の度合いにより異なります。
以下のような内容で、治療を行うことが大半です。

・コブ角20度未満
コブ角が20度未満の場合は軽度になるので、経過観察となります。
特に何も治療をせず、1年に1度診察を受けるような内容となります。

・コブ角20度~25度の場合
コブ角が20~25度の場合も、経過観察となります。
20度以下とは診察の頻度が異なり、3カ月若しくは半年に1度診察を受けます。

・コブ角25度以上の場合
コブ角が25度以上の場合は、装具療法という治療方法を行っていきます。
装具療法とは固いプラスチック製のコルセットを患者さんに合わせて作り、それを常に装着してもらい角度の悪化を防止する治療となります。
成長期のお子さんではないと効果を得ることができないので、成熟した人は対象とはなりません。
装具療法の場合も装着状況などを定期的にチェックするために、定期検診を受けなくてはいけません。
女の子の場合は初潮から2年経過している、男の子の場合は声変りしている時点で、装着療法の治療は終了となります。

・コブ角が40度~45度の場合
コブ角が40~45度の場合は、手術療法となります。
すぐに手術というわけではなく、複数回受診をして経過を診てもらった上での手術となります。
手術の際には術後に溶ける糸を使って手術を行うので、傷跡が残りにくい状態にしてくれます。
そのため、思春期の女の子でも安心して手術を受けることができますよ。

 

郡山市桑野 軽度の側弯症なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 変形性脊椎症の診察

【変形性脊椎症の症状と原因】
変形性脊椎症は病気というものではなく、加齢により誰もが発症してしまう症状です。
加齢になると椎間板の水分がどんどん減ってしまい、上下にある椎体がぶつかりやすくなってしまいます。
椎体がぶつかりやすくなることで、こすれて変形してしまい、一部分がとがってトゲのようになってしまうことがあります。
このトゲが背骨を走っている神経を圧迫してしまうことで、刺激と痛みが発生してしまう症状が、変形性脊椎症です。
トゲが発生していても、それが神経を圧迫していなければ症状は出ません。
トゲの変形が進み過ぎて高度になってしまうと、慢性疼痛や可動域制限が発生してしまいます。

変形性脊椎症は同じ姿勢でいて動きを変えると痛みが発することが多く、朝起き上がった時や同じ姿勢で何時間も仕事をした後などに、症状が発生しやすい傾向があります。
加齢により発生しやすいので、40代以降の男女に発生することが多くあります。

変形性脊椎症のリスクが高くなってしまう人は、以下のような人が挙げられます。

・重い物を持つ事が多い人
・喫煙者
・糖尿病の人
・閉経後の女性
・運動不足の人

これらに当てはまる人は、変形性脊椎症のリスクが高くなると言われています。

変形性脊椎症の診察は、レントゲンで判断します。
症状によっては、MRIでの検査が必要になる場合もあります。
【変形性脊椎症の治療方法と予防方法】
変形性脊椎症の治療方法は、無症状の場合は治療の必要がありません。
そのため、痛みなどの症状が出てきている場合に治療とします。
変形性脊椎症の治療は、これらの方法があります。

・コルセット治療
症状が起きている部位にコルセットを装着して、症状を緩和させる方法です。
コルセットで固定して安静状態にすることで、楽になっていきます。

・薬物療法
痛みが強い場合は、消炎鎮痛剤などの痛み止めを使います。

・体操療法
変形性脊椎症の症状が重度ではない場合は、体操や運動で鍛えて症状を緩和させていきます。
医師の指導のもとで行う運動で、改善へとみちびくことができます。
自己流の運動では改善しないので、勘違いしないようにしましょう。

また、変形性脊椎症は予防も可能です。
以下のような方法で、変形性脊椎症を予防しましょう。

・日頃から体を動かす
変形性脊椎症は筋肉が弱くなる事で発症しやすくなるので、運動不足では変形性脊椎症になってしまう可能性もあります。
日頃から軽い運動を心掛けて、筋肉を弱めないようにしましょう。
ウォーキングなどの、軽い運動でOKです。

・喫煙をしない
喫煙は、変形性脊椎症になってしまう確率を高めてしまいます。
禁煙をして、変形性脊椎症になりにくい状態にしましょう。

・重い物を持つ事を極力避ける
重い物を持つと腰に大きな負担がかかってしまうので、変形性脊椎症になりやすくなってしまいます。
重い物を持つ事は他の誰かに任せて、思い物を持たないといけない場合は膝を曲げて上手に持つようにしましょう。

 

郡山市桑野 変形性脊椎症の診察なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 急性腰痛症ことぎっくり腰

【急性腰痛症になった時の対応ポイント】
急性腰痛症とは、いわゆる「ぎっくり腰」のことを指します。
「ぎっくり腰」というのは病名ではなく、病院で診てもらうと「急性腰痛症」と診断されることが大半です。

急性腰痛症ことぎっくり腰は、急にやってきますよね。
そのため、いざなってしまうと戸惑ってしまう人も多くいらっしゃいます。
急性腰痛症ことぎっくり腰になってしまった場合は、以下のようなポイントで対応するようにしましょう。

・急性腰痛症ことぎっくり腰になってもあせらない
急性腰痛症ことぎっくり腰は想像以上に動けなくなるので、どうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。
急性腰痛症ことぎっくり腰になってしまっても、無理してすぐに動こうとはしないようにしましょう。
なってしまったばかりの時は痛みが物凄く強いので、動くことがむずかしい場合が大半です。
そんな時は無理して動かずに、動けるようになるまでその場にいるようにしましょう。
急性腰痛症ことぎっくり腰は文字通り急性ですので、少し時間が経つと症状が和らいでいきます。
数分経って症状が和らいでから、動くようにすればよいのです。

・症状が安定するまで横になる
動けるようになったら布団を敷いて、症状が安定するまで横になって様子をみましょう。
急性腰痛症ことぎっくり腰になった時の安静方法で1番適しているのが、膝や股関節を曲げてエビのような状態で横になることです。
この状態が腰に1番負荷をかけにくく、症状が早く改善しやすくなります。
一般的に、2~3日でよくなっていきますよ。

・患部を冷やす
急性腰痛症ことぎっくり腰は、痛い部分を冷やすこともとても効果的と言われています。
アイスノンや冷湿布などを使って、患部を冷やしましょう。
急性腰痛症ことぎっくり腰になった当日は、入浴は控えることをオススメします。
温めると痛みが増してしまうことがありますので、十分注意しましょう。

このように安静にして、症状が良くなって来たら少しずつ動いて関節を柔軟にさせることで、早く回復させることができます。
【急性腰痛症ことぎっくり腰で診察を受けた方が良い場合とは】
急性腰痛症ことぎっくり腰は自然治癒で改善しやすい症状なのですが、まれに重度の場合は安静では改善しない場合があります。
2~3日安静にしても全く改善しない場合は、専門医に診てもらうことをオススメします。

あまりにも改善しない場合は、他の理由により症状が起きている可能性もあります。
椎間板ヘルニアや脊髄すべり症、何らかの腫瘍が影響していることもあります。

病院で診察を受けてただの急性腰痛症ことぎっくり腰とわかった場合は、病院よりも整骨院や接骨院の方が治療に適しているといえます。
整骨院や接骨院は患部に直接治療を行いますので、症状が緩和しやすい傾向があります。
他に原因がなく長く治らない場合は、整骨院や接骨院での診察も考えてみるといいですよ。
整骨院や接骨院は家から近い場合も多いので、急性腰痛症ことぎっくり腰の人でも楽に通うことができますよ。

 

郡山市桑野 急性腰痛症ことぎっくり腰なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 脊柱管狭窄症の治療方法

【脊柱管狭窄症の症状や原因】
脊柱管狭窄症は、脊髄が通るトンネル部分である脊柱管が、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出によって狭くなってしまうことで、脊髄が圧迫されてしまい腰の痛みや足のしびれなどを発症させてしまう症状です。
特に50代以上に多く、加齢により骨や靭帯が変性してしまうことで発生してしまうことが大半です。

脊柱管狭窄症の症状は、立っている時や歩いている時に発生する臀部の痛みや下肢の痛みです。
歩いたら痛みが出てきて、一定時間休むと症状が治まってまた歩くことができるというパターンです。
歩いている時に痛みやしびれなどの不具合が発生している場合は、脊柱管狭窄症の可能性があります。
おかしいなと思ったら、1度専門医の診察を受けることをオススメします。
似たような症状で違う病気の場合もあるので、まずは専門医に診てもらうことが大事となります。

脊柱管狭窄症になったら、放置しておいても症状は改善しません。
骨や靭帯の被膜が原因となっているので、放置していて悪化することがあっても改善することはありません。
そのため、少しでも変だと思ったら専門医に診てもらうべきといえます。
長い時間放置してしまうと、脊柱管狭窄症の症状が強くなってしまうことがあります。
悪化してしまうと歩行困難になってしまったりなど、手に負えない状態になってしまうこともあります。
軽度な状態のうちに、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。

脊柱管狭窄症の診察は、レントゲンである程度状態を把握することができます。
詳しく症状を確認する場合は、MRIや脊髄造影などの検査を行う場合もあります。
【脊柱管狭窄症の治療方法】
脊柱管狭窄症は、約70%の人が保存療法で改善すると言われています。
手術をしないと治らないというわけではありませんので、早めに治療を受けるようにしましょう。
ただし、悪化してしまうと手術となってしまいます。

脊柱管狭窄症は、以下のような保存方法で治療を受けるようにしましょう。

・薬物療法
血管を広げる内服薬や痛み止めなどの内服薬で、症状を緩和させていく方法です。
脊柱管狭窄症は神経の圧迫によって発生しますが、神経周りの血流障害も発生してしまいます。
血管を広げる薬により、状態を緩和させていきます。

・ブロック療法
症状が出ている部分の神経痛や関節痛に対して、局所麻酔やステロイドなどを注入します。
一時的に痛みが緩和したり、血管の収縮や筋肉の緊張を抑える効果も発揮します。

・装具装置
腰部分の安静や前屈の保つために、装具を装着することもあります。
コルセットなどの装具が一般的であり、脊柱管狭窄症に適したコルセットを専門医があっせんしてくれます。

・リハビリテーション
物理療法や運動療法によりリハビリにより、脊柱管狭窄症の症状を改善していく方法です。
病院や整骨院、接骨院にあるリハビリ器具を利用し、行っていきます。

これらの保存療法で改善しなかった場合は、手術療法の選択となります。

郡山市桑野 脊柱管狭窄症の治療方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 椎間板ヘルニアの予防

【椎間板ヘルニアの原因】
椎間板ヘルニアは、椎間板の中になる髄液というゲル状の組織が、椎間板の外に出てしまった状態です。
椎間板の外に飛び出してしまったことで、神経が圧迫されてしまい様々な症状を引き起こしてしまいます。
背骨には頚椎、胸椎、腰椎があり、それぞれに椎間板があります。
中でも負担がかかりやすい、頸椎と腰椎にヘルニアが出やすい傾向があります。
足のしびれや腰痛などの症状が発生してしまい、挙句の果てには感覚がなくなってしまうこともある、軽く捉えてはいけない症状です。
20~40代の人に多く、男性に発症することが多い傾向があります。

椎間板ヘルニアになってしまう原因は、椎間板にかかってしまう強い圧力の影響です。
椎間板は10歳を過ぎたころから老化がはじまり、加齢に伴う椎間板の老化により発生します。
そのほか、椎間板に負荷をかけたことでも発生してしまい、以下のような原因で発症してしまうこともあります。

・急に重い物を持ち上げる
・中腰になることが多い
・激しいスポーツを行っている

これらが原因となることが多く、その他、喫煙、遺伝、精神面からの影響、仕事の姿勢なども深く関与していると言われています。

椎間板ヘルニアかなと思ったら、1度専門医に診てもらうことがオススメです。
検査は、MRIを使って行い、柔らかいヘルニアの組織を鮮明に映し出すことができます。
場合によってはCT検査や造影剤注射の検査を行うこともあります。
【椎間板ヘルニアの予防方法】
椎間板ヘルニアは、誰でもなりやすい症状です。
そのため、日常生活の中で予防することが大事となります。
以下のようなケアで、椎間板ヘルニアにならないように若しくは悪化させないようにしましょう。

・中腰の作業を控える
中腰の作業は、椎間板ヘルニアになりやすい腰回りとしてしまいます。
なるべく膝を使った形とし、中腰状態を緩和させましょう。

・重たい荷物を持たない
重たい荷物を持つと急激に負担がかかってしまい、椎間板ヘルニアになりやすい状態となってしまいます。
なるべく、重たい物を持つのは避けるようにしましょう。
どうしても重たい物を持つ場合は、膝を曲げて重たい物を持つようにしましょう。
腰だけではなく膝にも負担をかけることにより、椎間板に負担を与えにくくさせることができます。

・コルセットを使う
腰に負担を掛ける作業が多い人は、コルセットを使うようにしましょう。
コルセットで保護をすることで、腰に余計な負担をかけにくくさせることができます。

・腰回りに柔軟性を与える
腰への負担を掛けないようにするためには、負担に耐えられる体にすることもとても大事です。
下半身の筋肉を鍛えて、腰へ負担をかけにくい体にしましょう。
ちょっとした家の中で出来るストレッチでいいので、少しずつ筋肉を付けていくといいですよ。
急激に筋肉を付けようと、余計な負担が腰にかかってしまうことがありますので、あくまで少しずつ行っていくといいですよ。

 

郡山市桑野 椎間板ヘルニアの予防なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 急性腰痛

【ぎっくり腰はこんなきっかけで発生する】
ぎっくり腰は、急に「ギクッ」といった感じで腰に激痛が走ってしまい、動けなくなってしまう症状です。
突然の痛みで動けなくなってしまうので、困ってしまった経験がある人も多くいると思います。

ぎっくり腰というのは、急性で発生する腰痛で急性腰痛です。
腰を急激に使ったわけじゃなくても、微妙な角度でぎっくり腰って発生してしまうことがありますよね。
ぎっくり腰になってしまう原因というのは、急激な負荷が腰にかかったことで発生してしまいます。
以下のような行動により、ぎっくり腰になったという声は多く挙がっています。

・重い荷物を持ち上げようとした時
重い物を持ち上げようとするときは、腰に大きな負担をかけてしまいます。
重い物の重量と足を介して立ち上がる際に力が腰で交差してしまい、その交差する力によってぎっくり腰が起きやすい状態となってしまいます。

・低い位置の物を取ろうとした、若しくは置こうとした時
こちらもよくあることなのですが、低い位置にある決して重くないものを取ろうとしたり、置こうとした場合にぎっくり腰になってしまうパターンです。
重い物を持ち上げる時のように重たい重力はかかっていないように思えますが、この時も重さが大きく腰に影響を与えてしまいます。
低い物を取る際に手を伸ばして取る時には、自分の体を支えないといけません。
その時に発生してしまう上半身の体重が腰にかかってしまい、ぎっくり腰になってしまうのです。

・椅子から立ち上がろうとした時
椅子から立ち上がる時は、腰に大きな負担がかかります。
それによって、ぎっくり腰となってしまうことがあります。

・くしゃみをした
くしゃみをしたことで、上半身と下半身に急激な動きが発生してしまい、関節に瞬間的な回転力が生まれてしまいます。
その際関節や筋肉を傷めてしまい、ぎっくり腰としてしまうのです。

このような日常的なことによって、ぎっくり腰になってしまうことがあります。
ぎっくり腰にならないように、自分でできる予防方法を日常的に行うといいですよ。
【ぎっくり腰にならないためのセルフケア】
ぎっくり腰にならないためのセルフケアは、以下が挙げられます。

・体を冷やさない
体を冷やしていると、関節や筋肉が柔軟になりません。
ぎっくり腰が起きやすい体質となってしまいますので、体を温めるようにしましょう。
湯船に浸かったり、温湿布や貼るカイロなどを使って、腰を温めるといいですよ。

・大股歩きを行う
ぎっくり腰にはストレッチが効果的ですが、慣れていない人には難しいと思います。
そこでオススメなのが、大股歩きです。
大股歩きというのは立派なストレッチとなるので、とてもオススメです。
大股歩きをすることによって体の硬い部分が効果的に伸びるので、良いストレッチとなります。
ご近所をウォーキングして、体をほぐしましょう。

・腰に負担を掛けない生活をする
なるべく腰に負担を掛けない生活をして、ぎっくり腰になりにくい状態にしましょう。
起きる時は急激に起き上がらず、ゆっくり起き上がるようにしましょう、
また、顔を洗うなどの腰を曲げた動作の場合は、腰だけでなく膝も曲げて行うようにすると、腰への負担を少なくすることができますよ。
腰を曲げる際は膝も一緒に使うことで、かなりの負担が減ります。

 

郡山市桑野 急性腰痛なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 坐骨神経痛改善方法

【坐骨神経痛の症状や原因】
坐骨神経痛とは、坐骨神経という腰から足に伸びている神経が様々な原因により圧迫や刺激を受けることによって発生する、痛みやしびれの症状です。
中高年の方に発生することが多く、以下のような場所に鋭いしびれや痛みの症状が出ます。

・お尻
・太もも
・すね
・ふくらはぎ
・足

これらの部位に、鋭い痛みやしびれ、張り、冷感、灼熱感、締め付け感などの症状が発生します。
一部分に症状が出ることもあれば、足全体に症状が出ることもあります。

坐骨神経痛という名称は、病名ではなく症状です。
原因となる病名が他にあり、他の病気からの影響によって発生してしまうことが大半です。
よくあることといえば腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛などがあり、この2つの病気からの影響が大半です。
その他にも、変形性腰椎症、腰椎分離症、すべり症、梨状筋症候群、外傷により圧迫、帯状疱疹などからも、坐骨神経痛が発症する場合があります。

軽度な坐骨神経痛の場合、そのうち治ると放置してしまう人も少なくないようです。
しかし、坐骨神経痛というのは悪化してしまうと大変厄介になってしまいます。
歩行困難になったり、座っていられなくなることもあり、ひどくなってしまうと排泄にも障害が出てしまうことがあります。
安静にしていても症状が改善しない場合は、1度専門医に診てもらうようにしましょう。
【坐骨神経痛改善方法】
坐骨神経痛かなと思ったら、以下のような対処方法を行ってみましょう。

・重い物を持たない
重い物を持つと、足腰に大きな負担をかけてしまいます。
なるべく重い荷物は持たないようにし、誰かに頼んで持ってもらうようにしましょう。

・長時間同じ姿勢を取らない
仕事などで長時間同じ姿勢を取っていると、足腰に大きな負担がかかってしまいます。
同じ姿勢で長時間仕事をしないといけない場合は、1時間ごとに休憩を取って体を動かしてほぐすようにしましょう。

・激しい運動は避ける
激しい運動は、足腰に大きな影響を与えてしまいます。
ある程度の動きは問題ありませんが、極端に激しい運動は絶対に避けるようにしましょう。

・太っている人は体重を減らす
体の重さは、足腰の関節に大きな負担をかけてしまいます。
ご自分の身長に診合って以内体重の場合は、ダイエットをして体重を減らすようにしましょう。
食事制限より、動かす方が体に負担を掛けない理想のダイエットとすることができますよ。
少しずつでいいので、運動で体重を減らしていきましょう。

・腰回りに筋肉を付ける
関節に負担を掛けないためには、筋肉強化で負担を軽くしましょう。
スクワットなどの簡単な筋トレでいいので、腰まわりを強化してみましょう。
あまり頑張りすぎると足腰に負担がかかるので、徐々に筋肉を付けていくといいですよ。

・患部や関節を冷やさない
患部や関節を冷やすと、痛みが出やすい状態としてしまいます。
なるべく温めるようにし、痛みをやわらげるようにすると楽になっていきますよ。
温浴や貼るカイロ、温湿布などを利用して、なるべく温めるようにしましょう。

このような、自分でもできる対処方法で、坐骨神経痛を楽にしてみましょう。
坐骨神経痛を悪化させず、痛みに悩まない状態へとみちびきましょう。

 

郡山市桑野 坐骨神経痛改善方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野  膝蓋大腿関節症の症状

【膝蓋大腿関節症の原因と症状】

以下のような症状がある場合は、膝蓋大腿関節症の可能性があります。

・ヒザの疼痛
・ヒザの腫脹
・ヒザの熱感
・ジョギングで膝蓋骨周りに違和感や痛みを感じる
・階段の上り下りの際に違和感や痛みを感じる
・椅子から立ち上がる時に違和感や痛みを感じる
・膝蓋骨に引っかかり感を感じる
・膝の屈伸運動でゴリゴリと音が鳴る

膝蓋大腿関節症は、なぜ起きてしまうのでしょうか?
原因は、以下が挙げられます。

・加齢
年齢を増したことにより、ヒザにかかった大きな負担の蓄積で骨の表面の軟骨がすり減ってしまったことが原因です。
そのため、年齢を増した人に発症が多く、特に中高年の女性に多い疾患です。

・膝蓋骨の脱臼や亜脱臼
通常は、膝蓋骨は大腿骨にある溝にはまっており、その溝を滑るように動く性質となっています。
膝蓋骨が溝から外れる、若しくは溝から外れかけてしまうと、余計な摩擦力がかかってしまって軟骨がすり減ってしまいます。
発給や亜脱臼を繰り返すことで軟骨がどんどん傷んでしまい、悪化することで発生してしまいます。
激しいスポーツのし過ぎや、女性ホルモンの影響で発症してしまう場合もあります。

膝蓋大腿関節症をおこしやすい身体的特徴は、以下のような人が挙げられます。

・股関節の外転筋力が低下している人
・股関節外施筋力が低下している人
・外側広筋と内側広筋のバランスが良くない人
・膝蓋骨の外上方偏移の人
・膝関節の外反位の人
・足関節の外反位の人

これらの問題が起きている人は、膝蓋大腿関節の力学ストレスが強まってしまい、膝蓋大腿関節症が起きやすくなってしまいます。

【膝蓋大腿関節症の治療方法】

変形した関節やすり減ってしまった軟骨は、元に戻すことはできません。
それでは膝蓋大腿関節症は改善しないのかというと、そうではありません。
早めに適切な治療を受けることで、痛みや腫れの状態を軽くさせることができます。
放置しておくと悪化してしまい、歩行に支障をきたしてしまうこともあります。
そのため、少しでもおかしいと思ったら、すぐに適切な治療を受けるようにしましょう。

膝蓋大腿関節症の治療のポイントは、減量と筋力トレーニングです。

・減量
膝には、想像以上の体重の影響を与えています。
体重の3倍もの重さを与えており、体重が重いことは想像以上に重い荷重を膝に与えているということになります。
まずは、自分に似合った体重にするよう心がけましょう。
適切な食事にし、適度な運動も加えて体重を軽くしましょう。

・筋力トレーニング
筋力トレーニングをすることで、膝関節周りの筋肉を鍛えることができます。
筋肉を増やすことで、関節にかかる負担を減らすことができるのです。
太ももの前側の筋肉の、大腿四頭筋の強化をしていきましょう。
大腿四頭筋のトレーニング方法は、とても簡単です。
イスに深く座って、5秒ほどかけてゆっくり片足を垂直に上げます。
膝をしっかり伸ばした状態で、5秒ほど止まります。
そして、5秒くらいかけて片足を下ろします。
これを左右行い、1日10~15セット行っていきます。

・薬での治療
膝蓋大腿関節症の症状を悪化させないために、鎮痛消炎剤や湿布などの薬での治療も効果的です。
しかし、限定的な効果しか発揮しませんので、直接的な治療とはなりません。

以上の3つの治療を行っても症状が改善しない場合は、外的治療を行う場合もあります。

いかがでしたでしょうか。
膝の症状というのは、ケアをしても改善は期待できないと思っている人もいると思います。
しかし、軽度の状態でケアすることで軽度に抑えることができます。
今よりも楽な状態にして、アクティブな膝になりましょう。

郡山市桑野  膝蓋大腿関節症の症状なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 肩甲骨はがしの方法

【肩甲骨はがしは良い事ばかり】

肩甲骨はがしは、知らない人には不思議なネーミングに聞こえるかもしれません。
背中のストレッチ方法であり、しつこい肩こりに利くと大変人気があります。
TV等のメディアでも扱われており、注目の背中のストレッチ方法なのです。

肩甲骨というのは動かしやすい骨なのですが、様々な影響により肩甲骨のまわりがガッチリ固まってしまい、その影響で肩こりを発生してしまいます。
肩甲骨まわりの筋肉をほぐすことで、肩こりが楽になっていくのです。

肩コリの改善といえば肩を直接もみますが、実は肩こりの解消方法としては持続性がありません。
しかも、肩甲骨はがしは、意外と簡単に行うことができます。
そのため、誰でも簡単にできるストレッチ方法なのです。
肩甲骨のまわりが固くなってしまうと、肩こり以外にも以下のような症状が起きてしまいます。

・頭痛
・耳鳴り
・めまい
・自律神経失調症
・胃腸の不調
・便秘
・姿勢の悪さ
・顔色の悪さ
・痩せにくい

このように、肩甲骨とは全く関係ない部分の不調も発揮してしまいます。

肩甲骨はがしは、肩こりの改善以外にも注目されているポイントがあります。
それは、ダイエット効果があるということです。
肩甲骨まわりが固まっているということは、老廃物も溜まっているということになります。
溜まってしまった老廃物は、むくみの原因となってしまいます。
そのため、痩せにくい体質になってしまうのです。
肩甲骨はがしを行うことで老廃物の溜まりが改善していくので、むくみが改善してダイエット効果を発揮するという流れです。
そのため、肩甲骨はがしは、ダイエットに興味がある若い女性にも注目されています。

【肩甲骨はがしの方法】

肩甲骨はがしと聞くと、なんだか難しそうと思うかもしれません。
肩甲骨はがしはいたって簡単ですので、誰でも簡単にできます。
まずは少しずつ行っていき、徐々に肩甲骨をほぐすようにしましょう。
簡単な肩甲骨はがしの方法を、ご紹介します。

①大きな物を抱えるように、体の前で両腕で大きな輪っかを作ります。
この時、背中は思いっきり後ろに引いて丸めます。
前のめりになっているので、肩甲骨が離れて広がった状態になっています。

②両腕を後ろに持っていき、体の後ろで手をつなぎます。
そして、背筋をピンと伸ばしながら斜め上を見ます。
先程とは逆で、肩甲骨は閉じている状態です。

③その状態のまま、体を前に倒して、後ろで繋いでいる腕を上下左右に大きく揺らします。
上下左右の動きを、それぞれ20秒ずつ行います。

この流れを、3回繰り返します。
肩甲骨が効率よく動くことで、背中や首、肩、腕に刺激が入ります。
血流が良くなるので、コリが改善しますよ。

いかがでしたでしょうか。
肩甲骨はがしは、肩こりの改善を発揮してダイエット効果も発揮してくれます。
いい事づくしなので、絶対やるべきストレッチですよ。
最初は緩やかに行っていき、徐々にペースを上げていくといいですよ。
体全体がスッキリしていくので、アクティブな体になれること間違いなしです。

郡山市桑野 肩甲骨はがしの方法なら、「くわの接骨院」にお任せください。

郡山市桑野 仙腸関節炎のつらさ

【仙腸関節炎の症状や原因】

仙腸関節炎の症状は、仙腸関節部分を中心とした痛みが発生することが大半です。
また、臀部や足の付け根、下肢などにも痛みが発生する場合もあります。
ぎっくり腰になってしまうのは、仙腸関節の捻挫が原因となっている場合があります。
そう考えると、仙腸関節炎に悩んでいる人というのは数多くいるということになりますよね。

仙腸関節炎は、女性に多い傾向があります。
中腰で作業をしたり重い荷物を持ったり、生理の際の影響、出産後の骨盤のズレにより発生することがあるので、女性に多い傾向があるようです。

仙腸関節炎は、以下のような症状が発生します。

・椅子に長い時間座っていられない
・仰向けに寝ることができない
・痛い方を下にして寝ることができない
・歩き始めに痛みを感じる
・立ち仕事からかがむことができない
・腰やお尻がだるくなる
・骨盤の真ん中ら辺に痛みを感じる
・車を運転していると重くだるい感じになる

この様な症状がある場合は、仙腸関節炎の可能性があります。

仙腸関節炎になってしまう原因は、仙腸関節がねじれていたりズレていることが原因です。

【仙腸関節炎の予防と治療方法】

仙腸関節炎にならないためには、仙腸関節炎の予防方法をすることが大事となります。
どのような予防方法が有効的なのか、ピックアップしてご紹介します。

・腰を温める
患部を温めることで、血行が良くなり痛みが発生しにくい状態にすることができます。
湯船にゆっくり浸かって温めると、効果的ですよ。
また、カイロで温めるのも効果的です。
カイロは、下着の上から貼ると良いですよ。

・腰回りの運動不足を改善する
腰回りの運動不足を改善させることで、仙腸関節部分に余計な負担を与えにくくさせることができます。
ウォーキングや簡単なストレッチを行うクセを付けて、腰回りの運動不足を改善させましょう。
大げさな運動は不要なので、簡単な運動で筋肉を付けるとよいですよ。
特にウォーキングが効果的であり、仙腸関節を効果的にほぐすことができます。

この2つのケアで、仙腸関節炎になりにくい状態になることができます。

また、もし仙腸関節炎になってしまった場合、オススメの治療は整体です。
その理由は、体のゆがみと仙腸関節炎には大きな関係があるからです。
体にゆがみが発生していることで、緊張が発生してしまいます。
緊張により仙腸関節炎になりやすい状態になるので、緊張を無くすことで仙腸関節炎になりにくい状態になります。
整体は体の歪みを改善へとみちびくので、体内に発生している緊張をほぐすことができます。
よって、効果的な仙腸関節炎改善となるのです。
仙腸関節炎の症状に悩んでいる人は、整体でほぐしてもらうことが1番の改善への近道といえます。

いかがでしたでしょうか。
仙腸関節炎は、ある程度の予防でなりにくい状態にすることができます。
また、仙腸関節炎の改善方法は、整体で体のゆがみを改善させることが1番のオススメ治療です。
効果的な治療方法で、仙腸関節炎のつらさをスッキリ改善させましょう。

郡山市桑野 仙腸関節炎のつらさなら、「くわの接骨院」にお任せください。