郡山市桑野 離断性骨軟骨炎の原因

【離断性骨軟骨炎の症状と原因】
離断性骨軟骨炎とは、関節の中に軟骨がはがれて落ちてしまう障害です。
成長期の小中学生に多く発症し、性別では2:1で男性に多く発症します。

離断性骨軟骨炎の原因は、スポーツなどによりストレスや外傷を与えられることで、軟骨の下の骨に負担がかかることで発症してしまいます。
そのため、成長期のスポーツなど体を良く動かす男の子に多く発症します。

離断性骨軟骨炎は、初期段階では激しい運動後に不快感や鈍痛が起こりますが、その他に特異な症状は発しません。
進行期に関節軟骨の表面に亀裂や反省が発生してくると、痛みが強くなってきてスポーツなどの動きの際に支障が出てきます。
軟骨の骨片が関節の中に入ってしまうと、ひざの曲げ伸ばしに引っかかり感やズレが出てきてしまい、さらに関節の中に軟骨の破片が挟まってしまうと、関節がロックしてしまい動かなくなってしまいます。
症状が悪化してしまうと生活に支障が出てくるので、初期段階で専門医に診てもらうことが大事となります。

離断性骨軟骨炎の診察は、レントゲンでは軟骨が写りにくいので見落とされてしまう場合もあります。
そのため、特殊な方向からの撮影が大事となります。
また、CTやMRIにより病変部分の大きさや状態などの確認も行っていきます。
【離断性骨軟骨炎の改善方法】
離断性骨軟骨炎は、軟骨がはがれている状態によって改善方法が異なります。
軟骨の状態により、このような改善方法となります。

・非分離型の場合
非分離型とは、骨軟骨片の浮き上がりがありますが、まだ剥がれていない状態を指します。
この場合は、安静にするだけでも修復を期待することができます。
また、体重の負荷は大きな影響を与えるので、体重が重い人は体重を軽くすることも必要となります。
この保存療法は、慎重が伸びている発育期で骨軟骨片が安定している場合に、採用される治療方法です。
成長期を過ぎていると、保存療法での完治は難しいことがあります。

・遊離型
遊離型とは、骨軟骨片が完全に離れた状態をいいます。
この場合、離れてしまった骨軟骨片を取り除かないといけません。
遊離した骨軟骨片を、吸収性ピンで再接合します。
整復固定術となり、手術となります。
術後は、2~3週間ギプスをして固定します。
4カ月程度でスポーツができるようになり、6か月程度で万度に動けるようになっていきます。

早く元通りになりたい場合は、整骨院や接骨院で施術を受けると早い改善を期待することができますよ。
成長期にケガをしてしまい動きにくいというのは、辛いものです。
確かに治療して時間をかけて経過させることで改善していきますが、スポーツで頑張っていたお子さんにはもったいない時間といえます。
早く元通りに動きたい場合は、整骨院や接骨院に相談をしてみることも1つの方法ですよ。
整骨院や接骨院では患部にピンポイントで治療をしてくれるので、改善しやすい傾向があります。
もちろん痛くありませんので、お子さんでも気兼ねなく施術を受けることができますよ。

 

郡山市桑野 離断性骨軟骨炎の原因なら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう