郡山市桑野 横座りをしていると腰痛になりませんか?

 

横座りをしていると骨盤だけでなく

胸椎と腰椎さらには頸椎までねじることになります。

体のねじれの外力はかなり強いものになります。

 

腰の痛みは胸椎と腰椎のねじれや

骨盤のねじれからくることがあります。

 

たった10分悪い姿勢をしているだけで

体のバランスは悪くなると言われています。

 

先ずはそのような不良姿勢を止めるように

心がけて下さい。

そこを改善するだけでも

かなりの効果が期待できます。

 

横座りをしていて腰が痛くなった場合には

①椅子に座り (椅子に直角に座って下さい)

上半身を右か左にねじり

ねじりやすい方にねじり

90秒そのままじっとしていて下さい。

その後ねじりにくかった方が

先ほどよりねじりやすくなっていたらOKです。

 

②椅子に直角に座り両足を地面に

しっかりつけてから

右足、左足と交互に足の裏に力を入れて

足の裏に力が入りにくい方のみの足に

力を入れて (足の裏を地面に押し付ける)

1・2・3と数えたら力を抜きます。

それを3回やってみて下さい。

 

それでも改善しない場合は

行きつけの病院・接骨院

などにお問い合わせください。

 

【レブ整体】

https://bit.ly/348Diwq

【くわの接骨院 予約専用電話】

tel:024-923-8887

 

 

【コロナウイルス感染予防対策について】

くわの接骨院では皆様が安心して当院で施術を

受けて頂くために以下の対策をおこなっております。

 

①施術者はマスクを着用し、施術前に必ず手洗いや

手指のアルコール消毒を徹底し

常に清潔を保つように心がけております。

 

②お客様が使用した後の施術ベットや

その他の道具などは

施術終了後にアルコール消毒を必ず行って

おります。

 

③お客様やスタッフが手を触れる場所

(玄関・待合室・ロッカー・トイレ・手すり など)

はこまめにアルコール消毒を行っております。

 

④定期的に院内の換気を行い

(換気をするために施術中に

室内が寒くなったり暑くなったりするため

お客様には大変ご不便をおかけいたします)

空気清浄機・加湿器を使用して

一定の湿度を保つようにしております。

 

【お客様にお願い】

①当院の玄関と待合室のロッカー前に

アルコール消毒をご用意しております。

来院前後には必ず手指のアルコール消毒を

お願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②37.5℃以上の熱が4日以上続くか

強いだるさ (倦怠感) や息苦しさ (呼吸困難)

がある人は、病院または保健所に設置された

帰国者・接触者相談センターに

ご相談してください。

※37.5度以上の発熱があったり、咳や喉の痛みなど

がある場合にはご来院をお控え頂きますよう

宜しくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう