郡山市桑野くわの接骨院 腰が重だるい

【腰が重だるい場合は放置してはいけない】
腰が痛いというまでじゃなくても、重かったりだるいことってありますよね。
痛くなくても、重かったりだるいのは辛いですよね。
腰の重だるさは、なぜ生じるのでしょうか。

腰が重だるいという症状は、腰痛の一歩手前の可能性があります。
腰痛の危険信号といえますので、放置しておいてはいけません。
腰が重だるくなってしまうのは、筋肉の疲労が原因です。
腰の筋肉というのは、体を支えるために働いています。
そのため、立っている時は腰の筋肉は働きっぱなしです。
筋肉が働きっぱなしになると疲れてしまい、硬くなってしまいます。
それにより、腰が重だるくなってしまうのです。

腰が重だるくなってしまったら、以下のような症状が出てしまいます。

・力が出せにくくなってしまう
筋肉が疲れて固くなってしまうことで柔軟さがなくなってしまい、上手く力を出すことができなくなってしまいます。

・血流が悪くなる
筋肉が固くなることで、血の巡りが悪くなってしまいます。
血液は動くための必要な酸素を運んでくれたり、筋肉に溜まってしまった老廃物を流す働きをしています。
それ打が滞ってしまうので、調子がどんどん悪くなってしまいます。

このように、腰のだるさはどんどん体の状態を悪くさせてしまいます。
腰がだるい程度と軽く考えず、改善するケアを行うべきといえます。
【腰が重だるい場合の改善方法】
腰が重だるい場合は、腰の筋肉の疲労を取り除くことが大事となります。
いい方を変えると、腰を休めることです。
これらの方法で、腰の疲労を取り除いてみましょう。

・長時間同じ姿勢をしない
長時間同じ姿勢を取ると、筋肉が休まりません。
1時間に1回など姿勢を変えることで、筋肉を休ませることができます。
ほんの少し体の位置を変えるだけでも、効果的に休ませることができますよ。
例えば、ずっと気を付けの形でいる場合は、休めの体制をするなど、こんな程度の変化で筋肉は休まります。

・マッサージ
腰をマッサージすることで筋肉がほぐれるので、血行が良くなって腰の筋肉の疲労を取り除くことができます。
短時間でいいので、腰のマッサージをしてみましょう。

・腰を温める
腰の重だるさは慢性的にだるいようなものですので、腰を温めることで改善へとみちびくことができます。
血流が良くなるので、腰の筋肉の疲労回復へとなるのです。
湯船に浸かったり温湿布を使うなどで、腰を温めましょう。

・ストレッチ
股関節を柔軟にすることで、腰への負担を軽くすることができます。
股関節周りを中心にストレッチして、筋肉を柔らかくしましょう。
また、腰の前屈や後屈運動も、腰の筋肉疲労を取るために効果的です。
腰を大きく曲げることは、腰の筋肉自体を大きく動かすことができるので、重だるい状態を緩和させることができます。

このように、誰でもできる簡単なことばかりですので、是非チャレンジしてみましょう。
早い段階で改善することで、腰痛に苦しまない腰になることができますよ。

 

郡山市桑野 腰が重だるいなら、「くわの接骨院」にお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう